2018年12月13日

独居老人の生活1380(バカめ、 タイのポリスをなめんじゃネー!)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1380
              (バカめ、 タイのポリスをなめんじゃネー!)


  自由のない秩序も 秩序のない自由も

  等しく破壊的である。

                        セオドア・ルーズベルト (アメリカの元大統領)


@ 日本の女の子をなめんじゃネー!

清水希容さんは関西大学卒で25歳、 ミキハウスに勤務。
2020年の東京五輪で正式種目に決定した空手、 その金メダル
候補なのだ。
                ☟
   pict-空手清水希容.jpg
      ☝ 可愛いというより怖い感じ。


オリンピックでの空手種目は2種、 対戦する 「組み手」 と戦いを
仮想する 「形」。

清水選手は 「形」の選手、 12月9日開催の全日本選手権で大会6連覇を達成。

怖い顔は試合の時だけ、 終わって普通の娘に戻ればこの笑顔。

                  ☟
 
 pict-しみずきよう.jpg


抱き締めたくなります。
では彼女をビデオでどうぞ!
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=J10sW9Klhbo

                * *

A タイのポリスをなめんじゃネー!

タイのポリスはホント怖い、 西部劇映画みたいだ。

まずバンコクはルンピニ警察署のポリス(49歳)。

警官は顔なじみのフランス人男性(41歳)と 、 スクンビットの 「Lucky Shot Food and Sport restaurant」 で飲んでいた。

昨日(12日)の夜の事、 2人は飲んでるうちに口論となる。
フランス人が、 同伴したタイ人の恋人(32歳)と警官が話をしているのに嫉妬。

一旦喧嘩が終わって、 警官は姿を消した。
フランス人がスクンビットのコンドーに戻ったところで警官は2回発砲、 腰と胸に命中。

pict-Cop facing murder .jpg


警察は容疑者の警官を逮捕、 殺人罪で起訴。
この警官は6年前にも別件で発砲、 被告の身であったのだが....

2人とも相当酒に酔っていたという。
こんなんで殺されていたら、 命が幾つあっても足りない。

タイでは、 警官はおろか一般タイ人でもガンを所有できる。
キチガイに刃物、 酔っ払いにガン、 持ってるから怖い。
 (source : Bangkok Post)

                 * *

こちらはチェンマイのポリス。

事件は12月10日、 チョトナー通り、 メーリム方面での酒酔い運転チェックポイントで起こる。

警官が止めようとしたが、 走って来た車はそれを無視、 スピードを上げて突っ走った。

普通なら追いかけるとかナンバーを控えるものだが、 タイのポリスは違う。

すぐさま車に向けガンを発砲、 しかし車は辛うじて運河道路を逃げ去った。

pict-police fire gun .jpg


近くのソバ屋のオヤジが問題だとして口撃する。
「弾が弟の家のポットに命中、 もし弟の頭だったら....」

警察はこの事件を調査中だという。

                 * *

ジジイは酒酔い運転中に止められたことは1度もない。
勿論、 止まれの合図に黙って従うだろう。

今回この事件を知り、 絶対に逃げないでおこうと思った。
ま、 そもそも酒酔い運転をしなきゃあいいだけの話だが.....

”乗るなら飲むな” ということだ。

最近はチョットでも飲んで乗ったら、 ますます言うことが聞かない。 







 H のときのナニです。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:06| Comment(0) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする