2018年12月08日

独居老人の生活1376(子供はタフだね)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1376(子供はタフだね)


 僕にとっては42キロまでが競技の世界です。

 残り195メートルは最後の感動を味わう花道なのです。

                                 高石ともや  (歌手)


@ ニックネーム。

タイ人とアメリカ人のハーフの子供が転校してきた。
教室で自己紹介、 教壇の前に立って言う。

「ボクはトレイン・ホイッスルといいます。
 名前が長いし、 誰かニックネームを付けてください」

1人の男の子が手を挙げて言う。

 「ポー」

                   * *

A タンブン(布施)

娘が父親の書斎に飛び込んできた。

「パパ、 お金ちょうだい。  
 家の前で叫んでる可哀想な人にあげるの」

「そこにあるから持っていきなさい。
 で、 なんて叫んでいるんだい?」

「アイスクリームはいかが.....って・・・」

                 * *

B 学生たちの祭典。

12月1日から始まったタイ・全国学生競技大会は土曜日を迎え、 佳境に入っている。

pict-P_20181208_065226_1.jpg


今日のメインイベントはマラソン。
早朝、 真っ暗闇の中をスタートの号砲が放たれた。

選手のゴールを待ち受ける応援のチームメイト。
                 ☟
pict-P_20181208_060919.jpg



  奥に見えるのがゴール。
pict-P_20181208_060646.jpg



  ゴールのテープが張られて・・・優勝者を待ち受ける。
pict-P_20181208_060749.jpg



  競技場の外には大きなスクリーン。
  マラソン実況はやっていなかった。
pict-P_20181208_062143.jpg



子供たちはトラック改造バスに揺られてチェンマイにやって来た。
                 ☟
pict-P_20181208_061456.jpg



   ここにも・・
pict-P_20181208_061537.jpg



   こっちでも待機。
pict-P_20181208_061556.jpg



   こちらは豪華?
pict-P_20181208_061740.jpg



   夜行なら寒いだろうな。
pict-P_20181208_061757.jpg


コラート、 バンコク、 プーケット、 パタヤ、 コンケーンなど全国からチェンマイに集合。

学生が技と華を競う全国大会。

国旗掲揚ポールの新設、 スタンドの椅子設置とペンキ塗り替え、 幟などの飾り、 全てこの日のために準備していたのだ。

トタックの荷台で眠り、 夜を過ごす子供もいる。
                 ☟
pict-P_20181208_061349.jpg



水、 スープ、 果物がスタンドの外に用意されていた。
                ☟
    pict-P_20181208_065155.jpg
     ☝ ジジイの朝食用にバナナが欲しかったけど...



朝もすっかり明るくなった頃、 ようやく最後の選手(ビリ)がスタンドに到着。 ちょうど7時だった。

pict-P_20181208_065305.jpg


同じマラソンでも、 スタンド内正面がゴールって、 ジジイは初めて見た。

やはりローカルと全国大会の違いだろう。
日焼けで真っ黒の子供が大勢いて、 ジジイはびっくり。

全国各地から集まった学生には、 チェンマイ来訪が初めてという子供が多いと思う。

あんなトラックに乗って.....タフだねぇ。






 観光して帰って欲しいなあ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:04| Comment(0) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする