2019年05月11日

独居老人の生活1521(タイ日の文化を楽しむ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1521(タイ日の文化堪能)


   難しいことを易しく、
   易しいことを深く、
   深いことを面白く 

                           井上ひさし (作家)


@ タイ・フェスティバル2019。

   pict-pict-タイ・フェスティバル.jpg

恒例のビッグイベント 「タイ・フェスティバル」 が東京・代々木公園で、 本日5月11日(土)・12(日) 10時〜20時に開催。

入場無料、 雨天決行。

タイの人気アーティストによるライブコンサートも魅力。

2年連続出演するのは 「BNK48」。
昨年のNHK紅白歌合戦出演で日本の知名度も上昇。

pict-pict-BNK48.jpg



人気女優・パンケーキ・ケームニットによるトークショー。

   pict-pict-女優・パンケーキ・ケームニット.jpg

そのほか、
SEASON FIVE シーズンファイブが歌ってます。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?time_continue=31&v=X_GoyOCzK9Y


ZEAL ジールでバラードをお聴きください。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?time_continue=80&v=IPJcmFjaqEg

Kang Korn  ガン
Preen Ravisararat Pibulpanuvat  プリーン

Phol Tachaphon Pholkongseng  パラポン
Matung Radupdao Srirawong  マータン

Bew Kalayanee R-Siam  ビウ 等々が出演。


ジジイは過去3年連続で見物、 今年で4年連続を達成したい。
東京近郊にお住まいの方、 是非どうぞ!

尚、 昨年のタイ・フェスティバルの模様は、 本ブログ#1187(2018年5月13日掲載)をお読みください。

                * *

A タイ国際航空がキャンペンセール中。

7月13日より新規増便(TG687/TG686便)となる福岡線の特別キャンペーンとして、 成田国際空港と福岡空港発着便が対象。

Webサイトのみの限定運賃設定。

成田国際空港/福岡空港〜スワンナプーム国際空港(バンコク)、
エコノミークラスが往復で3万円。

成田国際空港/福岡空港〜プーケット国際空港/チェンマイ国際空港/クラビ空港のエコノミークラスの往復が3万5000円。

タイ国際航空のWeb限定タイムセール概要

販売期間:2019年5月9日〜5月15日
対象搭乗期間:
・2019年5月16日〜7月25日
・2019年9月1日〜12月19日

(9月13日〜15日/20日〜22日、
10月10日〜12日/18日〜19日/30日〜11月2日を除く)
※福岡発の場合は、新規便の運航日のみ対象

対象便:
成田発:TG641/643/677便、  成田着:TG640/642/676便、
福岡発:TG687、 福岡着:TG648/686便

  ********************


B 都営地下鉄に8言語対応券売機。

2020年東京五輪に向け、 外国人観光客用に新しい切符の券売機を設置。

観光地から交通ルートを検索し、 最寄り駅までの切符を購入できる仕組みも導入。

pict-32インチの大型高精細ディスプレイを採用。.jpg

32インチの大型高精細ディスプレイを採用。
都は今年度、 新たに14台設ける方針だ。

観光客に人気の浅草や六本木など、 都営地下鉄の31駅。

日本語・英語・中国語(簡体字)に加え、 中国語(繁体字)・韓国語・フランス語・スペイン語・タイ語の8言語に対応。


ジジイは東京都を褒めてやりたい。
よくぞタイ語を含めてくださった。

願わくば、 韓国語だけは外してほしかったが.....
  (source:産経新聞)
  *********************


C Japanese Design Today 100 in Chiang Mai。

pict-japanese-design-today.jpg


日本の ”文化的資産”、 または伝統と地元の知恵は効果的に
利用され、 様々なデザインに応用されている。

日本のデザイン製品は、 人々の生活観点の深い理解の結果として人気を博すようになった。

今回のイベントは100のデザインを展示、 1950年〜1995年代の現代日本文化を紹介する。

開催期日は、
 ・バンコク:2019年4月24日〜5月26日

 ・チェンマイ:6月8日(土)〜6月30日(日)
          10.30 〜18.00(月曜日は休み)

 ・コンケーン:7月12日〜7月28日。

入場:無料。

場所: TCDC Chiang Mai  (地図はココ
    1/1 Muang Samut Road, Changmoi Subdistrict
    
(注) TCDCとは、 バンコクにある美術館で、
    Thailand Creative & Design Centerの略。

2003年開館、 BTSプロームポン駅前エンポリアム6階にある。

TCDCの設立目的は、 新しい知的財産育成のためにタイ市民に世界中の思想家、 造形家の知識、 作品に触れる機会を提供すること。

               * *

今回会場となる 「チェンマイTCDC」 は、 日常でコワーキングスペースとして利用価値がある。

pict-TDCDお洒落3.jpg


外国人の利用は100B/日、 年間利用が600B(約2,100円)。
定休:月曜日、 営業時間:10:30〜18:00。

1人でゆっくりパソコンとか、 数人での打ち合わせにピッタリだ。
館内の水のペットボトルは無料。

ガラガラの館内はエアコン(冷房)が効きすぎ、 寒さに弱い人は
要注意。  尚、 TCDCの前にはカフェがある。

pict-TDCDお洒落.jpg


さあ、 東京ではタイを、 タイでは日本を....
身近なところで楽しんで戴けたらと思います。






チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:59| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする