2019年03月23日

独居老人の生活1478(持ちつ持たれつ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1478(持ちつ持たれつ)


  一村は互いに助け合い、

  互いに救い合うの頼もしき事、

  朋友のごとくなるべし。
                            上杉鷹山



ジジイは73歳、 本ブログのタイトル通りチェンマイで独房、 いや
間違い、 独居生活を送る。 

ジジイのように高齢者の独居生活は年々増加傾向にある。


ここで 「平成30年版高齢社会白書」 を見てみよう。

まず65歳以上の者のいる世帯は全世帯の約半分。
                    ☟
2016年現在、 全世帯(4994万5千世帯)のうち、 65歳以上の世帯数は2416万5千世帯と、 48.4%を占めている。

                  * *

では、 65歳以上の独居生活者はどうか。

男女ともに顕著な増加傾向にある。

昭和55(1980)年の独居:
男性 約19万人 + 女性 約69万人 = 88万人。
           ↓
平成27(2015)年の独居:
男性 約192万人 + 女性約 400万人 = 593万人。

1980年 → 2015年では、 約6.7倍の増加。
               (88 x 6.7 ≒ 593万人)


65歳以上の老人は、 人口のどの位を占 めているか?
その割合は、

         (男性)   (女性)
 1980年: 4.3%    11.2%
 2000年: 8.0%    17.9%
 2015年: 13.3%    21.1%

 2030    18%     24% (予測)
 2040     21%    25%

ということで約20年後には、 全人口の2割以上が独居の爺さんということになろう。

DSCN5384.JPG


一人暮らしというのは全て、 自分でやらなきゃならない。
掃除、 洗濯、 食事に加え、 病気になっても1人で眠る。

元気ならいいが....ボケてオムツして、 寝たきりもあり得る。
ああー嫌だ、 どうしよう。

チェンマイでパートナーを見つけて同居する手もあろう。
20〜30歳年若なら女性は40代、 70代爺さんの面倒をみてくれるだろう(期待)。

そのためには、 金銭面で女性を助け、 やさしくしてあげることが
不可欠だと思う。

尚、 タイ人女性が言う男の ”やさしさ” とは、 男は全て女の言いなりになるということ。

主導権は男ではなく、 女が取ることを意味する。

                * * 

友人は男やもめ、 チェンマイで結婚相手を探していた。
知り合いのタイ人が候補の女性2人を紹介。

当時58歳の友人はどっちを選ぶか、ようく考えた。

1人は27歳の美人で子持ち、 加えて両親健在。
あとの1人は48歳で未婚(子供なし)、 両親は他界。

友人は48歳との結婚を決断 → 幸せな夫婦生活は6年続く。
彼は、 自分の老いていく将来像を描いていたのだ。


もう一人の知人は80歳過ぎに同居の女性に別れを告げ、 日本に帰った。
そして老人ホームに入居、 しかし全く馴染めず。

爺さんはまたチェンマイに戻って来た。
「老人ホームは地獄だ!」 と言って....

現在84歳、 別れたタイ人女性(50代後半)と縒(よ)りを戻し、 今しあわせに暮らしておられる。


ジジイも日本の老人用施設には入りたくない。
しかし老いて身体が弱れば、 誰かに頼らざるを得ない。

ならば不安もあるが、 チェンマイでパートナーを見つけて...

とにかくオンナの色香に迷わないこと。
それよりも、 堅実で家庭的な女性を見つけたいものだ。

   ********************


A 昨日(3月22日)の晩ご飯。

昨夜は豚のスキ焼を食べたくなって 「五郎」 へ行く。
夜7時半、 店に着いたら満席、 待たねばならない。

ならばスキ焼はまたの日にしようと、 別の処へと移動。
そのレストランが和食 「蔵や」、 「五郎」 の近くにある。

昨夜行った 「蔵や」 はお堀の北東角(外側)にある2号店。
              (地図はココ

店に入ると 「五郎」 とは逆、 客はジジイだけ。
静かな雰囲気でいい感じ。
    店内。
pict-P_20190322_193708_1蔵や (2).jpg



Beer Leo大瓶がプロモーション中で79バーツ。
               ☟
  pict-P_20190322_193708_1蔵や (4).jpg



  冷奴(69B)とマグロ握り(25B/個)を注文。
pict-P_20190322_193708_1蔵や (5).jpg



  チャーシュー(109バーツ)
pict-P_20190322_193708_1蔵や (3).jpg



     ランチメニューはお得かも・・・
  pict-P_20190322_193708_1蔵や (1).jpg


「五郎」 と 「蔵や」 は車で1分程度、 近くに位置する。
それがなぜ片方は満席で、 「蔵や」 の客はジジイ1人なのか。

そのジジイも、 仕方なく 「蔵や」 に入っただけ。
この辺りがレストラン経営の微妙なところか。

   *********************


B 協力・助け合い。

こんな話がある。
昔、 絶世の美女・美江が自分の性器・アナ子と喧嘩した。

美江が言う。
   pict-タイの美人.jpg

「私がモテるのは、 私が美しいからよ。
 お前は醜いから少しも役に立ってないわ!」


アナ子は反論する。
  pict-アナ子.jpg

「なに言ってんの!  男が口説いてくるのは私が目的よ」

美江:「男は、 私の顔を見ながら愛を告白するわ」

アナ子:「男の愛してるは、 私の中に入れたいってことよ!」

とまあ主張は平行線、 結局2人は別れることに.....


別れた結果、 2人のその後はどうなったか?

美江は、 男からチヤホヤされるけど性器がない。
なので、男は最終的に離れて行ってしまう。

一方のアナ子は、 「気持ち悪いな」 と男から邪険にされる。
そりゃそうだろう、 アナ子だけ見りゃあ臭いし醜い容貌だ。

pict-女性の性器を石膏.jpg
          ☝ どのアナ子もみなグロテスク。


散々な目にあった2人は、 再び一緒になって生きることを選択。
そして幸せに暮らし始めたという....めでたしめでたし。


人間には、 綺麗な面とグロテスクな面があり、 両方を併せ持つから魅力的といえる。

自分の特長を活かし、 お互いが助け合い、 協力することで世の中は上手くいく。

爺さんは経済的に恵まれない女性を援助する。
女性は数年後、 老衰する爺さんを介護する。

お互い持ちつ持たれつで....幸せになりましょう。


爺さんは....






彼女に逃げられないよう気を付けて...


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:40| Comment(11) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする