2019年05月21日

独居老人の生活1531(○○○にやさしい国)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1531(○○○にやさしい国)


  天下の情勢が平穏なように見えるときでも、

  遠近の諸国へ間者(スパイ)を出しておいて、

  常に様子を密告させるがよい。
                                 朝倉孝景 (室町時代の武将)



まず次のテスト問題に解答いただきたい。
問題: (  )内を埋めて、 正しい文章にせよ。

野党、 ( A )党の国会議員が( B )系実業家から多額の献金を
受けていた。

議員はその見返りに、 ( C )の領有権問題で( B )政府を支持する発言をしたことが発覚し、 辞職に追い込まれた。

議員に献金していた( B )人富豪は( D )に在住していたが、 今年2月、 ( E )を剥奪された。


正解が埋まったでしょうか。
Aは立憲民主党か社民党?

Bは韓国朝鮮か中国のどちらかってことに....

Cは竹島か尖閣諸島かな。


かって参議院副議長(2004年就任)だった角田 義一(現在81歳)は、 朝鮮総連系の商工会や不動産会社、パチンコ業者から計160万円の献金を受けていた。

pict-北朝鮮の手先.jpg


さらに角田の選挙対策本部が作った帳簿には、 個人や企業・団体から総額2517万円入金の記載。

しかし、民主党群馬県連(当時角田が会長)の政治資金収支報告書等にはこの入金の記載なし。

角田に対する闇献金では...との疑惑が浮上、 結局 角田 義一は参議院副議長を辞任、 事件はうやむやに....

こんな男が昨年4月、 立憲民主党の群馬県連最高顧問に就任。
悪口を書いて申し訳ないが、 立憲民主党は愚かな政党だ。


さて前述のテストだが、 正解は....

A:労働党   B:中国   C:南シナ海  
D:シドニー   E:居住権

5月18日に投開票された豪州総選挙は、 与党、保守連合(自由党、 国民党)が劣勢予想を跳ね返し、 野党・労働党を破って政権を維持。

オーストラリアではこの結果を ”奇跡の勝利” と呼んでいる。

オーストラリアの最大の貿易相手国は中国。
全人口の5.6%に当たる120万人の中華系豪州人を抱えている。

選挙前は親中路線、労働党優勢の予測、 これが政界工作スキャンダルが生じて覆った。

反中感情が沸き上がったのは当然のことか。
昔から住む白人にとって、 黄色の支那人にしゃしゃり出られたら堪らんの思いだろう。

                 
政権を維持した保守連合政権は、 「5G」 のインフラ整備から、 「ファーウェイ」 の排除を決めている。

クライブ・ハミルトン教授の著書、 「静かなる侵略」 は、 中国による影響力拡大の実態を描いている。

  pict-Silent Invasion.jpg

そして中国の介入方法は、 日本にも適用されると警告。

ハミルトン教授は分かってないネ、 日本はとっくに適用しつくされてるよ。

                * *

こちらは欧州、オーストリアでの政界スキャンダル。
関わったのは中国人ではなく、 ロシア人だった。

オーストリアの中道右派、 国民党のクルツ首相が18日、 極右政党・自由党との連立政権を解消し、 解散総選挙を行う意向だ。

連立解消の理由は、 自由党党首・シュトラッヘ副首相が選挙支援の見返りとして、 ロシア人実業家に対し便宜供与を申し出たという疑惑。

総選挙前、 シュトラッヘ副首相はプーチン大統領に近い実業家の親族と面会。

オーストリア紙の買収を望む親族に対し、

「自党に有利な報道を行って党に資金支援すれば、 政権入り後に公共事業の発注で便宜を図る」 と示唆。

この時の模様を撮影したビデオを独メディアが報じて明るみに...

                * *

いずこも同じような事をやっている。
平和認知症国家・日本は、 世界で最も工作し易い国ではなかろうか。
工作の対象は政治家だけではない。

メディア、 大学教授、 評論家、 文化人、 役人、 自衛隊にまで及んでいるかも....


ソ連のスパイ、 リヒャルト・ゾルゲは1933年9月、 「フランクフルター・ツァイトゥング」 の東京特派員かつナチス党員という肩書で日本にやって来た。

   pict-ゾルゲを顕彰したソ連の切手(1965年).jpg
     ☝ ゾルゲを顕彰したソ連の切手(1965年)

日本やドイツの動きを探るためで、 スローガンは 「ロシアと中国の革命を擁護せよ。 帝国主義戦争を内乱へ転換せしめよ」

ゾルゲは来日した頃、 スパイ活動をしていたアメリカ共産党員の宮城与徳(洋画家)と連絡を取り合う。
しかし宮城与徳はスパイとしては物足りない。

そこでゾルゲが選んだのが、 上海時代に知り合った近衛政権の
ブレーン・尾崎秀実(享年43)である。

   pict-尾崎秀実.jpg 
           ☝ 尾崎秀実。  

尾崎は朝日新聞社記者、 内閣嘱託、 そして逮捕された時は満鉄調査部嘱託(東京支社)を務めていた。

尾崎は 「最も忠実にして実践的な共産主義者」 と自称。

尚、 朝日新聞東京本社からは、 政治経済部長・田中慎次郎ら
2名が検挙されている。

ゾルゲスパイ事件で有罪となったのは外国人4名、 日本人15名。
うちゾルゲ(享年49)と尾崎の2人が死刑判決 → 処刑された。


現在はスパイであれ、 日本を売ろうが死刑になることはない。
安心して好きに活動できる、 日本にはスパイ罪がない。

朝日、 NHKなどのメディアや政界には、 かなりの数で工作員がいるとジジイは思う。

日本人(法人)が日本の領土を売っても罪にはならない。
だから外国が日本領土を楽して手に入れる、 武力を使わずに....
               ☟
  pict-日本が売られる (幻冬舎新書).jpg


日本はやさしい国だ....







スパイにとって、 外国人にとって....


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:18| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする