2018年12月07日

独居老人の生活1375(灰になるまで恋をする)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1375
                         (灰になるまで恋をする)


人間が恋に落ちるのは重力のせいではない。

                       アインシュタイン (ドイツ生まれの理論物理学者)


今日はジジイの一番好きなネタでお付き合いください。

@ 同窓会のような?

pict-DSCN4942生島ヒロシ.jpg


2018年11月30日、 都内のホテルで開かれたパーティー。
生島ヒロシ会長の芸能事務所の30周年を祝ってのもの。

芸能、 放送、 政治の各界から参集。
政界からは生島ヒロシと同窓(法政大学)の菅官房長官が出席。

写真の(B)が生島ヒロシ(67)、
では彼を囲む有名人は誰でしょう?

全て当てたらあなたは芸能通、ジジイは 8人中3人だけでした。

  <答>

(A) 国広富之(65)   (C) ?   (D) 水沢アキ(64)
(E) ?   (F) 芦川よしみ(59)  (G) 大桃美代子(53)
(H) 田中 健(67)   ( I ) 加藤タキ(73)

? マークの(C)はこの方です。

                 ☟

    pict-あべ静江2.jpg



お年を召して現在はポッチャリ丸顔。
                ☟
   pict-あべ静江4.jpg
          ☝ 歌手のあべ静江(67)。


歳は取りたくないなあ、 では(E)の女性はというと、

               ☟

    pict-歌手奈美悦子.jpg   



    歌手奈美悦子2.png
          ☝ 歌手の奈美悦子(67)


奈美悦子もヴィッレッジシンガーズのドラマー・林ゆたかと結婚した頃が華。

林と離婚後は再婚 → 再再婚と計3回の結婚。
オッパイの整形手術で乳首を取られて裁判を起こしたり....


(A)の国広富之(65)と(D)水沢アキ(64)は婚約した仲。
国広の二股が発覚して破局、 水沢アキの涙の会見が印象的。

もう仲直りしてるのかな?


(G)の大桃美代子は元亭主の山路徹とタレント麻木久仁子のW不倫に激怒しツイート。 世間を楽しませてくれた。

皆さん、 いろいろあらーな。

                  * *

A 永遠の男好き。

サングラスをかけたこの彼女なら皆さまご存知のはず。
                   ☟
pict-DSCN4947松田聖子.jpg


彼女の左にいる青い目の若者と浮名を流してスキャンダル。
結局彼女に振られ、 ならばと出版したのがこちらの本。
              ☟
     pict-真実の愛2.jpg


デビュー当時は可愛いかった。
            ☟
   pict-松田聖子.jpg


男女の仲だった郷ひろみとは涙の破局、 この時の記者会見は見ものだった。

その後俳優・神田正輝と結婚。
前述のジェフくんとは不倫の関係。

聖子が世界進出を狙い、 活動の場をニューヨークに移していた時に知り合ったもの。

1990年、 2人の関係が発覚、 週刊誌 「フォーカス」 の特ダネ。
そして神田正輝とは離婚、 その後歯科医師にビビッときて結婚。

でもまた離婚 → 今度は慶応病院の医師を誘惑、 奪略結婚。
魔聖の女というのか、 まさに魔性の女、 松田聖子(56歳)。

でも、 色褪せたこれからは男が敬遠?  いや、 カネがある
からまだまだヤリそう、 死ぬまで男漁りの聖子ちゃんだ。

    pict-松田聖子2.jpg
            ☝ 年取った整形顔。  

                   * *


B こっちのオッサンとオバさんはW不倫か?

豪邸から出てきたカップル。
サングラス、 野球帽のオッサンに見覚えがある。
                   ☟
pict-DSCN4943小川直哉 (1).jpg



  オッサンは素顔を曝せない事情がありそうな・・
pict-DSCN4943小川直哉 (2).jpg



隠したってダメ、 週刊誌が嗅ぎつける。
                  ☟
pict-松野頼久 新潮.jpg



そう、 男性は小川 直也(50)。  明治大学経営学部卒業。

1992年バルセロナオリンピックの柔道銀メダリストだ。
全日本柔道選手権優勝7回は山下泰裕に次ぐ歴代2位。

柔道引退後プロレスラーに転身、 「ハッスル、ハッスル」 で人気を博す。
長男の小川雄勢も柔道で2014年の高校選手権無差別で優勝。
                 ☟
pict-小川 直也2.jpg



一方、 女性はというと、 こちらは有名人の奥さま。
ご亭主は元政治家の松野 頼久(58 )さん。

松野さんは衆議院議員を6期務め、 維新の党の代表でもあった。
父は防衛庁長官、 農林大臣、 労働大臣などを歴任=松野頼三。

    pict-松野頼三.jpg
             ☝ 松野頼三。


頼久さんは慶應高校を経て、 1987年慶大法学部卒業。

前回の衆議員総選挙で希望の党から出馬(熊本1区)したが、 比例復活もできずに落選。

これにより祖父鶴平が、 1920年に熊本で当選してから97年間維持した松野家の議席が国会から消滅した。

まさに ”売り家と唐様で書く三代目” の典型。

松野頼久さん色黒でスリム、 夏場はシャツの第2ボタンまで開け、 強い香水をまとう風貌。

国会議員としては異色の存在だった。
愛車はベントレー・コンチネンタルGT、 ベンツなど。

国会議員というより ”チャラ男” と呼ぶのがふさわしい。

そして写真の奥さまとは共にバツ1結婚(つまり再婚者同士)。
奥さまが銀座のクラブホステスだったというのは噂だけか?

それにしても松野頼久夫人素子さん(55)はド派手。
園遊会でも目立ってしまう。

pict-松野園遊会.jpg
             ☝ 松野頼久・素子ご夫妻。


小川直哉は5歳年上の人妻に ”ハッスル ハッスル!”
55歳の素子夫人と小川がどこでどうなったか、人目を憚る仲に...

そう報じているのが 「週刊新潮」 今週号。

鳩山由紀夫夫人は亭主がありながら鳩ポッポに走った。
松野頼久夫人も亭主がありながら、 元柔道家に抱かれたか?

pict-松野素子(55).jpg
       ☝ 談笑する鳩ポッポ夫人とチャラ男夫人(右)。


小川直哉とチャラ男夫人をビデオでどうぞ。 (1分57秒)
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=WPfUacEHvro   

                   * *

世の中は男と女、 助平とスケ子がいても不思議じゃない。

男女が巡り合い → 欲情が起き → 懇ろな間柄に → 冷める。
そして我に返って別れを告げる。


情欲の塊のような爺さんがチェンマイに来て....






そして ”エロエロあらーな”  ですわ。


チェンマイって ホントいいですね!

(source : 白黒写真等は週刊新潮)



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:32| Comment(6) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする