2019年02月18日

独居老人の生活1442(コブラ・ゴールド2019タイ:前編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1442(コブラ・ゴールド2019)


  日本の軍事訓練は厳しすぎた。
  何度か自殺を考えるほどだった。

  しかしラングーンが落ちた時、
  我々は間違っていなかった事を確信した。

                         アウン・サン (ビルマの独立運動家、 スーチーの父)


次の ”とんち相撲” は本ブログ#224(2015年4月)に掲載。

*日本航空 対 トルコ航空

pict-9d2dddc8-s.jpg
           人差し指サイン JAL


pict-aa8d5e81-s.jpg
          人差し指サイン トルコ航空



すくい出しでトルコ航空の勝ち。

1985年3月のイラン・イラク戦争時、イラク軍によるイランの首都テヘランに対する空爆が始まる寸前。

テヘランの在留邦人はイラン出国が出来ず危機一髪の状況。

2機のトルコ航空機が日本人救援の為テヘランへ。
215人の在留邦人を乗せてトルコ領空に入ったのはタイムリミット直前のこと。


加えて上記湾岸戦争勃発(1991年)前、サダム・フセインによってイラクからの出国を差し止められ、 事実上の人質となっていた在留邦人が居た。

この救出の為にチャーター便を出し、多くの日本人を助けたのも
トルコ航空である。


翻(ひるがえ)って我が日本。

日本航空は、チャーター機の派遣は労働組合の反対、即ち組合員の安全が保障されない事を理由に政府の要請を拒絶。

一方自衛隊機の派遣は、 当時の社会党や左派市民運動家の「自衛隊を海外に出す事は侵略戦争につながる」 というバカ主張による反対で不可能。

加えて、自衛隊に対する海外在留邦人の緊急脱出を対象とした
活動規定(法律)が無かった。


当時のテヘランやバクダットの在留日本人は、あっさり日本政府から見捨てられた。
チェンマイ在住の我々だって明日は我が身かも?

                 * *

しかし時代が変わったか、 政府は海外在留者を見捨てずに救出するようだ。

自衛隊は今年も多国間共同訓練 「コブラ・ゴールド(Cobra Gold)」 に参加、 2005年から参加しており今回で15回目。

で、 陸海空3自衛隊は2019年1月14日(月)から2月23日(土)までタイに集結。

目的は、 自衛隊の海賊対処行動、 国際平和共同対処事態における協力支援活動等、 在外邦人等保護措置、 国際平和協力業務及び国際緊急援助活動に係る統合運用能力の維持・向上を図り、 参加各国との相互理解の増進及び信頼関係の強化を図る。

コブラ・ゴールド2019の詳細は下記をクリック。
                  ☟
;"> http://www.mod.go.jp/js/Press/press2019/press_pdf/p20190111_01.pdf

                 * *

チェンマイ在留日本人が参加・協力したのは航空自衛隊による在外邦人等保護措置、 つまり海外日本人の救出作戦だ。

ということで、 真っ先に助けて欲しいジジイは昨日(2月17日)午前7時半、 チェンマイ日本総領事館に出向いた次第。

pict-DSCN5131.jpg
       ☝ チェンマイ日本総領事館前の駐車場。


年齢、 性別、 認知症等に関係なく、 日本人なら飛行機で助け出してくれる由。

参加した日本人40数名は7時35分、 ミニバスに乗りチェンマイ空港・タイ空軍基地に向け出発。

領事館からは3名の職員、 JAICAから4名、 バンコクの日本大使館から1名も参集。


  ここがチェンマイ空軍基地の入り口(ロビー)。
pict-DSCN5133.jpg
          ☝ 指示を受ける避難民の日本人。



  偉い方4名(軍人)の写真が飾られたいた。
pict-DSCN5132.jpg
                   ☝
すると 「ここから自衛隊飛行機に搭乗するまでは撮影禁止です」


タイ人係官からセキュリティチェックを受けた後、 我々避難民は待機する自衛隊輸送機C130に乗り込んだ。

飛行機の中は撮影自由、 物珍しさもあって避難民はスマホを取り出しパチリパチリ。

では輸送機C130の内部の模様を写真でご見物ください。

pict-DSCN5134.jpg
                  ☝
  座席指定なし、 ファーストクラスなし、各自自由に座る。



pict-P_20190217_082010.jpg
  ☝ シートベルトの締め方を1人1人に手ほどきする隊員。



  ジジイもしっかり締めました。
pict-P_20190217_082145.jpg



pict-P_20190217_092956.jpg



    飛行機の天井部。
  pict-DSCN5136.jpg



  これはモップかな(飛行機側面内部)
pict-DSCN5139.jpg



   足並み揃えてマナーよく座ってます。
  pict-P_20190217_085658.jpg



チェンマイを離陸して約45分、 ピッサヌローク空港に到着。
                   ☟
pict-P_20190217_093040_1.jpg



  降りるための階段なし、 タラップはこんな感じ。
pict-P_20190217_093133.jpg



  避難民の皆さんは静かに順序よく・・
pict-P_20190217_093124.jpg



   全員地上に降り立ちました。
pict-P_20190217_093157.jpg



  これが自衛隊輸送機C130。
pict-DSCN5142.jpg



  操縦席の窓が開くなんて初めて知った。
pict-DSCN5152.jpg
           ☝ 窓拭きをする自衛隊員。


C130は愛知県小牧から飛んで来たという。
隊員にジジイが訊いた。

「自衛隊輸送機は現在、 日本には何機あるんですか?」

「それはちょっとお答えできないです.....」 と自衛官。

軍事機密なの? 
まさかこれ1機ってことじゃないだろうな。


我々を迎えてくれたのが避難訓練を指示する若い隊員。
この方がジャニーズ系のイケメン、 転職をお勧めしたい。
                ☟
pict-DSCN5148.jpg



  年寄りはみな頻尿、 トイレへ・・
pict-DSCN5147.jpg
     ☝ ジジイは空港ビル内のトイレでオシッコ。




ピッサヌローク空港に待機していたミニバスに乗り込む。
  ここからレストランに移動。
pict-DSCN5156.jpg
     ☝ 窓にはシール、 「Cobra Gold2019, JAPAN」

ジジイは思った。
なぜコブラなの?  「青大将黄金」 でいいじゃないか。

日本だけじゃなく外国と合同で訓練、 青大将では通じないとか。


3分ほどの乗車でレストランに到着。
ランチ前に、 ここでイケメン隊員から訓練役割の指示が出る。
                   ☟
pict-DSCN5157.jpg


我々避難民には各種ミッションが与えられるのだ。
アレレ、 ここからが避難訓練のスタートとかい?

チェンマイ脱出で救出作戦は終わりと思ってたらとんでもない。
航空自衛隊 「コブラ・ゴールド」 の幕が切って落とされた。


衆議院議員の偉い先生、 有名歌舞伎俳優、 アメリカ Air Force、 米人避難民も登場して真剣且つ賑やかな訓練だ。


で、 どんなことやるって?







それは次回に......続きます。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:03| Comment(2) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

独居老人の生活1441(健康保険法などの改正案)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1441(健康保険法改正案)


  行動するときには規則に従い、

  裁くときには例外を斟酌せねばならない。
                                          ジューベル  「パンセ」


@ 国際バルーンフェスタ2019。

pict-1550277573658.jpg


今、 チェンライのシンハー公園でバルーン祭りが催されている。
アセアンに幾つかあるメジャーなバルーンコンテストの1つだ。

様々な国から30以上のバルーンが参加、 開催は17日(日)まで。 

ではその模様を写真でご覧ください。 (以下Bangkok Postより)
                  ☟
pict-Balloon Fiesta 2019 in Chiang Rai2.jpg



pict-Balloon Fiesta 2019 in Chiang Rai.jpg



pict-Balloon Fiesta 2019 in Chiang Rai3.jpg



pict-Balloon Fiesta 2019 in Chiang Rai4.jpg



pict-Balloon Fiesta 2019 in Chiang Rai5.jpg

楽しいお祭り、 屋台も出て、 コンサートもある。
タイ人の奥さまやお子様連れに最高、 家族サービスにどうぞ!

                  * *


A 健康保険法などの改正案。

政府は2月15日、 健康保険が適用される扶養家族の要件として 「国内居住」 を追加する健康保険法などの改正案を閣議決定した。

外国人労働者の受け入れ拡大が4月から始まることを受け、 医療保険の不正利用防止を強化。

今国会で成立させた上で、 2020年4月の施行を目指す。

現在の健康保険には国内居住要件がなく、 海外に住む扶養親族も利用できる。

治療費用が高額な場合に自己負担額に上限がある 「高額療養費制度」 なども利用可能。

だが海外では血縁関係や扶養実態の確認が難しく、 不正利用されているとか。

朝日新聞の記事では、 国籍は問わず、日本人にも適用される由。

  pict-健保の利用、日本居住者に限定.jpg


また改正案では、 厚生年金加入者の配偶者(年収130万円未満)が保険料負担なしで年金を受け取れる 「第3号被保険者制度」 についても、 国内居住が新たに要件となる。 


健保と同様、 日本人にも適用されるかも.....
もしされたとしても、 対象は現在厚生年金に加入している人。

既に年金を受給している爺さんには関係ない話。
ただ心配になるのは加給年金。

65歳未満で結婚すれば、 今なら貰えるがさてどうか。
昭和18年4月2日以降に誕生の妻なら389,800円/年の受給だが...

ジジイは、 加給年金は受給できると思う。
加えて1番心配になる遺族年金についても同じ。

例えばタイ赴任のため、 夫婦(共に日本人)でタイに30年生活。
厚生年金は日本で加入しており、 ずっと払ってきた。

夫の定年後も日本に帰らず、 タイ居住を続ける。

国内居住が要件になるとこんな場合、 夫が死んでもタイで暮らす奥さんには(遺族年金が)支給されなくなる。 

国籍問わずということはそういうこと。
こんなバカな話ってあるものか!

遺族年金受給の資格はとっくに発生しているのだ。

では、 既に年金を受給している爺さんがタイ人と結婚し、 夫婦ともにタイに住んでいる場合だ。

これも受給OKだと思う。
同じく、 既に遺族年金受給の資格を有しているから。


今回改正案の年金に関して言及されているは 「第3号被保険者制度」 である。

例えば40歳の夫が会社勤務(日本)で年金を払っていても、 妻が海外居住なら(国籍を問わず)、 妻への年金は支給せず..ということだろう。

あくまでジジイの解釈なので絶対に正しいとは言えない。
しかし我々は加給年金も遺族年金にしても、 既に要件を満たしている。
その上で年金を受給しているわけで、 その資格を剥奪するようなことはあってはならない。

                 * *

B 昨日の晩ご飯。

昨日(15日)は魚を食いに行く。
店名不明、 地図はココをクリック。

pict-P_20190129_190953魚レストラン (2).jpg



   店内。
pict-P_20190129_190953魚レストラン (3).jpg



  イカの炒めもの:100バーツ。
pict-P_20190129_190953魚レストラン (1).jpg



   魚の頭入りライススープ:80バーツ。
pict-P_20190129_190953魚レストラン (4).jpg
   ☝ Beer Chang大瓶は70B(75Bかも)だったと記憶。


1日1食は魚介類を食べたいジジイにとってはありがたい店だ。
尚、 営業は午後5時から。


チェンライのバルーンフェスティバル、 ジジイも行きたいなあ。

夜も賑やかそう、 1泊して飲みながらのんびりと......







 でも、 1人じゃあ....


チェンマイって ホントいいですね!



 
posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:23| Comment(4) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月15日

独居老人の生活1440(愛の架け橋)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1440(愛の架け橋)


 恋愛はただ 性欲の詩的表現をうけたものである。

                                         芥川龍之介 (作家)

@ チェンマイ・イミグレの業務時間。

読者の方から次のコメントを頂戴した。

「イミグレの業務時間がいつの間にか 8:30〜16:30になって
  しまいました」
pict-Chiang Mai Immigration Office.jpg
       ☝ 現在のチェンマイ・イミグレオフィス。


2018年10月30日のイミグレ告知では、 朝6時〜夜8時だった。

ならば実際にはどうか、 確認のためジジイの友人が昨日(2019年2月14日)、 イミグレに出向いてみた。

友人のイミグレ到着は朝7時15分、 イミグレのゲートは開かれており、 受付(Information)カウンターへ行く。

既に受け付け中、 係員も数人が出勤。
申請・手続きなどの業務も始まっていた由。

                 * *

同じ友人は14日午後に再度イミグレに行く。
彼は午後3時40分に事務所に入る。

事務所内の待合席に座って待っていたのは約20人。
Information(受付)には係官がいたが、 並んでいる人はゼロ。

このあと何人を受け付けるかは不明。
例えば90日通知ならOKでも、 1年ビザなら 「本日は終了」 と言われるかもしれない。

                 * *

では早朝何時から受付を始めるのか、 今朝(2月15日) このジジイがイミグレに行ってみた。

ジジイは朝6時10分にイミグレ到着。
ゲートも事務所も開いており、 事務所内に入ると10人が待合席で待っていた。

pict-DSCN5120イミグレ.jpg
            ☝ 今朝6時10分のイミグレ。


しかしイミグレ職員は1人だけが出勤、 カウンター内は電灯が消えている。
当然、受付け業務は始まっていない。 (7時にスタートかな?)

ジジイは6時15分にイミグレを後にした。
ということで、 業務時間は朝6時〜夜8時ではなさそうだ。

それにしても、 朝6時10分で待ち人10人というのは少ない感じ。
かってはもっと並んでいたように記憶する。

皆さまで何か情報がございましたら教えてください。

                 * *

A EVPAD。

日本のテレビ番組が全て同時に視聴できるというEVPADだったが、 昨年12月からチャンネル数が26局ほどに限定されている。

で、読者(匿名)の方から次のようなコメントを頂戴した。
                   ☟
『自分もチャンネル数が大きく減少し大変困っています。

よろしければ、 EVPAD社にユーザー向けアフターサービス専用アカウント(https://www.facebook.com/evpadaftersale/)があるので、 日本のチャンネル数が元通りになるよう要望していただけると幸いです。

自分は既に要望しております。
要望人数が多くなれば元通りになる可能性が上がるかも.....』


チャンネル数減少の原因が何なのか、 ジジイには分からない。
しかし購入した時点からサービス(番組数)内容が悪化した。

クレームの1つでもつけたくなるのは当然。
EVPADのアフターサービスサイトをご利用戴ければと思います。

                 * *

同時にEVPADでのアダルト視聴のやり方を教えてくださった。
ジジイは実際に試していないが、 参考までに.....
                  ☟
『ショッピングセンター → EVPAD App Store →  Search → 
「1111」 と入力して検索 → 右に 『秘密直播』 というアプリが出てくるのでインストール → あなたの好きなパスワードを入力。

これで見れるはずです。
次回以降は初回に決めたパスワードを入力してください』

 (追記)
1111を入力すると2個アプリが出てくるので桃色天堂もインストールしてください。  両方アダルトです。

アダルトビデオがお好きな方、 お試しくださいませ。

                  * *

B 選挙があるの?

今朝、 チェンマイ金曜朝市に出かけた。
中に入るとプラカードを掲げ、 マイクで訴える人たちが....

pict-DSCN5122.jpg
  ☝ 白いポロシャツの背には、 「Democrat Party」 の文字。



   手渡された小さなパンフレット。
pict-DSCN5125.jpg
     ☝ 左端の男性はアピシット元首相とか。
       ジジイは現在のチェンマイ市長と勘違い。


タイ語がダメのジジイには何のことやら、 選挙のようだが....
タイでも若い女性を動員するのかね。

                 * *

C バレンタインデーのイベント。

ドイサケット当局はイベントを開催、 それも結婚式だ。

  場所はメークワンダム湖。 (地図はココ
pict-メイクワンダム湖2.jpg


その湖に架かる橋が 「Love Bridge」 (愛の架け橋か)と呼ばれ、 カップルを結び付けるシンボルなんだとか。

当日はLove Bridgeで17のカップルが結婚式、 チェンマイ県副知事やドイサケットのトップも出席した。
                   ☟
pict-ove bridge.jpg
     ☝ この日の夜、 2人は激しく燃えて愛の再確認。


バレンタインデーに結婚すれば、 結婚記念日を生涯忘れない。

ジジイの結婚式は11月、 しかし何日だったかは忘却の彼方。
但し妻の名前だけは今でもしっかり覚えている。


湖には吊り橋があるが、 それが 「Love Bridge」 だろう。
                   ☟
pict-DSCN5126.jpg



pict-DSCN5128.jpg


その日はバレンタインデー、

ジジイがその橋の上に立っていると、 どこからともなく若い美女が現れて....

そう、 ロマンが生まれる瞬間だ。

彼女は恥ずかしそうに.......ジジイに囁く。



「2時間 2,000バーツ、 お泊りなら3,000バーツよ」

これでは 「Love Bridge」 の名を変えねばならぬ。







「Make Love, Bridge」 (SEXする橋)   オマンチック!


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:27| Comment(12) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする