2019年03月28日

独居老人の生活1482(中古バイクの嫁ぎ先-2)



 本日は、 3月5日掲載 (#1459)の続編です。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1482
                         (中古バイクの嫁ぎ先-2)


 人間にとって成功とはいったいなんだろう。

 結局のところ、 自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、

 努力したかどうか、ではないだろうか。

                                         岡本太郎 (画家)


ジジイが18,500バーツで購入した中古バイクに寿命が来た。
どうやってもエンジンがかからず、 諦めて廃棄することに....

代替えのバイクは日本に引き揚げた平さん(仮名)からレンタル。
500バーツ/月と格安、 イイ友人を持つとこういう幸運がある。

そのレンタルバイクが先日2日続けてパンクしたが、 その後は順調、 毎日軽快に走っている。

最初のパンク時に依頼した修理屋が超いい加減だった。


一方、廃棄処分しようとした中古バイクは、 チェンマイ在住の裕福なNさんが買ってくれた。

ジジイが何気なく 「2,000バーツで売るよ」 と言ったら、 Nさんは即答でOK。

クズのバイクに手を施し、 立派に再生させるのがNさんの趣味。
いわば金持ちの道楽、 2,000バーツなど目じゃないのだろう。

「俺のレンタルバイクで牽引して行ってあげるよ」
とジジイは親切に言ったのだが、

「そんな危ないことできませんよ、 怖いこと言いますね」

で、Nさんは先月(2月)上旬、 ジジイのアパートにジャンクバイクを引き取りに来た。 それも何とトラックで...

pict-pict-P_20190203_112553ボロバイク666 (2).jpg
       ☝ ジジイのジャンクバイクとトラック。



バイクをどうやって荷台に載せるのか、 板切れも何もない。
2人がかりで前輪を持ちあげて....「ヨイショ!」

pict-pict-P_20190203_112553ボロバイク666 (3).jpg



   アレレ、 簡単に載せちゃったよ。
pict-pict-P_20190203_112553ボロバイク666 (1).jpg
                    ☝
      こうしてジジイが長年にわたり使用した愛車は、
      金持ちNさんにもらわれていった。

                  * *

そしてNさんと、 彼の友人・ヒロさんによる再生手術が始まった。
ヒロさんのバイク修理技術は玄人はだしだという。


   pict-1553723592871.jpg

ではNさんは何をしたか。
ヒロさんの助手、 加えて修理に約1か月半、 ジジイにその過程を実況中継してくれた。

「よくもまあ、 あんなボロバイクに乗ってましたね」

 「動けば乗るのが常識でしょうよ」 とジジイ。

「よくもここまでメチャメチャに放置しましたね」

   pict-1551349279193中古バイク解体 (1).jpg



「キャブレターの部品が劣化してます。
  スムースに加速できなかったでしょ?」

   pict-1551349279193中古バイク解体 (2).jpg


「高速でハイウエイーを走ってたら、 100%事故ってましたよ」

「何キロで走ってました?  
  え、40〜50q/h、 だから死ななかったんです」

「盲(めくら)蛇に怖じず....そのものです」

「オイル漏れがありますね」

「ベアリングが消えてなくなってますよ」

   pict-1552170296974解体 (2).jpg


「自動遠心クラッチシューが摩耗して使えない」

「前輪のブレーキパッドが割れてます」

「後輪は軸がズレてます」

「エンジン内部のパーツが2mmもすり減るとは....驚愕です」

   pict-1552170296974解体 (3).jpg


「前輪のタイヤにひび割れ、 バースト一歩手前でしたよ」

「工具がないので、 街の修理屋で借りたりもしました」

   pict-1552170296974解体 (1).jpg


気の毒に...と思ったジジイが 「修理、 手伝うよ」 と申し出る。
しかしどういう訳か、 体よく断られた。


色々言いながらも、 Nさんとヒロさんの表情は活き活きと輝く。

毎日やることが何もない彼らにとって、 毎日が挑戦、 目標に向かって突き進む。

老い先短い彼らに夢が....生きがいができたのである。

そう考えれば、 2千バーツのジャンクバイクは200万バーツの価値あり..と言っていい。

                * *

とまあ、 欠陥が出るは出るはのジャンクバイク。
「マトモだったのは後輪タイヤだけですね」

そりゃそうだろう、 数ヵ月前に取り替えたばかりだから。

そういうことでパーツの交換という問題に直面、 再生可能?
チェンマイ市内の部品屋を探し回り、 時間を食われる。

部品屋に通った回数が何と7回。
結局、 部品購入だけで6,000バーツを支払った由。

詳しくはメカニシャン・ヒロさんのhomepageをどうぞ!
              ☟        
https://hirocustom2019.jimdofree.com/

その中に、 ヒロさん作成のyoutube掲載が幾つかあり。
最初の1つだけでも、 ここでご覧なってください。
                ☟        (1分26秒)
https://www.youtube.com/watch?v=3jYVqmoKQ0E&feature=youtu.be

                * *

ジジイの中古バイクが嫁入りしてから約1ヵ月半後、 ようやくバイクが動いたという報せあり。

3月19日、 まず切れていた税金納入や保険の手続き....
               ☟
   pict-1552964007870ボロバイク (1).jpg
      ☝ 左が生まれ変わったジャンクバイク。
         (民間の検査場で)

ところがクラッチ箇所でまた問題発生。
再チェックが必要となる。

で、3月22日、 完全に蘇ったとの連絡。
「ドイ・ステープ山にも登れます、 80キロで走れます」

彼らの夢が叶った瞬間である。
ジジイはあのバイクでの山登りも80キロ走行も、 1度もやったことがない。

そしてめでたく、 名義変更と相成った次第。
Nさんがジジイに言う。

「元所有者(seller)も一緒に行って戴きたい、
 その方がスムースに事(手続き)が運びますので...」

ジジイも陸運局に出向くことになるのだが、 出かける前にNさんが ”ギョッ” とすることを言い出した。

それは何かって?








ギョッと言っても魚のことじゃない。   (続きは次回にて....)


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:37| Comment(4) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

独居老人の生活1481(何でも有りの世界)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1481(何でも有りの世界)


力足らざれば偽り、 知足らざれば欺き、 財足らざれば盗む。

                                     荘子 (中国の思想家)


@ これが人種差別?

イギリス在住のパキスタン系英国人男性(35歳)が激怒、 メディアなどに不満をぶつけた。

pict-EasyJet passenger’s anger.jpg

この男性は今月、 モロッコから英国に帰るため、 英国のLCC会社 「イージージェット」 に搭乗。

離陸して2時間ほど経過後トイレに入る。 問題はここで発生。
男性はトイレに15分以上もずっと入っていたのだ。

他の乗客が客室乗務員(CA)に苦情を言ったのかもしれない。
不審に思ったCA(男性)はドアをノック。

男性は 「すぐ出ます、 ちょっと待って」 とドア越しに答えた由。
しかしCAにはその声が聞こえなかったようだ。

すぐに外側からロックを解除しドアを開けた。
この時、 男性はズボンを下ろし、 便座に座った状態。

便秘だったのか、 センズリでもかいていたのか。
自分の尊厳が台無しにされたと感じた男性は怒り心頭。

しかし、 ジジイには理解しがたいことを男は言う。

「他の乗客にはまずこんなことはしないでしょう。
 私の肌の色を見て、イスラム教徒に対する偏見で差別」

だがこの問題は差別とは関係ないように思う。

CAは、 安全対策ルールに従って対処したまで。
トイレの中に限らず、 人種に関係なく乗客の安全確認は常識。

トイレ内で、 もし何かの病気で倒れていたら大変ではないか。
それこそドアを開けなかったら、 航空会社を非難するだろう。

この件でイージージェット側は男性に謝罪し、お詫びとして500ポンド(約74,000円)を提示。 しかし男性は拒否したとか。


ジジイなら喜んで受け取り、 あとは黙っていると思う。
病気でもないのに15分以上もトイレに籠っていたわけで、 これが世間にバレたら恥ずかしい。

便秘は病気だが、 機内で長時間ウンウンきばったりはしない。

ま、男性が立腹する気持ちは分かる。
しかし便秘を人種差別に結び付けることもあるまいに....


昔、 映画(1974年) 「エマニエル夫人」 が世界で大ヒット。
            ☟
   pict-エマニエル夫人 (1974).jpg


エマニエルも機内のトイレに籠ってしまう。

しかしウンコじゃない、 彼女は乗客の男とSEXしたのだ。
アッフーンとヤッてる時、 もしトイレのドアを開けられたら.....

驚いたエマニエル夫人が思わず言う、

 「あ〜ら、 見てたのねぇ〜」

昔懐かしい 「エマニエル夫人」 です。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=cKGnw4LkZFE

   **********************


A 女は何でも盗む。

トルコのトプカピ宮殿博物館を狙ったのが女盗賊とその仲間。

   pict-トプカピ.jpg
    ☝ 主役メリナ・メルクーリが女泥棒。


しかしチェンマイの女泥棒には仲間なし、 単独の犯行だった。
狙ったところは博物館ならぬ大学の中。

3月9日の夜、 チェンマイ・ラチャパット大学が盗難にあう。

学長のオフィスほか10部屋が荒らされていた。
そして合計約20万バーツが盗まれる。


話は脱線するが、 ジジイの友人はサンサイ(チェンマイ郊外)の
1軒家にタイ人奥さんと居住。

その友人の隣家が泥棒に入られた。
侵入手口を聞いてこんなやり方もある...プロは凄いと感心。

それは屋根に上り、 瓦を剥がし、 屋根板を破って侵入するというもの。

夫婦で熱戦、 正常位の真っ最中に、 突然上から泥棒が現れたらビックリ仰天、 奥さんは膣痙攣(けいれん)を起こすだろう。

                 * *

話は戻って、 昨日(3月25日)、 警察は犯人逮捕を発表。
容疑者は32歳の女で犯行を認める。

pict-University Robber.jpg


犯行の前日午後5時頃、 現場周辺を下調べ。
そして翌日、 人気がなくなる夜9時頃、 ハンマーで窓を破って侵入、 夜明け前に逃走した。

自白によれば、 女の窃盗は過去5年で50回にも及ぶ由。
各大学...チェンライ、 パヤオ、 ランパーンなどでも犯行。

3月、チェンマイ大学、 メージョー大学からも同様の被害届けあり。
女によれば、 他に比べ大学のセキュリティがゆるいとか。

犯行動機を知ってジジイは 「え〜!」。
女は2人の子供を育てている。

一方で女はギャンブル狂(依存症)。
これまでに盗んだカネは200万バーツ、 そのカネはギャンブルに消えたろう。


こんな女がチェンマイにいる、 気をつけなきゃ.....
写真では女の器量のほどは分からないがまだ32歳、 並み以上なら怖い。

付き合うだけならまだしも、 恋人やパートナーとなれば一大事。
爺さんの車、 財布、 預金、 貸金庫、 ある物ぜ〜んぶ持って行かれる。

こんなお人好しの爺さん、 ジジイの知人・友人にもいる。

しかしこうなる前に、 とっくに盗まれてるものがあるんだよね。

何かって?









     pict-pict-pict-ハートの切れ.jpg
  pict-ハート.jpg


 ハートを盗む恋泥棒。   (若い女にゃのぼせるもんです)


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:45| Comment(0) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

独居老人の生活1480(あの子探して三千里:チェンマイカラオケ店巡り)


   本ブログは下品で低劣な内容です。 
    紳士・淑女および18歳未満の方は、お読みにならないでください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1480(あの子探して三千里)


 人生というのは短く、 そして悲しいものだ。

 なぜなら、 最初から最後まで

 欲望を追いかけるだけで終わってしまう。
             
                           ラ・ブリュイエール (フランスのモラリスト)


そう、 情欲を追いかけて、 昨夜(3月24日)はチェンマイのカラオケ店に行く。

場所はチェンマイ・プラザホテル界隈。 
(地図はココ、  Street Viewはココをクリック)

ホテル前にある 「7-11」 で夜7時、 友人2人と待ち合わせ。

待っている間に、 すぐ近くの 「ナミキ」 から日本人爺さん2人が
出てきた。

タイ人ガイドが同行、 彼らの表情・雰囲気から察するに、 女の子の連れ出しは不調に終わったようだ。

7時半、 友人のTさん(64)が遅れて到着。


@ ナミキ。

3人揃ったところでさあ出発、 まずは 「ナミキ」 へ行く。

店に入ると、 女性15、6人が我々の前に立ち並ぶ。
友人たちは若い子(20代)を求めている。

この日は選挙の投票日、 若い子は郷里に帰っているのか見当たらず。

これじゃあしょうがない、 無理せずに諦めて引き上げる。
で、ナミキの並びにある 「ミユキ」 へと移動。


A ミユキ。

ここも同様に、 ソファに座る我々の前に女性10人程が勢揃い。
その中に、 ジジイが2年ほど前に連れ出した女の子いた。

その子はまだ30歳前のはず、 以前はナミキで働いていた。
並んだ女性のうち3名が泊りOK、 あとは2時間の連れ出しのみ。

友人2名、 「ミユキ」 でも好みの女性がおらず....ダメ。
それは当然かも....若い子がいないのだ。

がっかりの表情を浮かべる女性を後にして外に出る。
そして次に向かったのが、 ミユキの斜め前方にある 「サクラ」。


B サクラ。

「サクラ」 の店頭には女の子2人が座っていた。
「これだけしかいないの?」 とママさんに訊く。

pict-P_20190324_194751.jpg
 ☝ 大スクリーンを見て唄う。 舞台に上がって唄うも良し。


促されて店内に....女の子4人が我々の前に現れた。

ここでTさんが、 同行の 「Yさん(66)の好みでなければ...」 と
言いながら1人(28歳)を指名。
    
好みの子がいなかったYさん(66)は他を探しに店を後にする。
で、残ったTさん(64)とジジイはサクラでカラオケ → 唄う。

ジジイも指名、 訊いたら28歳、 ジジイが片言のタイ語を喋ると
驚き、 喜んでくれた。

尚、 女の子は2人とも、 日本語も英語もダメ。
ママさんは日本語堪能、 交渉は問題なし。

pict-P_20190324_194741_1.jpg
           ☝ Tさんと指名した女性。


「サクラ」 の料金は、 カラオケ1時間:860バーツ。
これにはビール小瓶と女の子のドリンクが含まれている。

連れ出し料は、 2時間で2,100バーツ。
お泊り料金は、 確認(訊くの)を忘れてしまった。

Tさんは女性を連れ出し、 ツクツクでホテルに向かう。
下戸のTさんもKさんにしても、 オンナだけが息抜きなのだ。

(注) 入店の際には、 必ず料金のご確認をお願いします。
    ジジイたちも、 詳しく値段を訊いてから席に着きました。

               * *

一方のYさんには好みの女性がおらず、 3軒目も不調に終わる。
彼が求めるのは、 女子大生で、 長いディープキスOKの女の子。

昨夜は女子大生はおろか、 20代前半の子さえ見つからず。
Yさんの条件はかなり厳しいのかも....

彼は昨年、 あるクラブで ”連れ出しダメ” の22歳の女性に惚れて数回通う。
そして1発5千バーツのオファーを試みたが、 体よく断られた。


TさんYさんはともにチェンマイのリピーター観光客で、 当地には
2〜3週間の滞在。

2人の共通点は今も現役(で働き)、 下戸、 スケベということ。
Tさんは今回、 既に1人の女性と性交済み。

                * *

ジジイは残念ながら連れ出しせず、 飲んだら起たないから。
付いたホステスに200バーツのチップを渡し、 1人で自宅へ.....

女の子は食べられないが、 これならOK。
寂しい一人の晩ご飯。

  pict-P_20190324_204402.jpg
        ☝ 冷凍食品のスパゲティ。


では最後に、 Yさんのレパトリー曲です。

  はるばるきたぜ  チェンマイへ ♬
  ときめく胸を  奮い起て

  次も会うよと  云いながら
  ヤラせてもらえず  泣いてた俺を

  思い出すたび  口惜しくて
  とても我慢が できなかったよ ♬
             ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Jg9q98h4v44


ということで今度こそ、 女子大生とヤってくださいな。
(なんで女子大生がいいのか、 よく分かりません)


でも 1発5千バーツじゃなあ.....







 5万バーツならヤレるかも....


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:49| Comment(9) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする