2018年12月28日

独居老人の生活1394(絶景、 世界の橋)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1394(絶景、 世界の橋)


   竹の橋を叩いて渡る。

   だけど、 叩くと壊れるからそっと.....


ファーウェイの日本法人が12月27日、 全国紙5紙の朝刊に、「日本の皆様へ」と題する意見広告を掲載した。

pict-紙面に掲載されたファーウェイ.jpg


12月初旬、 孟晩舟副会長のカナダ逮捕はご存知の通り。
日本も米国に追随、 政府調達や大手通信会社から 「排除」 する動きがある。

で、 次のような文面でユーザーの懸念を吹っ飛ばそうと目論んだようだ。

「ファーウェイにとってサイバーセキュリティとプライバシー保護への取り組みは最重要事項であり、 自社の商業的利益をこれに優先させることは決してありません」

メディアによる 「製品を分解したところ、 ハードウェアに余計なものが見つかった」 との報道を事実無根と否定。

加えて、 ファーウエイの日本企業からの調達は6700億円(2018年)に達し、 その額が日本の対中国輸出額の4%に相当することを紹介した。

                  * *

しかし西側陣営はファーウエイに対して厳しい見方。

イギリス国防相は、 5G(第5世代移動通信システム)に関し、 ファーウェイについて 「重大な懸念」 があると発表(27日タイムズ紙)。

ファーウェイを参加させる前に安全保障上の脅威に関する綿密な調査が必要と指摘。

そして英国防相は、 日本政府なら口に出せないようなことをさらりと言ってのけた。
                  ☟
中国は時に悪意を持って行動するという事実を我々は認識しなければならない」 と述べている。


そう、 世界は善意だけで動いてはいない。
というか、 全て悪意が根底にある外交だとジジイは思っている。

世界各国、 それぞれが国益を第一に考えるのは当然。

それが日本では、 「自国だけが良ければそれでいいのか!」 と
いった論調のメディアや学者が現れる。

自国を悪い国という売国政治家・メディアの存在は日本だけか。
とにかく一党独裁国家に善意を期待するのはバカと言っていい。

                 * *

桜田義孝五輪・サイバーセキュリティー担当相は、 PCを使えない、 自分で使うことはないと明言。

また、 USBも知らないという。
これには世界各国がビックリの反応。

   pict-桜田義孝大臣.jpg
          ☝ 桜田義孝大臣

先日、 経団連の中西宏明会長が、 歴代会長として初めて執務室にパソコンを導入したとの報道があった。

これまでの会長はパソコンを使っていなかったわけだ。

しかし桜田義孝大臣も、 財界総理と呼ばれる経団連会長も、 セキュリティーの観点から見ればこれは正解だったかも.....

お二人ともVIP、 悪意あるハッカーの攻撃対象になるからだ。
PCを使用しないことが手っ取り早い防御方法か。

性善説を好む日本人、 もう 「人類みな兄弟」 的発想はやめにして貰いたい。

                * *

歳を取ると長旅が億劫になる。
ジジイは60代前半までは、 バスに乗ってタイ国内やラオスの旅を楽しんだ。

しかしもう無理、 まずトイレ付きのバスでなければダメ。
飛行機もタイ〜日本くらいがいいとこ、 アメリカまでの長時間は体力的にキツい。

ということで写真を見るだけの旅、 今日は世界のすごい橋をご一緒にどうぞ!

1.Sidu River Bridge

中国にある世界一高い所に架かる鉄の橋。
2009年完成、 US1億ドルかかったそうな。

pict-1.-Sidu-River-Bridge-China.jpg



2.Carrick-a-Rede Rope Bridge(北アイルランド)

ブラブラする30mの吊り橋。
何とか渡っりきっても怖くて2度は無理、 代わりにフェリーに乗って帰る人が多いとか。

pict-2.-Carrick-a-Rede-Rope-Bridge-Northern-Ireland.jpg



3.Storseisundet-Bridge(ノルウェー)

  pict-3.Storseisundet-Bridge-Norway.jpg



4.U Bein Bridge(ミャンマー)

建設中の橋ではない。 長さ1kmの歴とした木造の橋。
今では人気の観光スポットになっている。

pict-4.-U-Bein-Bridge-Myanmar.jpg



5.Montenegro-Rainforest(コスタリカ)

pict-5.-Montenegro-Rainforest-Costa-Rica.jpg



6.Bridge-of-Immortals(中国)

   pict-6.-The-Bridge-of-Immortals-Huang-Shang-China.-1.jpg




7.江島大橋(日本)

鳥取県境港市と島根県松江市との間にかかる橋。
車のローラーコースターのよう。

最大勾配6.1%、 44.7 mまで登る。  見るからに怖そう。

  pict-7.-Eshima-Ohashi-Bridge-Japan.jpg



8.Sunshine Skyway Bridge(フロリダ、 米国)

1980年にタンカーが当時の橋に衝突、 35人の死者が....
壊れた橋に代わって1987年に建設されたもの。

pict-8.-Sunshine-Skyway-Bridge-Florida.jpg



9.Quepos Bridge(コスタリカ)

  ニックネームが ”死の橋”。
pict-9.-Quepos-Bridge-Costa-Rica.jpg



10.Puente-de-Ojuela(メキシコ)

pict-10.-Puente-de-Ojuela-Mexico.jpg



11.Vitim-River-Bridge(ロシア)

pict-11.-Vitim-River-Bridge-Russia.jpg



12.Mount Titlis(スイス)

スイスアルプスに架かるそよ風にも揺らぐ3kmの橋。
  安全性は世界でも指折りだとか。
pict-12.-Mount-Titlis-Switzerland.jpg



13. Langkawi Sky Bridge(マレーシア)

   橋の長さ125m、 海抜660mに架かる橋。
  pict-800px-Langkawi_Sky_Bridge.jpg



14.Canopy Walk(ガーナ)

  長さ305mの吊り橋、 怖そう!
pict-14.-Canopy-Walk-Ghana.jpg



15.Lake Pontchartrain Causeway(ルイジアナ、 米国)

  水の上約5m、 水上に架かる世界で最も長い橋。
pict-15.-Lake-Pontchartrain-Causeway-Louisiana.jpg



16.Deception Pass Bridge(ワシントン州、 米国)

  歩いても渡ることができる。50m下を見て楽しもう!
pict-16.-Deception-Pass-Bridge-Washington-State.jpg



17.Seven Mile Bridge(フロリダ、 米国)

pict-17.-Seven-Mile-Bridge-Florida.jpg



18.Hussaini-Hanging-Bridge(パキスタン)

  渡れる人がいたらご立派。
pict-18.-Hussaini-Hanging-Bridge-Pakistan.jpg



19.Monkey-bridges(ベトナム)

pict-19.-Monkey-bridges-Vietnam.jpg



20.Royal Gorge Bridge(コロラド、 米国)

  米国で最も長い吊り橋。
pict-20.-Royal-Gorge-Bridge-Colorado.jpg



21.バンブーブリッジ(オムコイ村、 チェンマイ)

最後はこれを出さないと元番頭さんに失礼になろう。
オムコイの観光名所として多くの旅人から親しまれている。

チェンマイが世界に誇るバンブー橋だとか。
                 ☟
pict-DSCN7525.jpg


この橋はジジイも渡って、 良き思い出になっている。

しかしバンブーハウスが廃業の現在、 訪れる旅人はゼロか。





 今や幻のバンブーブリッジに....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:24| Comment(15) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする