2019年06月23日

独居老人の生活1559(Utopia)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1559(Utopia)


  戦争や戦闘は野獣的な行為として、

  そのくせそれを好んで用いる点にかけては

  人間にかなう野獣は一匹もいない。

                             トマス・モア (イギリスの思想家・法律家)


@ 東京の居酒屋で....

モツ煮込みを食いながら、 熱燗で酒を飲んでいたジジイ。
ちょっと喉が渇いたので、 パートの店員(女)に頼んだ。

 「お冷(ひや)、 もらえる?」




   pict-冷酒.jpg

店員さんが持ってきたのは、 冷酒だった。


  **********************


A トロが流行ってる。

友人と回転寿司屋に行った。
友人がカウンターから注文、 「トロ・サーモンください」

トロといえば鮪のトロに決まってる、 これはジジイの無知。
サーモン刺身(寿司)でも脂身をトロと言うそうだ。

サーモンそのものが脂でビチョビチョって感じ。
それ以上に脂を求める友人、 燃やしたいモノがあるのかね。


焼き肉店には 「Pトロ」 というのがあってびっくり。
豚の脂の部分なんだそうな。

じゃあ何でPトロ?   Pは Pork のPだって。


トロロ芋、 レトロ、 となりのトトロ、 同じトロでもこれらには脂なし。
                  ☟
https://www.youtube.com/watch?v=yXD_BJWSkGc


  *******************


B バイアグラをのんでも俺には効かない。

チェンマイの友人Tさん(77歳)は首をひねった。
「俺の体質に合わないのかも....」

「Sidegra」 「カマグラ」 「シアリス」 などを服用したが、 全て効かなかったという。

「のんでから最短1時間は待たなきゃダメですよ」 とジジイ。

「待ったよ、1時間。 
 勃起したら風俗に行くつもりで待ってのに....」

「バイアはのんだだけでは効きません、 女性とキスしたり、 オッパイを触ったりして、 初めて勃起するんです」

「えー、 そうだったのか」


バイアグラをのんだあと、 ジジイの目を見つめながら勃起されちゃあ、 ジジイはうろたえるわな。


  *********************


C 雷。

小学生の孫が学校から帰ってきた。

「おばあちゃん、 雷は電気だってね」

「嘘おっしゃい、 ランプの頃からありましたよ」


昔はこんなのんびりした会話がなされていたのだ。


  *********************


D リベラル政治家。

A議員のモットーは、 人間みな平等、 差別なき社会を!
選挙演説で声を張り上げた。

「私は差別する人間と朝鮮人が大っ嫌いだ!」


  *********************


E 80歳爺さんと17歳の女店員。

自営で今も社長のBさん(80)が家族とレストランで夕食。
経費で落とそうと、 レジでパート店員の女の子にこう告げた。

 「ウケトリ、 頂戴ね」

 「はあ〜?」 と店員は怪訝な顔つき。

 「領収書ですよ、 領収書」

 「レシートじゃ ダメですか?」

と言って、 レジから切り取ったレシートの紙を渡した。

今はもう 領収書はないんかねーと嘆くBさんだった。

   pict-上様.jpg


  ********************


F 雪之丞変化。

「雪之丞変化」は、 昭和10年から朝日新聞に連載された三上於菟吉の時代小説。

   pict-雪之丞変化.jpg

映画化も何度かされて、 昭和20年代生まれの人には懐かしい。

昔の映画が話題になり、 50歳前後の人がこう言った。

 「雪之丞ヘンカ」

ウッヒャー、
くれじゃあ妖怪変化(ヨウカイヘンカ)になっちまう。

年代差は大きいネ!


  *********************


G ユートピア。

理想郷、 理想の国を我々はユートピアと呼んでいる。
男女平等、 共産主義、 宗教上の寛容を説く。

政治家は選挙目当てに、 医療費無料、 教育費も住まいもタダ、
貧困のない平和な社会を...と甘い公約。

まさに 「ユートピア実現を!」 と言ってるに等しい。
言い換えれば陶淵明 「桃花源記」 の桃源郷。

ユートピアはトマス=モアの長編小説(1516年刊)が有名。

   pict-ユートピア.jpg

モアが作ったこのユートピアは、 ギリシア語ou(無)とtopos(所)との合成造語で、 「どこにも存在しない場所」 の意。

空想された理想的な社会なのだ。
その空想を甘く囁くのが日本の野党。

反戦・平和を訴えれば、あり得ると本当に思っているのか?
”水と安全はタダ” だと思い込んでる日本人は単細胞白痴。

                * *

「福島瑞穂さんはいらっしゃいますか?」

 「まだ来ていません」

「いつ頃、 来られるでしょうか?」

 「ちょっと分かりかねます、
  何時とか何日とか、 具体的には申し上げかねます」

「しかし...そちらは福島瑞穂さんの事務所ではないのですか?」

 「違います、 こちらは共同墓地管理事務所です」


空想社会を目指し、 売国に生きる福島瑞穂先生はまだご健在だ。






爺さんにとっての エロトピア....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:11| Comment(2) | 小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

独居老人の生活1558(はなはだ遺憾に思う)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活(はなはだ遺憾に思う)


  リンゴを引っ張る力が地球にあるんなら、

  穴にだって引っ張る力があるんじゃないの。

                                    マン有引力の法則


@ 大臣はバカでも務まる。

岩屋毅防衛相は6月21日午前の記者会見で、 ロシア軍の爆撃機が領空侵犯したことについてこう述べた。

領空侵犯は沖縄県・南大東島と東京都・八丈島付近。

「領空侵犯を同日に2回も行った。 はなはだ遺憾に思っている

その上で 「防衛当局間でもこうしたことがないように、 しっかり申し入れをしたい」 と強調。


これに対しアルピニストの野口健氏(45)はこうツイート。

「彼らは民間機(大韓航空)だろうが、 領空侵犯したと判断したら
撃墜する。
果たして日本の遺憾砲にはどれだけ威力があるのだろうか…」


日本の政治家は ”遺憾に思う” という言葉が大好き。
アホの1つ覚えで、 なにか事があるとすぐ口に出す。

「遺憾」 の意味を辞書で調べると、

・思っているようにならなくて心残りであること。
・残念な、 そのさま。

つまり 「遺憾」 には謝罪/怒りの意味はない。
なので領空侵犯したロシア機からすれば、

「あ、そうですか、 それは残念でしたネ」 程度しか感じない。

てことは、 日本に対しては何をやっても大丈夫...と周辺国から思われているだろう。

                   * *

2019年6月初め、 岩屋毅防衛相(61歳、 大分3区)はシンガポールで韓国の鄭景斗国防部長官と会談。

彼の韓国との非公式会談は、 官邸の反対を押しきって独断開催したことが明らかになっている。

ところが、 肝心のレーダー照射問題を韓国側から 「事実無根」 と一蹴される。

それでも
未来志向の関係を作っていくために一歩踏み出したい」 と追及を怠り、 おまけに笑顔で握手を交わす始末。

pict-岩屋毅防衛相.jpg
   ☝ 米国のシャナハン国防長官代行を挟んで日韓両大臣。


国際舞台に立てて嬉しそうな岩屋防衛大臣。
ただのパフォーマンス、 頑張っているように見せたいだけ。

しかしバカ大臣は、 韓国に誤ったメッセージを送ってしまった。

岩屋大臣は、 パチンコチェーンストア協会の政治分野アドバイザーを長年務め 「票と金」 を貰っている。

ここぞと韓国人のご恩に報いたのであろうが.....

レーダー照射で自衛隊員が危険にさらされた訳で、原因追及もないまま、 笑顔で握手できる状況にはない。

ところが岩屋大臣は7日朝、 報道陣の取材に対しこう反論。

「やりとりと挨拶は全く別だ。 会うときも別れる時も、 気持ち良くというのが私のモットー」

pict-岩屋防衛相という阿呆.jpg
    ☝左が岩屋大臣、 右が韓国の鄭景斗国防部長官。


オイオイ、 君のモットーなら、 君個人のときにやっておくれよ。 
顔も見たくない憎き相手でも、 好きなだけ笑って握手しな!

でも君は日本の防衛大臣だぜ、 個人じゃないんよ。
君には、 多くの自衛隊員の士気を鼓舞し、 日本国民の安全を守る責務がある。

おそらく自衛隊員のほとんどが韓国の行為に煮えくり返り、 国民は立腹してるんだ。

ヘラヘラ笑うのが我が国の大臣・国会議員の務めなのか。
非公式と弁解し、 この時期に韓国の大臣と会談するだけでも愚かなんだよ。

「はなはだ遺憾に思う」   「未来志向の関係を作る」

こんな陳腐な言い回しかできないの、 岩屋くん?
なんと浮世離れした国会議員の多いことか!


ジジイは言いたい。
「岩屋議員について はなはだ遺憾に思う」    落選しろ!


現職の自民党参議院議員がジジイに代わって主張します。
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Tx-2GdwEVY4


  ***********************


A また和食店が新規オープンしていた。

いつオープンしたかは分からない。
このようなお店が誕生していて驚いた次第。

店名不明(タイ文字)、 場所は 「ヤム茶店Toey」 の隣。
                    (地図はココ
pict-1561123858269ヤムチャ隣の和食店 (4).jpg
        ☝ 右側がヤムチャ店、 左が和食店。



pict-1561123858269ヤムチャ隣の和食店 (5).jpg



   店内、 酒樽が壁いっぱいに置かれてある。
pict-1561123858269ヤムチャ隣の和食店 (3).jpg



   メニューを見よう。
pict-1561123858269ヤムチャ隣の和食店 (2).jpg
                  ☝
左端はサーモン刺身、 量により55、 110、 150、 200バーツ。
その右側のマグロ刺しも同じ値段。



   ツマミ類。
pict-1561123858269ヤムチャ隣の和食店 (1).jpg
                  ☝
   カニカマ:35バーツ、 餃子3ケ:35B、 冷奴:55B。


チェンマイは和食ブーム、 しかし現れては消える和食店。
せっかく開業にこぎ着けたわけで、 頑張って欲しいもの。


  **********************


B 私は何故 タイに嵌まったか?

6月18日の朝9時前、 私はバンコクのRatchadapisek 駅(MRT)の前の通りを友人と歩いていました。

私の足がマンホールの蓋に乗かった瞬間です。

そのセメントの蓋が割れ、 私は深さ3mの下水にドブン、 嵌まってしまいました。 

   pict-Office girl fell down 3 meter manhole.jpg


勿論、 この事故で脚、 腕、 手、 肩など全身傷だらけ。

運が良かったのは、 近くにいた人たちがすぐ、 私を引っ張り上げてくれました。

そして下水で黒くなった衣服に水をかけて洗い、 近くのパオロ病院に運んでくれたのです。

でも私のバッグなど持ち物は下水に流されたまま。
役所の方が捜してくれましたが、 見つかりません。

   pict-Office girl fell down 3 meter manhole 2.jpg


この辺りは舗装状態が悪く、 過去、事故の報告もあったそうです。
近くの食品店の方々が改善を訴えるも、 問題を解決には誰も来なかったとか。

この地域を管轄するフアイ クワング地区事務所の説明。

『マンホールは脆いセメントで割れていた。
我々は事故の前日夜に発見、 すぐに補修する計画だった。

一方でマンホールの上にロードコーン(赤い保安用円錐形)を置いたが、 事故は朝方、 起きてしまった』


ロードコーンを置いたくらいじゃね〜。 動きますし...

で、 あの忌々しいマンホールは既に補修されたそうです。

pict-Office girl fell down 3 meter manhole 3.jpg
        ☝ 2人のデブを蓋に載せて安全確認。


23歳のOLに臭い思いをさせ、 全身を疵ものにしたんですよ。
一歩間違えれば、 わたし、 下水に流され死んでました。

ホント、お粗末な行政だと思います。
えっ、 あたしの体重ですかぁ?   それは ヒ・ミ・ツ。

                * *

出勤の途中、 深さ3mの下水道に突然落下、 23歳の女性はさぞかし驚いたことだろう。

但し、 当局は 「はなはだ遺憾に思う」 とは言わなかった。
そう、 ここはタイだもんな。

日本では考えられぬ事故だが、 発展途上国ではよく聞く話。
しかしバンコクの駅前の通りで起こったとなると....

チェンマイも同じような状況、 のんびり歩いてはいられない。


皆さまも汚い下水道に嵌まらないよう、 ご注意ください。

  






美しいオンナに嵌まるなら................幸せネ。


チェンマイって ホントいいですね!

   <追記>
先日ジジイが行った 「好寿司」 の18歳の店員さんです。
食欲が出ますね。 場所はランプーン街道沿い 「89プラザ」

   pict-P_20190615_124608_vHDR_On.jpg


      ついでに「握り寿司」
   pict-P_20190615_125803_vHDR_On.jpg
          ☝友人カップルとランチ。




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:54| Comment(10) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月21日

独居老人の生活1557(不倫の果てに・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1557(不倫の果てに...)


 結婚は平穏と引き換えに情熱を失うものだから....


@ 人気アナウンサーの不倫疑惑。

「週刊新潮」 今週号がスクープ。
NHK出身のフリーアナウンサー・堀尾正明の “不倫疑惑”。
                  ☟
pict-DSCN5728.jpg



彼が出演するTBS情報番組 『ビビット』 では、 堀尾アナがこの件について生釈明。

   pict-TBSビビッド.jpg


疑惑は、 妻と別居中の堀尾アナが、 都内に暮らす50代の美人
すぎる未亡人との不倫。

シングルマザーの家を訪ね、 宿泊もする仲。
しかし堀尾は、 「不倫でも男女の仲でもありません」 と言う。

あくまでも彼女の ”サポートをしている” だけとか。

同番組では、 堀尾アナの妻によるコメントが紹介された。

『彼が困っている人を放っておけないのは出会った時から』

『今回ばかりは、 優しさの度が過ぎてしまったのかも』 と奥様。


密会の模様をビデオでどうぞ!
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=XOY2EbNCaVY

                * *

ジジイには何回も食事を共にしたタイ人女性がいるが、 手さえ握ったことのない女性だっている。

絵にかいたような純粋で清潔な関係である。
但し、 一緒に泊るようなことになれば、 最後まで突き進むだろう。

堀尾正明は99.99%、 嘘をついている。
寝泊まりを一緒にする男女でも友人関係とおっしゃる。

もしそれが100歳代と90代のカップルなら信用するけど.....

「心からの愛人です」 と開き直れない堀尾アナ、 ジジイは同情してるよ。

  *********************


A 71歳にもなって....


2018年9月21日朝 、町田市のサービス付き高齢者向け住宅
「ココファンまちだ鶴川」 の職員が110番通報。

pict-ココファンまちだ鶴川.jpg


住人の関初枝さん(当時69)がベッドの上で倒れており、 病院に搬送されたが死亡。

頭に鈍器のようなもので殴られた痕があり、 室内は荒らされたような形跡があった。

警視庁は殺人事件とみて捜査を始めた。 
この捜査の結末は、 今年6月13日のニュースでどうぞ。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=l6jVtiyIEw0


本来は介護が必要な人が入居する場所。
2人は川崎市麻生区の自宅を売り払って引っ越してきた。

同じ部屋ではなく、 別々に2部屋を利用(隣り合わせ)。
月40万円/人はかかるといわれる高級マンションだ。

関初枝さんは肺気腫を患い、 家事ができなくなった。
関健次の体は健康なので、 介護は利用せず。

通常の老人ホームというより、 マンションに介護やケアのサービスが付いている感じ。


関容疑者は、 窓を解錠して隣の自室にいったん戻った後、 就寝した頃を見計らい、 防犯カメラのない窓側から行き来して初枝さんを殺害した疑い。

夫婦は高校時代からの付き合いで、 東京農業大の同級生。
農大を卒業して2年後、 2人は結婚する。

関容疑者は農薬の輸入販売会社に勤務、 退職後、同級生とゴルフ場関連ビジネスをスタート、 順風満帆の生活。

退職後の事業も成功し、 幸せな老後だったはずなのに....

事件の前日、関容疑者と麻雀をしていた女性(80)が言う。

「ほぼ1時間おきに、 関さんの携帯が鳴りました。
 おそらく奥さんからで、 2人は喧嘩してたんでしょう」


警視庁は、 関容疑者に不倫関係の女性がいるのでは..と疑う。
やはり事件の陰に女あり。

関容疑者には中国人女性の愛人がいた。 (週刊Friday報道)
彼女のために、 町田市内にアパートを借りていたという。

警視庁ではその中国人女性が動機に関わっているとみて、 さらに捜査を進めている。

                * *

学生時代から交際 → 夫婦 → 老人用高級住宅に暮らす、 そんな恵まれた夫婦に起こった事件。

不倫したければ好きにやればいい、 バレないように....
残り少ない人生だ。

邪魔になったからとて、 殺すことはないだろうよ。
もっとほかにやり方があったろうに....

愛人の中国人女性は何歳なんだろうか、 知りたいネ。
 
関容疑者は生真面目な爺さんだったのかも.....


ジジイは思う。

「不倫の恋は、 別れた後でさえ人に知られてはいけない」


裕福な余生を送る爺さんが....

pict-ココファンまちだ鶴川2.jpg 
              ☝ 関健次容疑者。







一転、 ムショ暮らし、  憐れ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 14:12| Comment(2) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする