2019年06月20日

独居老人の生活1556(働くってことは・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1556(働くってことは...)


  働けど働けどなほ 

  我が暮し楽にならざり 

  じっと手を見る
                       石川啄木  (一握の砂より)


阪急電車では、6月1日から 「はたらく言葉たち」 と題した広告を電車内に吊り下げた。

阪急電鉄と、『はたらく言葉たち』 を出版したパラドックスが共同で企画。  上記の本から厳選した80を広告として起用。

しかしこれが時代錯誤と大炎上、 批判の多くは、 安月給で働く若者の実態と乖離しているというもの。


ではどのような広告(文面)か、 ちょいと見てみよう。

pict-はたらく言葉4.jpg
            ☝ 研究機関 研究者/80代

毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、
30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、
どっちがいいか。



pict-5はたらく言葉.jpg
           ☝外食チェーン 経営者/40代

私たちの目的は、お金を集めることじゃない。
地球上で、 1番たくさんのありがとうを集めることだ。

(ありがとうって言われても、 儲からなければ潰れるぜ)



pict-はたらく言葉7.jpg
              ☝ 自動車販売 

中古車をアフリカに販売したとき、お礼の写真が届いたんです。
私が売った車の後ろに、 何十人もの笑顔の村人がいて。
そのとき、 車の価値、 私の仕事の価値を知りました。



そのほか、
「自分の番でトイレットペーパーがきれても
 補充できんような奴は、 仕事もできん」

不動産会社 経営者/40代



「 ”働きやすい服” より、 ”働きたくなる服” を作りたい。
 そこに、 数値化できないデザインの面白さがあるんです」

アパレルメーカー デザイナー/20代



「1万円の仕事と、 100万円の仕事、
 金額よりも 想いの強いほうを選びたい」

ブライダル 管理職/30代



「時には川に行ってミーティングしようぜ。
山の頂上までピクニックして、 そこでプログミングしようぜ。

ITに振り回されないためにも、
自然とうまくつきあうような情操が必要」

ゲーム 経営者/30代


ジジイが1番傑作と思ったのがこれ。
               ☟
pict-DSCN5725.jpg
           ☝ 人材サービス 経営者

「甲子園に行きたかったら、 朝から晩まで、
 土日だって練習するでしょう。

でも、 社会に出たとたん、
それは 「ブラック企業」 になってしまう」


高校生が甲子園目指して野球やるのは、 仕事じゃないよね。
部活動の一環、 でも将来プロからドラフト指名があるかも...

そうなりゃ1億円の契約金、 億単位の年収も夢じゃない。
自分の好きなことをやるんなら、 土日だって練習するさ。

尚、 批判を浴びたこの企画(広告)、 後日、取りやめになった。

                * *

ジジイの孫(男)は小学生のとき、 母親(ジジイの娘)の命令で地元の少年野球チームに入団。

まるっきり向上心がなく、 二塁手の守備でも、 自分の真正面に飛んできた打球しか処理せず。 

つまり左右前後に全く動かない守備。
観戦していた娘がボヤいていた。

「みんな必死にやってるのに...私が恥ずかしくなるよ」

高いカネで購入したユニフォーム、 グラブなども泣いていた。

                * *

自分の好きな仕事をしている人はどの位いるんだろう?

しらべぇ編集部では、 全国の20〜60代男女1,500人を対象に仕事について調査を実施。

pict-自分は好きなことを仕事.jpg
                  ☝
    「自分は好きなことを仕事にできたと思っている」
      と回答したのは33%。

ジジイは ”好きで仕事” というより、 給料を貰うんだから仕方がない..という意識だった。

但し、 イイ上司の麾下にあった時はハッピー、 やる気を出して仕事をしたもんだ。


『はたらく言葉たち』 の広告にジジイが入れるならば、

「働き続けたその後に、 至福の時代が待っている」


ジジイはもう2度と報酬目当てに働くことはない。

毎日ブラブラ、 最高だネー。







チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:23| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

独居老人の生活1555(#55チェンマイ百景:商売繁盛)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1555
                   (#55チェンマイ百景:商売繁盛)


  栄枯盛衰は、 人生の常である。

  順境はいつまでも続くものではなく、

  逆境も心の持ちよう一つで、

  これを転じて順境たらしめることもできる。

                                   高橋是清 (政治家)


@ サッカー試合。

  pict-Chiang-Mai-FC.jpg
Chiang Mai FC 対 Buriram United

2019年6月22日(土) 夜8時より
場所:700年記念スタディアム

サッカーファンの皆さま、 是非どうぞ!

  *******************


A 姿を消す。

繁盛してたのかな、 お洒落な美容店。
               ☟
pict-1559740974515パーマ店 (1).jpg



店は閉鎖され、 「For Rent」 の紙が貼られてた。
移転案内の紙がない、 ま、潰れたと見ていいだろう。
                  ☟
pict-1559740974515パーマ店 (2).jpg
          ☝ 場所はニマンヘミング soi 5。

  ************************


B ここも美容店?

   店名がHollywood Smile。
pict-1559355292543歯医者 (1).jpg



建物の横に行けばすぐ分かる。

  pict-1559355292543歯医者 (2).jpg
     ☝ 歯医者だった、
      なんでハリウッドが出てくるの?

  *************************


C タピオカドリンク店。

日本ではタピオカミルクティが大ブーム。
店はスタンドが多く、 設備投資が少なくて開業できる。

で、 ヤクザの表営業(銭稼ぎ)で、 組織暴力団の店もあるとか。

タピオカミルクティーは台湾が発祥地。
日本ばかりでなく、 チェンマイにも登場している。

      店名:ブラウン。
   pict-1560084869775Tapioka (1).jpg



pict-1560084869775Tapioka (2).jpg
              ☝ 59バーツ。

場所(地図)はココをクリック。

                  * *

ピン川沿い東岸、 鉄橋近くにあるこのカフェ。
メニューに 「台湾バブルミルクティー」 があった。

   pict-P_20190610_134108_vHDR_On_1Pin川カフェ (2).jpg



    当然タピオカだろうと思って注文。
  pict-P_20190610_134108_vHDR_On_1Pin川カフェ (1).jpg


ジジイの勘違い、 タピオカのタも入っていなかった。
これで65バーツ、 コーヒーにしとけば良かった....

雰囲気のいいカフェ、 スターバックスよりも安い。
尚、 スタバでもタピオカドリンクは提供していない。

  *********************


D 客が来ない。

ナイトマーケットの南側、 パンティッププラザ隣の露店街は、 オープン当初は賑わっていた。

pict-DSCN9434.jpg



  毎晩バンドが出演、 ライブで多くの客を魅了した。
pict-DSC_0074.jpg


ところが最近になって、 客足の伸びが芳しくない。
ジジイはビール大瓶が一律100バーツになってからは、 脚が遠のいた。

以前は、 80バーツで売ってる店があったのに.....
この日は土曜日なので、 余計に閑散としている。

サタデーマーケットが開かれており、 客足はそちらに向く。
だからか露店も休業中が多くなる。

pict-P_20190608_221149_vHDR_Onパンティップ隣の露店 (1).jpg



この通路だけがオープンしているが、 客足はイマイチ。
                  ☟
pict-P_20190608_221149_vHDR_Onパンティップ隣の露店 (3).jpg



影響をもろに受けるのが、 露店街西側のオカマ・キャバレー。
夜9時半開演だが、 周りに人がいなければ.....

pict-P_20190608_221149_vHDR_Onパンティップ隣の露店 (5).jpg



虚しく輝くキャバレーショーのオカマさんたち。
稼ぎにならないよね。
             ☟
   pict-P_20190608_221149_vHDR_Onパンティップ隣の露店 (2).jpg


流行り廃りは避けられないが、 もうひと踏ん張り、 頑張って欲しいものだ。

  *********************


E Bus Bar の変遷。

ピン川にかかる鉄橋、 その西側の空き地を利用してオープンしたのが「Bus Bar」 だった。

    Bus Bar
pict-bus-bar2.jpg



この 「Bus Bar」 が撤退し、 次にオープンしたのが....

     レストラン 「Iron Bridge」
pict-P_20181114_211801新バスバー跡 (2).jpg



   ライブも入りロマンチックなディナーを楽しむ。
pict-P_20181114_211801新バスバー跡 (5).jpg



  でも、 徐々に客足が伸びなくなっていく。
pict-P_20190214_223100_pバスバー.jpg
     ☝ 2019年2月14日、 バレンタインデーに撮影。



そして遂にやって来た。  撤退の時が.....

pict-DSCN5720Bus Bar (1).jpg



pict-DSCN5720Bus Bar (2).jpg



pict-DSCN5720Bus Bar (3).jpg



しかしお隣の 「The River Market」 は健在だ。
こっちの方が遥かに値段が高いにも拘わらず。
                  ☟
pict-DSCN1381鉄橋のレストラン.jpg
                 ☝
      ジジイはこの店でビールを飲んだだけ。
      食事は1度もとったことがない。


いやはや商売というのは難しい。
レストランであれば、 雰囲気やサービスも大切だがやはり味。

味で客を引き寄せないと、 商売繁盛は継続しない。

女性だって同じ、 OOで男を虜にする。
容貌(美しい)、年齢とかいろいろ言うが、 最後の勝負は...


セックスではない!







 女は人柄です。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:30| Comment(4) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

独居老人の生活1554(訪れてみたい海外の都市ベスト20)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1554
                  (訪れてみたい海外の都市ベスト20)


 旅の効用とは現実を直視することによって
 想像力を抑えることであり、

 物事がどのようなものであるか考える代わりに、
 それらをありのままに見ることである。

                           サミュエル・ジョンソン(イギリスの文学者)


ジジイは旅行が趣味で、 30歳から海外にも出るようになった。
かなり旅したつもりだが、 未踏の地は数多い。

皆さまが訪れた街(都市)で、 1番お気に入りは何処ですか?
また、 今後行ってみたい街は?

今日は人気の都市をピックアップ、 写真でお楽しみ戴きます。
皆さまは20都市のうち何か所、 足を踏み入れたでしょうか?

                 * *

@ 観光旅行の人気番付けならここが断トツの1位か。

   パリ。
pict-パリ.jpg

ジジイはまだパリに行ったことがない。
フランスではトゥールーズ → モンペリエ → ペルピニャンだけ。

2000年2月、 バルセロナ → アンドラ公国 → ピレーネ山脈 → バスでトゥールーズに辿り着いた。

アンドラ公国では2泊したがやることがなく、 退屈したことを覚えている。

pict-DSCN0835.jpg
      ☝ ジジイが泊まったホテル(アンドラ公国)

                * *

A ここも訪れてみたい人気都市。

   バンコク
pict-バンコク.jpg

バンコクにはかれこれ40年前か、 初めて訪れた。

生まれて初めてマッサージパーラーに行ったのがバンコク。
Biginner's luck、 とても初々しく可愛い娘が相手してくれた。

1997年7月のこと、 52歳だったジジイはバイアグラなしでも勃起した。 その後22年、 随分と衰えるもんだ。

                 * *

B ロンドン。

pict-ロンドン(英国).jpg


ジジイがロンドンを旅したのは1989年8月下旬。
1人旅の11日間、 英国とアイルランドを周った。

  pict-DSCN0481.bmp
        ☝ 今から30年前のジジイ。

ロンドン到着もホテル予約なし、 で、歩道にあった公衆電話からガイドブック案内のホテルに電話し予約、 地下鉄で向かった。

そのホテルには1泊だけ、 近くに遥かに安いホテルがあったのですぐ移った。

                 * *

C シンガポール。

pict-シンガポール.jpg

ジジイは1度だけ、 シンガポールに滞在している。
1979年頃だったか1人旅、 マレーシアから鉄道で入国した。

魅力のない都市で、 2度と行きたいとは思わない。

                 * *

D ドバイ (アラブ首長国連邦)

pict-ドバイ(アラブ首長国連邦).jpg


ジジイの未踏の地。
よほどカネと暇と体力があるならともかく、 特に行きたいとは思わない。

                 * *

E 東京。

pict-6位  東京.jpg

若いタイ人女性を口説くには次の台詞が効果抜群とか。
「オレの恋人になれば、 何回でも日本に旅行できるよ」

ドバイなどと異なり、 東京は人工都市ではない。
日本の歴史と文化がムンムン溢れる、 それが東京だ。

                * *

F ニューヨーク。

pict-8位  ニューヨーク.jpg

ジジイは1993年8月、 48歳で初めてニューヨークを訪れた。
この時は3泊した後、 列車でワシントンに移動。

夜、 ニューヨーク名物の JAZZ Barに行き、 ライブを聴いてるうちに居眠り、 相当飲んでたから...

                * *

G ソウル。

pict-7位  ソウル(韓国).jpg

ジジイが生まれて初めて訪れた外国が韓国でソウル。
30代前半、 会社の上司(課長)と2人でツアーに参加。

ツアーは全部で7人、 ソウル → 扶余 → 慶州 → 釜山と周る。
やはり妓生との思い出が1番強い(好印象)。

帰国後、 同行の上司が社内でジジイの夜の行動を吹聴したため、 ジジイは ”女好き”、 ”助平” のレッテルを貼られてしまう。

それ以来異動すると、 ジジイは、 「酒好き、 旅好き、 女好き」 になっていた。

これまで韓国には計4度、 訪れている。

最後にソウルを訪れたのは1995年(ジジイが50歳の時)のゴーデンウィークで、 娘や孫が一緒だった。

ということは、 24年間、 韓国とはご無沙汰ということ。
今後も行くことはないだろう。

                 * *

H クアラルンプール(マレーシア)

pict-9位  クアラルンプール.jpg

1979年頃(ジジイ33か34歳の時)、 ペナン滞在後、 バターワースから夜行列車に乗り、 クアラルンプールに到着。

ここで数日滞在後、 前述のシンガポールに向かった次第。
クアラルンプールにはその後、 4回訪れている。

最後の訪問は2000年6月下旬、 ソウルで登場の元上司(ジジイより14歳年長)との2人旅(個人旅行)。

元上司とは異動後も引退後もずっと付き合いがあり、 旅行もよくご一緒した。

ジジイが一時帰国すると必ず会食。 しかし今年はダメ、 転んで腰を骨折。

ジジイがチェンマイに戻る前日(今年6月1日)、 電話で来年こそ..ということでお別れ。

お元気な声だったのだが、 その2週間後、 肺炎からあっという間に死去(享年87)。

人の命というのはあっけないもの、 そのうちジジイだって....

                * *

I 香港。

pict-10位 香港.jpg

ジジイの最初の香港訪問は30代前半、 中国旅行のスタート地点だった。

香港 → 深圳 → 広州 → 桂林などを周り、 最後にまた香港。
香港から広州までは鉄道で移動。

30人ほどの団体旅行で、 添乗員も同行。
ジジイは前述の元上司と一緒にツアー参加。

香港観光は一応あって、 ショッピングやタイガーバームガーデン(2000年に閉鎖)など。

その後3回、 香港に滞在している。

ジジイが一時帰国の際は、 香港経由〜成田が多い。
だが1度もストップオーバーしたことがない。

物価高だし、 もう行きたい所もない。

                 * *

J イスタンブール(トルコ)。

   ジジイは2度、 トルコ旅行をしている。
pict-11位  イスタンブール(トルコ).jpg

1回目は38歳の頃で、 ゴールデンウイークを含め16日間の休暇をとり、 1人で各国をまわった。

よくぞ16日間も休めたもの、 これは会社のみんな(周囲)がジジイの旅行好きを知っていたから。

イスタンブールにはソフィヤ(ブルガニア)から鉄道で入国。
真夜中に出発した列車がイスタンブールに着いたのは午後3時を過ぎていた。

15時間の乗車でうんざり、 しかしまだホテル探しがある。
駅員に訊いたら 「あの坂道を上がった丘に幾つかあるよ」

荷物を背負い、 エッチラ坂道を上った記憶が鮮明にある。

このイスタンブールには飾り窓があり(今はどうか?)、 ショートで3000円くらいだった。

娼婦がコンドームを持たず、 「問題ない」 に、ま、いいかでズブリ挿入。
帰国後もずっと病気を心配していた...(結果セーフ)。


最後のトルコ訪問は2006年11月、 ジジイが61歳のとき。
2週間でトルコを1周する旅行、 結構寒かった。

イスタンブールの飾り窓を探したが、 見つからなかった。
場所の記憶が曖昧で、 辿り着けなかったと思う。

                * *

K バルセロナ(スペイン)。

pict-12位 バルセロナ(スペイン).jpg


ジジイがバルセロナを初めて旅したのは2000年2月。
約2ヵ月間の1人旅の行程で訪問。

この時はマドリードから鉄道で → アリカンテ(5日滞在) →
(バスで)バレンシア → (バスで)バルセロナに到着。

この後フランスに入り、 鉄道でまたバルセロナに戻る。
そして夜行の船に乗り、 マジョルカ島に渡った。

マジョルカに4日間滞在後、 飛行機でバルセロナに帰った次第。
2ヵ月間の旅の終わりは、 バルセロナから成田に飛んだ。

ホテルの予約はせず、 全て移動ごとにホテル探しからスタート。
ホテル代は1500円〜2000円/泊が多かったと記憶。

2ヵ月間の旅費総額は約62万円(成田出発から成田着まで)。

                * *

L アムステルダム(オランダ)

pict-13位 アムステルダム(オランダ).jpg


空港でのトランジットはあるが、 ジジイはアムステルダムに1度も降り立ったことがない。

飾り窓の雰囲気を味わいたいが....
もう老いぼれた、 行きたいという欲求も起きてこない。

                * *

M ミラノ(イタリア)

pict-14位 ミラノ(イタリア.jpg
                ☝ ドゥオーモ。

ジジイがミラノに行ったのは1回だけ。
1990年9月上旬、 1人旅のワンシーンといえる。

この時は成田 → チューリッヒ → ローマ → ポンペイ → フィレンツェ → ボローニャ → ベニス → ベローナ → ミラノ → フランクフルト → 成田。

ミラノのドゥオーモは勿論見物。
その近くでランチ、 料理がズラーっと並んでおり、 自分で好きなものを選ぶ。

その料理の中にワイン(小瓶)が置かれていて、 若いイタリア人女性が当然のように取っていた。

さすがイタリア、 そう感心した記憶がある。
ジジイもワインを飲んだことは言うまでもない。


ミラノの郊外を見たくなり、 路面電車に当てもなく乗車。
終点で下車、 すぐ近くのスーパーマーケットなどでブラブラ。

帰りも電車、 途中車内で睡魔に襲われ爆睡。
終点で、 乗客のイタリア人男性がジジイの肩をポンと叩き、 起こしてくれた。

               * *

N 大阪。

pict-15位  大阪.jpg

京都・奈良よりも、 外国人が訪れたい都市は大阪のようだ。
なるほどジジイもそう思う。

安価な食い物がいろいろあって素晴らしい。

               * *

O 台北(台湾)

pict-16位 台北(台湾).jpg


ジジイが台北を訪れたのは、 韓国旅行と同じ年。
韓国はゴーデンウイーク、 台湾は夏休みを利用した。

台湾はジジイ初めての海外1人旅、 今から40年以上も前のこと。
この時は台北 → 花蓮 → 台東 → 高雄 → 台中 → 台北。


2度目の台湾旅行は2008年5月。
前述の元上司との2人旅、 これが彼との最後の旅となった。

ジジイは63歳、 元上司は77歳の年である。
元上司は、 「歳で身体がキツい、 もう海外は諦めるよ」

この時の思い出は、 台湾の新幹線に初めて乗ったこと。
なんてこと、 なかったが....

                * *

P ローマ(イタリア)

pict-17位  ローマ .jpg

ローマに地下鉄があるのでエーっと思った。
至る所遺跡だらけ、 よくぞ掘った(作った)もの。

ローマ滞在中は結構地下鉄を利用した。
名所旧跡をあちこち周ったが、 どうやって行った(移動した)のか、 記憶にない。

ローマの歌とともに観光をどうぞ!
               ☟
https://www.youtube.com/watch?time_continue=2&v=2woZ7cmsG0U


                * *

Q 上海。

pict-18位 上海.jpg


ジジイの上海初訪問は1996年12月31日、 51歳の時。
本来は30日夜の到着予定だったが、 空港が霧のため着陸不可。

成田に引き返し、 幕張プリンスホテルに1泊させられた。
翌朝、 再度搭乗、 無事上海の地を踏んだ。

出発前日の12月29日、 東京在住の伯母が死去。
既に上海に飛び立ったという嘘(も方便)で、 葬儀は欠席。

四捨五入で90歳の大往生、 旅行を中止しても故人は喜ばないだろう。

尚、 葬儀には大学生の息子に1万円と交通費を渡し、 代理出席させた。 息子はお年玉と言って喜んで出かけた。

ちなみに、 息子が伯母と顔を合わせたことは1度もない。

                * *

R ウィーン(オーストリア)

pict-19位 ウィーン.jpg


ジジイがウィーンを初めて訪れたのは38、9歳の頃か。
ということは今から35,6年前のこと。

1人旅、 路面電車に乗り、 気ままに街を見て歩いた。
映画 「第三の男」 のラストシーンはウィーンの墓地。

ここで男女の何とも言えない心理が..... ジジイは映画を思い浮かべながら墓地の中を歩いた。
                ☟      (43秒)
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1&v=N8Njr-jbj2s

                * *

S プラハ(チェコ共和国)

pict-20位 プラハ(チェコ共和国).jpg


プラハには行ってみたかったが....
もう旅する気力、体力、 金力に乏しい年齢か。

最近は飛行機に乗るだけで億劫になる。
せいぜい5時間くらいが限界のようだ。

                * *

以上、 訪れたい都市人気20をご覧戴いた。
入らなかった都市でも魅力的なところは数多い。

サンフランシスコ、 バンクーバー、 ニューオリンズ、 ホーチミンシティ、 カサブランカ、 ダブリン、 カイロ等々。

皆さまの思い出の都市、 行ってみたい街は何処でしょう?


ジジイには1つだけ、 自信を持ってお勧めできる街がある。
ここを見ないで死んだら損...と言いたい。






pict-チェンマイの街.jpg
               ☝ チェンマイ。

 

チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:01| Comment(6) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする