2019年01月26日

独居老人の生活1422(金は天下を回らない)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1422(金は天下を回らない)


 お金って、
 欲しいなって思うと逃げていっちゃうと思うんだよね。

 追ってはいけないものですよ。
                                      阿部寛 (俳優)


そう、 カネもオンナも追ってはダメ、 逃げていっちゃうから。

でも待ってても来ないんだよね。

                                   チェンマイの独居老人 (暇人)


@ チェンマイ・メージョーで偽札出回る。

1月24日、 被害者がFacebookに投稿、 事件を明らかにした。

メージョー(チェンマイ中心部から車で約20分)の市場で食料品を買った後、 50バーツと100バーツの偽札を受け取ったという。

警察が捜査中、 偽札は小額の紙幣で最近製造されたものとか。
偽札だと見分けるのは難しいという。


ジジイはいつもお札の数字しか見ないから、 どれが本物で何が偽札かなど全く分からない。

もし偽札を掴まされたとしても、 普通に使ってしまうだろう。
その時お店から 「これ偽札!」 と警察に通報されたら困るなあ。

タイ語がダメだから言い訳もできないし.....

                * *

A プロが稼ぐお金。

大リーグ(米国)は景気がいいという。
放映権などもあって、 2016年の総売り上げ約95億ドルと日本円で1兆円を超える。

日本のプロ野球の総売り上げは、 全体で1550億円前後、 米国の規模の大きさにビックリ。


マリナーズのイチローは今季も契約した。

今年3月20日、 21日の2日間、 アスレチックスとの開幕戦が東京ドームで行われるが、 イチローの出場は既定路線という。

イチローは45歳、 日米を通じて28年目のシーズンを迎えるというからすごい。

pict-itiro.jpg


イチローの今季年俸は (A)75万ドル + 出来高とか。
しかし実収入はもっとある。

イチローは2008年にマ軍と5年総額9千万ドルで契約。
その際、 6千万ドルを年俸(1200万ドルx5年)とした。

で、残る3千万ドルは年5%の利息を付け、 2013年から2032年までの20年間の分割払いにする契約内容だった。

つまり、 年間150万ドルと年利5%の (B) 合計157万5千ドル
(約1億7千万円)を40歳から59歳まで受け取る契約だ。

なので今季手にする金額は、少なくとも (A) + (B) =232万5千ドル(約2億5500万円)になるわけだ。

イチローはこれまで、 大リーグの年俸だけで1億6千万ドル以上を稼ぎ出している。

おまけにメジャーには年金がある。
メジャーに10年以上在籍すれば満額の21万ドル(約2300万円)を受給。

過去、 日本選手でクリアしたのはイチローのほか、 野茂英雄、
大家友和、 松井秀喜だけ。

60歳から終身、 我らの年金受給額とは桁が違うのだ。
しかしメジャーに上がれなかった選手は厳しい生活に....

ジジイがイチローなら、 愛人を10人くらい作り、 チェンマイで悠々助平で暮らすのだが....    (source : 産経新聞)

                  * *

一方で、 落ち目のプロスポーツがある。
それは競輪、 大リーグと比べ、 選手の稼ぎも違う=低額だ。

pict-競輪.jpg


全国の競輪場(運営)の廃止は数多い。
花月園(神奈川)、 琵琶湖、 一宮、 甲子園、 西宮、 観音寺等。

落ち目だから選手の数も大幅減少。
2008年2月時点で3,531人が、 2018年12月31日時点で2,330人(うち女子123人)に...(34%減)。

2018年の全選手2,330人の平均取得額を見てみよう。
1選手あたり990万円/年を稼いでいる。

これって会社員でも課長レベルかな。
では競輪選手(男子)のトップクラスはどのくらい稼ぐのか?

最上位はS級S班の9人で、 平均1億824万円/年。
最下位はというと、 A級3班では平均589万円/年。(2018年)

プロの世界はどこも厳しく、 上下間の格差はすごい。
ちなみに女子は選手数が少ないこともあり平均638万円/年。

2018年の1年間で、 1億円以上を獲得した選手が4人(うち2憶円以上が1人)。

2億円以上を稼いだ選手は、 「競輪グランプリ」 の覇者である。
グランプリ賞金は1億170万円、 計2億5531万円/年を獲得。


では最低クラスの賞金はどのくらいか?
初日予選7着で 32000円 +(出走手当30000円)。

同じ競輪選手でも、 片や1レースで1億円獲得、 片や同32000円しか貰えないってことが生じる。


競輪選手は20年以上選手を務め上げれば、 引退する際に約2,000万円の退職金が貰える。

またそれとは別に、 獲得賞金の一部を原資とした年間約120万円の年金を15年間受給する。

大リーガーの年金は終身で2300万円、 競輪選手は15年間の120万円。
月に直すと受給額は192万円と10万円、 これって落ち目の競輪だからなの?


但し競輪選手にもイイところはある。
それは故障なくやれば選手寿命が長いこと。

過去には68歳の競輪選手がレースに出走したこともあるほど。
2018年7月での現役最年長選手は、1955年生まれの63歳。

63歳と20歳の選手が同じレースで戦うことがあるわけだ。

ちなみに2018年賞金獲得ランキングでは、 1位と2位が20代。
注目は5位の村上義弘選手で44歳、 約8800万円を稼いだ。

              * *

チェンマイで暮らす邦人爺さんの年収だが、 1千万円を超える人は少ないはず。

ほとんどが年金生活者、 240万円/年前後が多いのでは?

チェンマイで羽振りがいいのは、
@ 自営で元社長さん。
A 日本でマンションなどを経営、 家賃収入などある資産家。

B 親の遺産をたっぷり手にした爺さんもカネがある。
C 日本の土地・家屋を売却し、 そのカネを手にしてチェンマイに
  来た人も懐が温かい。

D 独身で預貯金多額、年金も300万円/年ある爺さんも豊かだ。
  日本に不動産があれば益々余裕あり。

経済的に恵まれないタイ人女性の幸運は、 上記のような金持ちの爺さんと出会うことにある。


あああああー オンナかぁ.....

間違っても...







このジジイとは巡り会わないように....


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:03| Comment(2) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする