2019年03月24日

独居老人の生活1479(老人は意気盛ん)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1479(老人は意気盛ん)


  初恋と最後の恋の違いをご存じ?

  初恋は、 これが最後の恋だと思うし、

  最後の恋は、 これこそ初恋だと思うもの。

                                  トーベ・ヤンソン (画家、 作家)


@ 上司と部下の不倫か?

   pict-桂文枝と紫えん2.jpg



不倫は不倫でもこのお2人は会社勤めじゃない感じ。
                ☟
   pict-桂文枝と紫えん3.jpg



オッサンは昭和47年に結婚、 今も夫婦生活は続いている。

   pict-桂文枝と紫えん4.jpg



もう誰だかお分かり。
桂文枝(75)と元歌手の紫艶(41)の不倫関係は20年と長い。
                   ☟
pict-桂文枝と紫えん5.jpg    

文枝は紫艶に月額20万円の “お手当” を払っていたという。
文枝から冷めたくされた紫艶は、 週刊誌に関係をバラした。

桂文枝は女好き、 浮気相手は紫艶だけじゃなかった。

最近では、 2008年に出会った日本舞踊の先生(56歳)と8年間に及ぶ不倫。

文枝は二股不倫をやっていた、 精力絶倫の落語家だ。

それでも本妻とは離婚はしない。
芸人の女房だ、 浮気は芸の肥やし程度に見てるんだろう。

今年7月で76歳になる桂文枝、 勃起してるんだろうか?

   *******************


A 月影のお墓。

2019年3月6日、森山加代子が大腸がんのため死去(享年78)。

  pict-森山加代子.jpg

1960年、 「月影のナポリ」 でレコード・デビュー。
50万枚を売り上げて、 いきなりの大ヒット。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=sRu_OpwhxU4

その後も 「じんじろげ」 「白い蝶のサンバ」 などのヒット曲に恵まれた。

ジジイは、 坂本九とのコンビで司会をした歌番組が記憶に残る。
さあ60年近く前、2人の 懐かしい時代をご覧なってください。
                  ☟
https://www.youtube.com/watch?v=foqFTd4Z65Y

   pict-森山加代子2.jpg
     
森山加代子は60代になっても現役歌手として唄っていた。
元気なお婆さんだったのだ。  安らかにお眠りください。

   **********************


B 64歳で再デビュー。

ご存知キャンディーズ、 しかし彼女らの歌手生活は短かった。
1972年デビュー、 1978年に解散(約6年の活動)

pict-伊藤蘭(64)2.jpg
      ☝ 左から伊藤蘭、 田中好子、 藤村美樹。

「普通の女の子に戻りたい」 の名文句が更なる人気を呼ぶ。

「普通のオバさんに戻りたい」 は都はるみ。
「普通のオッサンさんに戻りたい」 が上岡 龍太郎。

「普通のド助平に戻りたい」....これはこの独居老人。
  (根が真面目、 中々戻れません)


キャンディーズ、 田中好子は2011年に死亡(享年55)。
しかし伊藤 蘭(64歳、 亭主は俳優・水谷豊)は意気軒高。

解散後、 ボチボチと女優を続けていたが、 41年ぶりに歌手活動を再開。

5月にソロアルバムを出し、 6月にコンサートを開催する。
ランちゃんは普通のお婆さんにはなれなかった。

pict-伊藤蘭(64)3.jpg
            ☝ 2年前の伊藤 蘭。

   **********************


C 76歳で週2回?

誰だかお分かりですか?
          ☟
   pict-若い頃の加藤茶.jpg


45歳年下のヨメを貰って下半身盛んなのは加藤 茶(76)。
バイアグラのんで頑張っているんかなあ。

「俺は再婚して良かったね。 嫁さんもらうなら若い嫁が
  絶対良いと思う」 とTV番組で力説。

嫁さんでも愛人でも、 そりゃあ若い美女が誰だって欲しい。

ジジイだって、 70歳の婆さんと2人で食事するよりも、 30歳の
美女との方がいい。

加藤 茶は背が低く、 ヨメの綾菜さん(30)とほぼ同じ。

   pict-加藤茶.jpg
      ☝ 余生を謳歌する理想の爺さん。

   *******************


D あの頃君たちは若かった。

pict-DSCN5233ダウンタウン浜田.jpg


結婚前、 週刊誌にパチリとやられ、 しぶい表情の2人。
こんな時代もあったのだ。

誰だかお分かり?
亭主は浮気がバレたが笑って逃げ通した。

女房も芸能人、 浮気程度でとやかく言ってたら切りがない。
ということで今も夫婦でいる2人、 奥さん、老けたネ。

                   ☟

pict-ダウンタウン浜田.jpg
                   ☝
   ダウンタウンの浜田雅功(53)と妻の小川菜摘(56)。

   ***********************


E 加藤 茶に負けずに週2回。

こちらの夫婦は歳の差32。
63の男に31歳の妻、 でもこれってチェンマイでは珍しくもない。

ただし奥さんが美女、 亭主は163cmと背が低い。
                   ☟
pict-ラサール石井の嫁3.jpg
               ☝ 蚤の夫婦。


てことは、 亭主は芸能人で金持ちか。
                ☟
            コント赤信号。
pict-コント赤信号.jpg
                   ☝
      左からラサール石井、 渡辺正行、 小宮孝泰。

3人は明治大学卒で、 1977年10月からコントを始める。

その一人、ラサール石井(63)が2011年、 32年間連れ添った奥さんと離婚。 子供は娘が2人いる。

翌2012年1月、 当時まだ現役女子大生だった32歳年下と再婚。

その桃圭さんは身長168cm、 2人は2011年9月に出会い、 交際4ヶ月で結婚という早業。

彼女は過去に70歳と付き合ったこともある....イイネ!
超年上が好きで、 男は50歳以上じゃないと魅力なしとか。

こんな女性がチェンマイにいてくれたら.....

ラサール石井は結婚時に3000万の貯金、 それは既にゼロ。
新居や家具、 そして若妻の趣味である骨董品に消えたという。

つまり若妻の欲しいものは何でも買ってやり、 SEXは週二日。
ラサール石井は、 チェンマイの爺さんの真似をしている。

pict-ラサール石井の嫁は美人.jpg


尚、 ラサールは再婚のことを娘たちにメールで報告。
しかし梨の礫、 返信はなかったそうな。


若い美女を射止めたラサール石井の魅力は有名人ってこと。

若妻にとってもっと魅力があったのが.....







 カネでした。


チェンマイって ホントいいですね!







posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:36| Comment(0) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする