2019年05月25日

独居老人の生活1534(性欲の衰え)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1534(性欲の衰え)


 恋愛はただ性欲の詩的表現を受けたものである。

少なくても詩的表現を受けない性欲は恋愛と呼ぶに値しない。

                                       芥川龍之介 (作家)


ジジイは年に1回、 5月に1ヵ月以上東京に滞在する。
チェンマイの暑さは耐え難いからだ。

で、約1年ぶりの東京生活となると、 「えー!  う〜む」 となることがある。

@ ワイン。

近所のスーパーで買ったこの赤ワイン、 税込みで484円/本。

pict-DSCN5625.jpg
         ☝ カリフォルニアワイン(750ml)


こんな安いワインはチェンマイでは見当たらない。

リンピンスーパーでは大体300バーツくらい。
ジジイ馴染みの酒屋でも安いので280バーツ(約980円)。

東京にいれば、 チェンマイの半値で買えてしまう。
ワインとチーズの値段、 チェンマイは高いと思うのだが....

                * *

A キャッシュカード。

昨日(5月24日)、 三井住友銀行で現金を引き出そうと試みた。
現れた画面には、
「お取り扱いできません、 係にお問い合わせください」

仕方なく順番札を取り、 待つこと20分。
今のチェンマイ・イミグレよりもサービスが悪い。

イライラしてきたがここは我慢....やっとジジイの番が来た。

女性係員はキーボードを叩きPC画面に見入る、 そして言う。

「5月8日にデビッド付きカードに切り替えておられますね」

「いや、 私はやってません、 誰がしたんだろ?」

「このようなカードですが....」

画面に出ているカードをジジイに見せた。
ここでジジイは思い出した、 昨年ジジイが間違いなく手にしたカードだ。

「そのカードなら自宅にありますよ」

「そのカードをお使いください、 今お持ちのカードは無効になっております」


女性係員は心の中で思ったろう。
「このお爺さん、 かなりの認知症だわ、 嫌んなっちゃう」

20分待たされイライラした上にボケ老人では、 ジジイも 「嫌んなっちまうよ」

                 * *

B レストランのタブレット。

先日、 都内の 「大戸屋」 で夕飯をとった。
案内されて席に座ったまではよかったのだが、 注文で困った。

備え付けのタブレットでオーダーするシステムだという。
ジジイには初めての経験。

pict-大戸屋.jpg


メニューを見て決めた料理を探すが、 画面に中々現れない。
ちょうどウエイトレスが来たので、

「これ、 面倒ですね、 上手くいかなくて....」

「私がやります、 ご注文は...ハイ、 これですね」

手際よくタッチを繰り返し、 あっという間に注文完了。
この店員さん、 流暢な日本語だが少し感じが異なる。

「どうもありがとう、 どちらの国から来てますか?」

「ベトナムです」 とにっこり、 カワイイ店員さんだ。

でも思われただろうなあ、
「老人だもん、 半ボケしててタブレットなんて無理」


ジジイの元会社の上司は、 画面にタッチするとき特徴がある。
ポン! の感じでタッチすればいいものを、 決まってタッチ箇所をグーと長押しする。

元上司(88歳)がタッチするのは、 ATMか駅の自動券売機。
見ていると、 いつも力を込めて、 グッグーと長押ししている。

タブレットを置く 「大戸屋」 や居酒屋は、年寄りには敷居が高くなっちまったか。

いやいやボケ防止、 可愛いベトナム店員を口説くのもイイ。
億劫がらず、 老人は外に出よう!

                 * *

C 都営地下鉄に外国語表示券売機。

ジジイが敢えてタイ語を使って買ってみた。

pict-DSCN5616券売機 (1).jpg
   ☝ 左側にある言語のうち、 Other Languageをタッチ。



そこからタイ語をチョイス、 タッチすればOK、 凄く簡単。

pict-DSCN5616券売機 (2).jpg

ま、 説明はこんだけ。

小池都知事に成り代わりましてご挨拶、
タイ人の皆さまの東京訪問をお待ちしてます。

                * *

D 季節外れの八木節祭り。

八木節といえば群馬県と栃木県の二県に渡り、 人気の俗謡。
民謡として、 両県による発祥地争いが現在も続いているとか。

pict-八木節祭り.jpg
             ☝ 桐生市末広町。

で、有名なのが桐生(群馬県)の八木節祭り。
8月の第1周金曜日から3日間開かれる。


ところがどういう風の吹き回しか、 昨夕(5月24日)、 浅草六区でやっていた。
                 ☟
pict-DSCN5618浅草 (1).jpg



pict-DSCN5618浅草 (2).jpg
                   ☝
       踊る人が少なくて若干迫力にかけるが、
        観光客は思わぬ祭りに喜んでパチリ。

浅草六区には 「浅草演芸ホール」 があり、 周辺には安価な飲み屋が軒を連ねる。

中々の風情、 飲んで女が欲しくなったら、 タクシーですぐの吉原へレッツゴー!

                 * *

E 衰えたと言うが.....

友人・日野さん(70、 仮名)には29歳になる恋人がいる。
もう付き合い始めて早や10年、 今もラブラブ...羨ましい。

その日野さんは、 約1か月半東京に滞在、 5月中旬にチェンマイへ戻った。
彼が悲鳴をあげたのがチェンマイの猛暑。

その暑さのせいだと思うのだが、 彼はこぼす。
「精力が衰えちゃった、 自分ですごく感じるんだ」

日野さんは、 これまで週2回の H を楽しんでいた。
これが最近では週1に....これもキツく感じるようになったとか。

性豪と自他ともに認める日野さんの話とは思えない。
ジジイは思う、 やり方を変えればまだまだヤレるはず。

次の6項目を全部やれば、 性欲は復活するだろう。

1.相手を変える。

今の恋人から別の女性に乗り替えるのだ。
もしくは2人目のカノ女を作ってもいい。

週に2人と1回の H、 これで週2に復活だ。


2.クスリの量を倍にする。

例えば、 現在50mgのバイア服用なら、 100mgで頑張ろう。
マカなどのサプリメントでも効果が期待できる。


3.運動する。

毎日のWalkingとか水泳で足腰を鍛える。
金冷法などでセガレも鍛えよう。


4.H の時の雰囲気を変える。

・部屋の照明を変えてみよう。
・恋人にセーラー服、 白衣などを着てもらうのもいい。

・たまには縄で縛って....
・カーセックスにトライしよう。

・ビーチなどに行ってロマンチックな気分で H。
・H の時、 他人に覗いててもらう(この役目、 ジジイが喜んで...)

・スワッピングで刺激を!
  これもジジイが立候補したい。
  29の恋人がジジイと H、 55歳の女と日野さんが H。


5.食事療法。

ナッツ類、 ゴマを毎日食べる。
精力のつく食べ物は口にしよう。


6.イメージ戦術。

10年もヤッてればマンネリ、 飽きもくる。
で、H の際にはかって憧れた女優を思い浮かべてヤルのだ。

吉永小百合をイメージして挿入すれば、 性欲は高まる。
恐れ多くて中折れなどやってられないはず。

吉永小百合に飽きたら、 また別の美女を思い浮かべよう。
いくらでもいる。

松原智恵子、 原節子、 大川恵子、 岡田茉莉子、 岩下志麻、
浅丘ルリ子、 和泉雅子、 天地真理、 天童よしみ、 山岡久乃、

水前寺清子、 ミヤコ蝶々、 清川虹子、 菅井きん、 泉ピン子、
美空ひばり、 江利チエミ、 雪村いずみ、 三原じゅん子、

山尾志桜里、 辻本清美、 朴槿恵、 扇千景、 土井たか子、
福島瑞穂、 安部昭恵、 サッチャー、 メルケル、 ヒラリー等々。





  


 ますます性欲減退だー。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:06| Comment(2) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする