2019年06月15日

独居老人の生活1552(女房の仕返し)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1552(女房の仕返し)


   男は安定すると浮気する。

   女は不安定になると浮気する。


@ 銀行の責任かそれとも....

チェンマイに住む家庭用機器販売店のオーナー、 ウィラワットさん(42歳)は、 6月13日、 小切手詐欺の件で公正を求め苦情を申し立てた。

事件は2017年〜2018年の頃。
会社の前経理係は偽のサインで小切手を現金化し起訴された。 
被害額は240万バーツ(約840万円)。

裁判の結果、 その経理係員は200万バーツを返却、 しかし残りの40万バーツは拒否。

ウィラワットさんは支援を求め銀行と掛け合うが、 銀行は如何なる責任もないと言う。

pict-cheque fraud.jpg


彼は主張する。
この問題は銀行の過失が一端にある。 

同銀行とは長年わたり取引があるにもかかわらず、 偽のサインの確認を怠った。

ウィラワットさんは、 TMB銀行に対し責任をとるよう要求している。

                * *

ジジイはアメリカ在住の時、 個人用の小切手を持っていた。
クレジットカードの支払いは、 その小切手に請求額を記して郵送したものだ。

自分の口座から例えば5,000ドル(約50万円)を引き出す場合、 銀行宛に同額の小切手を渡す。

ジジイのサインは銀行に届け出て済み、 で、銀行員はサインを照合、 確認していた。

 (注) ATMからはそんな大金は引き出せない仕組み。

TMB銀行が確認を怠ったのは、 経理マンと顔なじみで、 信用したからかも...

銀行にしてみれば、 「不正をした人から取り返してください」 と言いたくなろう。

  **********************


A この日のランチ。

ジジイが初めて行った和食店、 「好寿司」 (地図はココ)。
ランプーン街道沿い、「89プラザ」 の奥の方にある。

pict-DSCN5715好寿司 (8).jpg



    メニューは59バーツから、 豊富にある。
  pict-DSCN5715好寿司 (5).jpg
      但しBeer Chang大瓶は70バーツ。



   ジジイの注文は、 刺身サラダ:110バーツ。
pict-DSCN5715好寿司 (4).jpg
     ☝ これはいける、 刺身はサーモンとタコの2種類。



   ざるソーメン:69バーツ。
pict-DSCN5715好寿司 (1).jpg
     ☝ この麺はソーメンではない、 唯のヌードル。



   これはサービス(無料)ですと言って出してくれた。
pict-DSCN5715好寿司 (2).jpg
        ☝ サーモンの皮とサラダのワサビ和え。
          とても美味しい。



      店内
pict-DSCN5715好寿司 (7).jpg


営業時間は 11:00〜21:00
6月中は500バーツ以上を注文すれば、 200バーツ相当のお持ち帰りができる。

2〜3人で行けば、 500バーツを超えるだろう。
こんなありがたいことはない、 トライの価値あり(と思う)。

  ************************


B 浮気者亭主への復讐。

タイの奥さまは怖い。
亭主の浮気を知った瞬間、 カッとなって亭主のチンコを切り落とすこともある。

バンコクの東部にChachoengsaoという町がある。
そこに住む奥さんは亭主の不倫を知り、 何か罰を与えてやろうと考えた。

で、6月12日、 亭主の車の周りにスプレーで怒りの言葉を書く。

pict-Wife sprays angry words.jpg

彼女の突飛な行動は、 ビデオクリップで1万人以上のアクセス。
読者は彼女に同情を示したそうな。

多くの読者が言う。  「彼女は正しいことをした」

「亭主は彼女への裏切りに対し、 非難を受けるに値する」

               * *

この亭主はラッキーだった、 チンコは切られず。
トラックへのスプレー落書きなど、 塗装を施せば元通り。

奥さんの怒りの言葉って...どんなことを書いたのか?
                 ☟
pict-Wife sprays angry words 2.jpg


ジジイがスプレーのタイ語を翻訳致しましょう。
但し、 あくまで想像、 こんな言葉だろうと推測の翻訳です。

「オマエのチンコは短小・包茎・早漏、 おまけに臭い!

  わたしがチョン切らなかったのは情けと思え!」






そんな粗チン、 切って捨てた方がイイ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:38| Comment(8) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする