2018年12月15日

独居老人の生活1381(無知は損)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1381(無知は損)


  それが魅力的なら無邪気さと呼ばれ、

  そうでなければ無知と呼ばれる。

                            ミニョン・マクローリン (アメリカの作家)


12月9日から所要あって日本に一時帰国、 昨日(14日)の夕方チェンマイに戻った次第。

5泊6日の短期でもあり、 今回は初めてLCCのAir Asiaを利用。

12/09 CNX 07:25 → DMK 08:25=10:45 → NRT 19:00
12/14 NRT 09:15 → DMK 14:05=15:45 → CNX 17:00

航空賃:18,000バーツ(往復)。
(注) CNX:チェンマイ、 DMK:ドンムアン、 NRT:成田。


今回の旅行では想定外のことが起きてアレレー。
@ 機内食。

LCCでは機内食の無料サービスはない。
食べたければお金を払って注文する。

ネットで事前に予約しておくと50B安くなる(200B → 150B)。
往きの時は、 前日に和食店で太巻きを購入(75B)し機内で食す。

ジジイは帰りの便だけ予約、 代金は機内で払うつもりでいた。
たった150B、 クレジットカードを使うまでもないと思ったのだ。

    pict-1544821284518機内食.jpg


これがアレレの第1発目。
出発時刻2時間前にCNX到着、 長い列に並んでチェックイン。

カウンターの係員が言う。
「先に空港内のAir Asiaサービス窓口へ行って、 機内食分を払って来てください」

15分以上も並んでいたのにこのざまだ。
仕方なく150バーツを払いに行く。

そして再び列の最後尾に並んでチェックインへ...ガックリ。
ジジイは、 無知は損するという事例を作った。

ちなみに機内販売のビールは、 缶ビール小:150B(約510円)。
同永谷園のお茶は90バーツ(約310円)。

往復でビール1缶ずつ、 計2本飲んだ。
高くて何本も飲む気になれなかった、 ジジイは貧乏性。

                 * *

A SIM2 Fly。

帰国前にAISオフィスに行き、 これを購入。

   pict-P_20181215_040407SIM2.jpg

8日間利用で399バーツ。
日本などアジアでインターネットが利用できる。

購入時、 AIS係員にこのSIMをスマホに入れてもらう。
日本到着後ローミングして使うはずだった。

ところが、 いくらどうやってもネットに繋がらない。
SIM-1しか現れず。 ではこれがSIM-2だろうと判断。

友人2人にLineを送信、 試してみた。
何回やってもダメ、 SIM-1を取り外して送信したがこれもダメ。

日本到着の翌朝、 気になってAISのバランスをチェック。
CNX出発前には800バーツ弱あったジジイの残高がゼロに...

この間、 電話も何も使っていない。
一体どうなっているのやら。

結局日本滞在期間中、 1度もSIM2Flyを使えず。
残金+SIM代の合計約1,200バーツをドブに棄てた(も同然)。

世の中、 無知は損するように出来ている。


これだけならまだ諦めがつく。
昨夜チェンマイ到着後、 自宅でPC利用を試みた。

出発する時ルーターの電源をOFFに → 帰宅後ONにして...
インターネット(SiNet)が繋がらない。

”インターネットなし、 セキュリティ保護あり” のまま。

ということで今、 電話もLineもPCも全て使えない状態にある。
今日の本ブログは、 別の場所のWi-Fi利用で発信している。

                * *

B 機内持ち込みの重量制限は7s。

チェンマイ空港でチェックインした時は、 手荷物の重量測定なし。
機内持ち込み用のキャリーバッグとリュックを背負って搭乗した。

問題が出たのは帰りの成田空港でのチェックイン。
係員はキャリーバッグの重さを測る → 重量オーバー。

ジジイの荷物は制限重量7kの倍の14s、 1万円かかると言う。
「荷物を減らしてまたチェックインされますか?」

係員の言う通りにして一旦引き下がる。
そしてバッグから荷物を取り出し、 リュックの中に移し変えた。

リュックの中は空同然、 オーバーコートやらセーターを詰め込んで来たから。
コートなどは着用、 重い荷物を空のリュックに入れた。

で、 リュックは近くに置いたまま、 再び列の最後尾に並んでチェックイン。
中身を減らしたキャリーバッグだ、 楽々OK。

とにかく行きも帰りもチェックインのやり直し。
無知が招いた結果だ、 仕方がない。


搭乗券受領後、 今度はリュックの荷物をバッグの中に移す。
そのあとは何ら問題なく、 CNXに到着した次第。

おなじAir Asiaでも、 CNXとNRTでは対応に違いがある。
どちらにしても、 ジジイが機内に持ち込んだ荷物重量は同じ。

CNX、 NRTとも出発時刻の2時間以上前に空港に到着して余裕、 焦らずに済んだことは幸い。

                * *

C 水除けスプレー。

新宿の靴店 「ABCマート」 で雨水除けスプレーが目に入った。

スニーカーにこれをピュッとかければ、 雨に濡れないという。
約2,400円、 1個購入。

その時ジジイは中年の店員さんに確認した。
「これ、機内に持ち込めますか、 タイに持って行きます」

「大丈夫、 間違いなく持ち込めます」


結果、 X-ray手荷物チェックでアウト、 没収された。
預け入れのバッグならOKでも、 客室(機内)への持ち込みはダメ。

ジジイが機内と言わず、 客室と訊けば良かった。
店員さんは細かい事、 知らないのかな、 ちょっと残念。

                * *

日本はクリスマス商戦真っ只中、 街を歩けばイルミネーションがムードを盛り上げる。

ここは東京・表参道、 高級ブランド品店が立ち並ぶ。
貧乏人には縁遠い通りだが、 歩くだけなら無料。

pict-東京表参道12月のイルミネーション画像.jpg



こちらは代々木公園、 毎年 「タイ祭り」 が開かれる所だ。
「青い洞窟」 という名のイルミネーションはとてもロマンチック。

pict-P_20181210_182915.jpg



pict-P_20181210_182404.jpg


恋人同士が愛を囁けば、 そのまま渋谷のラブホテルに直行か。

独居老人、 12月の東京は何年前だったか。

寒さなんか吹っ飛ばす...







そんな若さに戻りたい。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:03| Comment(18) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする