2019年05月10日

独居老人の生活1520(フレンチを味わう)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1520(フレンチを味わう)


 イギリスには二つのソースと三百の宗教がある。

 フランスは逆に二つの宗教しかないが、
 三百を超えるソースがある。

                                  タレーラン (フランスの政治家)


@ メーピンホテルの一時閉鎖。

「The Imperial Mae Ping Hotel」 はオープン以来31年経過。
2019年6月29日から2020年12月31日まで閉鎖するという。

閉鎖の理由は改築(リノベーション)のため。

pict-改築(リノベーション).jpg


ジジイが 「メーピンホテル」 の名を初めて聞いたのは、 歌手の
テレサテンが当ホテル滞在中に亡くなったニュースで。

ジジイはメーピンホテルに宿泊したことがある。
今から約22年前(ジジイが52歳)で3泊、 チェンマイに初めて訪れた時だ。

光陰矢の如し、 あっという間に老いぼれた。

  ***********************


A 昨日のランチ。

昨日(5月9日)は中学時代の同級生2人と一緒にランチ。

出かけた処は南青山のフレンチレストラン 「葉山庵」。
地下鉄銀座線 「外苑前」 下車・徒歩2分   (地図はココ

毎年ジジイがこの時期に帰国すると、 同じメンバーでランチ。
ジジイがチェンマイ暮らしを始めた頃から続いている。

去年までは神田一ツ橋、学士会館内のレストランだったが、 幹事が 「俺の馴染みの店でやろう!」 と予約してくれた。

                 * *

オープン時刻の11時半に集合、 店はビルの6階にある。
   店の入り口。
pict-P_20190509_133945.jpg



ガーナ人のマネージャーが笑顔で迎えてくれる。
幹事の友人の娘がかってガーナ暮らし、 その縁で知ったという。
                 ☟
   pict-P_20190509_133811.jpg



      注文はコースメニューで・・
   pict-DSCN5561.jpg
               ☝
     読みづらいが端折っていえば、
     アミューズ〜ティーまで7品のサービス。 

アミューズとは、 小さいサイズの甘くない小皿料理のこと。
ほとんどが食前酒とともに、 一口から二口で食べる手軽な料理。


7品の中から幾つかを写真でご覧なってください。
   スペシャリテ。
pict-DSCN5552.jpg



pict-DSCN5553.jpg



   本日の魚料理。
pict-DSCN5555.jpg



メインディッシュは3つから選ぶ。
ジジイはシャラン産鴨モモ肉のコンフィリンゴのソテー。
                   ☟
pict-DSCN5556.jpg



   これがデザート。
pict-DSCN5558.jpg



   最後にティー。
pict-DSCN5559.jpg

ノーベル賞の晩餐会でも供されるバラの香りの紅茶。
”セーデルブレンドティ”
       ☟
高級セイロン紅茶とフルーツ、 北欧の草花などをブレンド。
北欧紅茶の代表品種として、 味と香りを堪能するそうな。



   店内はというと・・
pict-P_20190509_133909.jpg



pict-P_20190509_133919.jpg



pict-P_20190509_133856.jpg


各テーブルの間隔が広く、 ゆったりした感じ。
大声で喋る人もなく、 静かに落ち着いて食事ができる。

気になるお値段は、 7品のコースで4,280円
ワインをたっぷり飲んだが、 これは幹事(友人)の奢り。

営業は11:30〜20:30(尚、夕食は5時半から)。


正直いえば、 こういうレストランには美女と一緒がいい。
残念ながら爺さん3人、 話題は昔話と健康。

誰それがガンで手術した、 あいつは死んだとか.....

来年の再会もこの店でやることに決定。







3人全員が生きてる確率、 そう高くはないが.....


チェンマイって ホントいいですね!







posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:26| Comment(0) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする