2019年06月01日

独居老人の生活1540(世の中、 親切な人もいる)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1540
                        (世の中、 親切な人もいる)


 あなたのする善行、 あなたの提供する親切、

 あなたの送り出す愛と善意は、

 いろんな面で何倍にもなって戻ってきます。

                    ジョセフ・マーフィー  (アイルランド出身の宗教家、 著述家)


@ ボケ老人。

昨日(5月31日)の午後3時40分頃、 電話がかかって来た。
出ると〇〇銀行だという。

ジジイは先程その銀行に行ってきたばかり。
何の用事だろうと不安になる。

「独居さまは、 ATMで現金をおろされましたね。
 不足してませんか?  今、お確かめ戴きたいのですが...」

ジジイは受話器を手元に置き、 お金を数え始めた。

「xx万円しかないですね、 3万円不足してます」

「はい、 こちらでお預かりしております。
 ATMの上に落ちていたと、 他のお客様からお届けがあり...
 ビデオをチェックし、恐らく独居さまだと...」

ということで、 再度その銀行に出向いた。
自転車に乗って2,3分の距離。

教えられた通用口のインターホンで名前を告げる。
すぐ女性行員が現れて、 銀行内に案内してくれた。

「お金を引き出した時、 その場でお金を数えたんですね。
 そしたらお札がこぼれそうになり、 そこでポケットに入れました。    そのとき落としたんでしょう」

   pict-銀行ATM.jpg


ジジイはボケ老人と思われたくないので言い訳する。
そして本人確認のために持参した住基カードを提示。

「よく私だってこと、 分かりましたね」

「同じような事が度々ありまして...
 ビデオ確認作業は慣れております」

こんなことを言って、 女性行員はジジイを慰めてくれる。
心の中では 「ボケ老人が多くて嫌んなっちゃうわ」。

3万円の領収書を書き、 お金を受け取る。

「世の中、 親切で正直な人がいるんですね。
 お礼したいので、 この3千円を渡して戴けますか?」

「いえ、 それはお預かりできません。
 先方様に連絡することはできますが、 何とおっしゃいますか」

これ以上手を煩わせたくなかったので、 ジジイは礼を言って銀行を後にした。

というか、 ジジイは次の用事で急いでいたのだ。

  ******************


A 働き方改革か?

ジジイが成田空港に行く時は、 宅配便を利用する。
自分で重いスーツケースを運べば腰を痛めるからだ。

もう若くはない、 ここ10年以上の決まり事。
で、昨日の午後1時過ぎ、 空港宅配の 「JAL ABC」 に電話。

「明日(土曜日)の夕方にでも、 荷物を取りに来てください」

電話口に出た係員が答える。

「もう土日の業務(集配)はやっておりません。
 従って日曜と月曜日の成田出発は、 本日の集荷となります」

「まだ何も荷造りしてませんよ。
 仕方ない、 今夜6時以降(引き取りに)来てください」

「午後4時から6時までの集荷になります。
 夜6時以降の業務はやめております」

「なんでまたぁ、 まいっちゃうなあ」 とジジイ。

「これまで委託していた福山通運さんの意向で...
 今回から日本郵便さんが集配に伺います」

宅配料金は2,680円と言う、 数年前まで1,600円だったのに...


しかし 「JAL ABC」 に電話したのが昼過ぎで良かった。
これが夕方近くに電話してたら、 集配業務終了となっていた。

荷物が多過ぎて、 とても自分では運べない。
とにかく大慌てで荷造り開始。

午後4時からの集配に間に合わせなくてはならない。
そのほかレンタルしているポケットWi-Fiの返却手配もある。

てなことをやり終えて、 銀行に行った次第。

              * *

日本郵便のトラックは午後4時20分にやって来た。

   pict-日本郵便2.jpg

ドライバーは、 福山通運やクロネコと異なり50代のオッサン。

ブラック企業と批判される宅配業界は、 働き方改革を進めているのだろうか。

土日集配のお休みは 「JAL ABC(福山通運)」 だけなのか。

ジジイの仕事は荷物を渡してこの日は終わり。

ATMの上に落とした3万円は戻ってきた...親切な人たちのお陰。

思えば天から降って来たようなカネ。
善意の人に乾杯だ!

気前よく、 パッと使うぞ。








勿論....チェンマイでね。


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:32| Comment(10) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする