2018年12月23日

独居老人の生活1389(チェンマイマラソン2018:走る前から大変だ)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1389(走る前から大変だ)


 重要なのは勝つこと。 全てにおいてそして常にだ。  

参加することに意義がある、 なんていうのはデマに過ぎない。

                           アイルトン・セナ (ブラジルのカーレーサー)


今日(12月23日)は 「チェンマイマラソン2018」 の開催日。

pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (1).jpg
                 ☝表彰台。


今年で13回目、 今や約1万人以上が参加する名物イベントとなっている。

1.42.195km:男女別18歳以上、 制限時間:7時間。
  スタート時刻:午前4時。

2.ハーフ :男女別15歳以上、 制限時間:3時間30分。
   スタート時刻:午前5時。

3.10kmミニマラソン:男女別11歳以上、 制限時間:2時間

4.3kmスマイル&キッズラン:誰でも可、 制限時間:なし

とまあ、朝早くから走ってご苦労なことだと思うが、 マニアにとっては何のその。
主催するチェンマイ市も観光PRになっている。

pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (2).jpg
       ☝ 日本の国旗はすぐ分かるから・・イイネ!



昨日22日(土)は参加受付の最終日(午後6時で終了)。
マラソンスタート地点でもあるターペ門広場がその受付会場。
                  ☟
pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (9).jpg



  炎天下、 大勢の人が列をなして申し込んでいた。
pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (13).jpg



  やっと日陰に入れました。
pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (11).jpg



  エントリー種目によって受付所がそれぞれ・・
pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (14).jpg



  外国人にも人気。
pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (3).jpg



   ゼッケンを貰います。
pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (8).jpg



スタッフの女性がみな可愛くて、 ジジイもつい申し込みたくなる。
参加は有料、 日本で申し込むとフルマラソンで8,500円(第2次)。

pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (4).jpg



   会場には商魂たくましく・・
pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (6).jpg



  ゴールを作ってる?  いえ違います。
pict-P_20181222_134010チェンマイマラソン受付 (7).jpg
         ☝ こんな狭いゴールは役立たず。



では23日マラソン当日のここのシーンを見ましょう。
    (背景はターペゲート)
pict-P_20181223_054836チェンマイマラソン当日 (11).jpg
       ☝ 走り終えたランナーが記念撮影。

                  * *

翌23日(日)、 チェンマイマラソンの幕は切って落とされた。
では午前6時頃のターペ門の模様をご覧ください。

  ここでも走り終えたランナーが記念撮影。
pict-P_20181223_054836チェンマイマラソン当日 (1).jpg



Grab(白タクのサイト運営)に乗ってお帰りを!
   宣伝してるのかな?
pict-P_20181223_054836チェンマイマラソン当日 (8).jpg



  しかしフルマラソンの方はまだ激走中。
pict-P_20181223_054836チェンマイマラソン当日 (2).jpg



  ゴール付近は待ち受ける人でいっぱい。
pict-P_20181223_054836チェンマイマラソン当日 (10).jpg



  堀沿いには警官が50m置き位に立って警戒。
pict-P_20181223_054836チェンマイマラソン当日 (5).jpg



  ターペ門には救急車が待機。 利用した人、いたかな。
pict-P_20181223_054836チェンマイマラソン当日 (4).jpg



  ターペ門広場でこんな記念撮影。
pict-P_20181223_054836チェンマイマラソン当日 (3).jpg
         ☝ バットマン(の仮装)がカッコいい。



そう、 朝7時前、 仮装大会が開かれた。
                   ☟
pict-P_20181223_054836チェンマイマラソン当日 (6).jpg
          ☝ バットマン、 優勝できたかな?



     ジジイはこの娘に栄冠をあげたいです。
   pict-P_20181223_054836チェンマイマラソン当日 (7).jpg


てなことで今年も盛り上がったチェンマイマラソン。
来年こそはジジイも出走したい。 
但し、 ジジイに伴走する美女がいれば..が条件。

走行中にジジイが倒れそうになったら、 すぐホテルの1室に入り、 裸で献身的に介抱してくれる女性です。

どなたかご紹介くだされたく....

                 * *

クリスマス 〜年末と街は賑わうシーズン。 
酒酔いなどで交通事故も起こりやすく、 皆さま、 ご安全に....

なんせタイは交通事故ワースト...世界で名を馳せる多発国。
                 ☟
https://www.bangkokpost.com/vdo/thailand/1595658/deadly-roads

タイは東南アジアで交通事故死のワースト国。
10万人あたりの交通事故死者数は32.7人。

2位ベトナムの26.7人を遥かに上回っている。
タイの交通事故死亡者の74%がバイク運転者(同乗者含む)。

バイクのヘルメット着用は51%だけ。
車のシートベルト使用は58%。

高い死傷者数は法律の執行が甘い結果である。

このように 「Bangkok Post」 は訴えている。


チェンマイでは飲酒運転の取締り(検問)が強化されている由。

酒飲んで走るのは.....








マラソンだけに致しましょう。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:59| Comment(2) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする