2019年05月18日

独居老人の生活1528(軍事政権は凄い!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1528(軍事政権は凄い!)


  政治の一番大きな努力が、
  あれほど多くの人々の平安を犠牲にして、

  何人かの幸福な人々をつくるのであるならば、
  政治というのは喜ぶべきものだろうか?

                      ヴォーヴォナルグ (18世紀・フランスのモラリスト)


タイの野党・タイ貢献党が言う。

「権力を意図的に使って憲法と法律を犯している」

3月に行われた総選挙結果の正式発表を受けて、 貢献党を含む反軍政7党の議席数が操作されたと選挙管理委員会を批判。

                * *

国会下院(定数500)議員総選挙があったのが今年3月24日。
日本なら投票結果を踏まえてすぐ国会を開き、 総理大臣を選び、 組閣に入る。

ところがタイ、 選挙後2ヵ月近くになっても....
選挙管理委員会は5月8日、 ようやく公式結果を発表。

それによると、小選挙区(定数350)と比例代表(同150)を合わせた議席数は、 タクシン派の 「タイ貢献党」 が136議席で第1党になった。

次いで軍政派 「国民国家の力党」 115議席、「新未来党」 80議席などの順。

次の首相は、 軍が指名する上院250人、 下院500人の計750人で選出される仕組みになっている。

軍指名の上院250人とは、 2年前に施行された新憲法に基づく。
2016年、 軍事政権が新しい憲法草案の賛否を問う国民投票を
実施。

草案は、 下院議員500人は選挙で選出する一方、 上院250人については軍が選ぶといった内容。

軍事政権にあからさまに有利な草案。
ところが国民投票の結果、 賛成61%で新憲法は承認された。

軍事政権が勝手に憲法を変えたんではないってこと。
しかし賛成多数になるよう、 軍政は策を練っていた。

「草案に関し歪曲した情報を広めた者」 に最高で禁錮10年を科す仕組みを作る。

草案に関する集会も禁止。
そして、 多くの民主活動家を逮捕していく。

要は集会を取り締まり、 草案を批判する人たちを逮捕できるようにした訳だ。

                * *

このようなことは新憲法草案に限ったことではない。
2014年の軍事クーデター時、 プラユットは国家平和秩序評議会(NCPO)を結成。

ここで厳しい統制を敷き、 言論の自由を野放図にはしない。
大学が主催する会議は、 政治的なテーマは禁止の状態。

煽動罪、 冒涜罪、 中傷罪、 コンピューター犯罪法など、 加えて厳しい不敬罪という刑法もタイにはある。


タイのテレビ局にタクシン派の 「ボイスTV」 というのがある。
ここが軍政に狙い撃ちされた。

2017年3月には、 「一方的な報道によって国家の安全を脅かした」 という理由で7日間の放送停止。

報道の内容は、 民主活動家殺害に関する政府の責任、 軍人の権力乱用、 カジノへの警察の関与など。

2018年2月、 「ニュース番組で国内の対立を煽る発言があった」 として15日間の放送停止。

つまりメディアは軍政を批判できないのだ。
日本なら、 TBSやテレ朝などは1年中放送停止の状態か。


とまあこんなことで、 今回の総選挙では、 反軍政勢力は下院の過半数を獲得できなかった。 軍政の継続は確実といっていい。

「国民国家の力党」 は暫定首相のプラユット(65)らを次期首相候補として届け出ている。

我々も、 またプラユット首相の顔を見て暮らすことになろう。

                * *

プラユット暫定首相は今月15日(水)、 Khlong Toei 地区を訪ね、 市民との対話に努めた。

pict-Prayuth.jpg

そしてこう述べた。
『私たちの未来は明るいと思う、 何故なら子供たちみんなが笑っているから。

今日私はここで、 みんなそれぞれ公平であると言いたい。
皆が同じ収入なんてあり得ない。

しかし働きキャリアを積む機会は公平にある。
最も大切なことは、 生活の質を高めることだ。

大事になのは、 私たちはこれ以上争ってはダメということ。
子供たちの将来を安全に導くのは、 愛とハーモニーである』

               * *

とプラユット首相は言っているが....
タイでは、 人口の1%が67%の富を保有しているという。

ロシアやインドネシアを抑えて、 タイを 「世界で最も不平等な国」 と位置付けている。  (クレディ・スイスの2018年調査)

タイには相続税がまだない。 資産家はずっとリッチのまま。

日本では、 上位8%が全体の富の50%を占めている。
米国では、 上位3%が全体の富の過半数を占めている。

世界では、 人口の1%ほどが富の半分を独占している。
                 (以上は2015年調べ)
タイは富の偏りという点で世界最高ランクにある。


世界の王族・皇族の資産をみれば、 トップはタイの王様だ。
               ☟
 pict-DSCN5544.jpg



       先日の戴冠式。
   pict-ワチラロンコン国王.jpg



pict-タイ国王が4回目の結婚 新王妃.jpg
              ☝ 4度目のご結婚。


「世界で最も不平等な国」 のタイは、 貧困女性を生む。
前川喜平さんは新宿歌舞伎町で貧困女性を研究なさっていた。

我らチェンマイの爺さんたちは、 研究よりも実践。

多くの貧困女性を支援している。


女性たちの将来を幸せに導くのは、 愛とハーモニー。








それが楽しみでもある。


チェンマイって ホントいいですね!






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:51| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする