2018年12月06日

独居老人の生活1374(騙し騙され....)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1374(騙し騙され....)


 まことは嘘の皮、 嘘はまことの骨、

 嘘とまことの仲の町、 迷ふもよし原、 悟るもよし原。

                                      武林無想庵  (作家)


@ ミス・ユニバースの美女たち。

世界の女性が美を競い合うミス・ユニバース・コンテスト。
67回目、 今年の開催国はタイで、 12月17日が最終ラウンド。

今回は52か国が参加が予定とか。

タイで 「ミス・ユニバース世界大会」 が開催されるのは1992年、
2005年に続いて3度目。
タイ人は過去2回、 ミス・ユニバースの栄冠を獲得している。


11月29日、 バンコクで美女たちがプレスにお披露目(宣伝)。 
                      (写真はバンコクポストより)
pict-2018 Miss Universe pageant .jpg
                   ☝
左から米国、 ホンジェラス、 南アフリカ、 タイ、 インドネシア、
アンゴラの各代表。


今年のタイ代表はSophida Kanchanarinさん(23歳)、 
現在、 TMB銀行投資部門に勤務する才媛の美女。
                   ☟
pict-ミスウニバースタイ.jpg


ちなみに日本代表は加藤遊海さん、 三重県の美女。
日本での最終ラウンドの模様をビデオでどうぞ(3分25秒)
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=ZxyYfg-n3gY


美女というのは世界の誰が見ても美しいんですなあ。
やはりどこかに美の基準があるんだろう。

芸人の森三中とかハリセンボンは美人じゃないのか?
                   ☟
pict-ハリセンボン.jpg
                ☝ ハリセンボン。


2人だって整形すれば美しくなるはず。
嘘いつわりの美女だけど....(タイ人美女にも多いです)

                  * *

A 北タイの詐欺師。

タイ人男性(52歳)は、 なぜ自殺したかったのか?
土地ブローカーに騙されて、 大事なカネを失ったから。

事件はメーテン(チェンマイから北に車で50分)で発生。
男性は朝方、 自殺しようと鉄塔をよじ登り始める。

pict-pict-A man attempted suicide.jpg


駆けつけたポリスらが地上に引っ張り下ろした。
彼が言うには、 空地を土地ブローカーから8万バーツで購入。

しかしこれが詐欺。
男性はローンで組んだライフ預金の全てを失った。

詐欺師(容疑者)の名前はArthit Nitkarn、 メーテンで多くの人を騙してきている。
警察は現在、 この詐欺事件を捜査中。


日本では 「積水ハウス」 が63億円という巨額の土地売買詐欺を被った。

プロともいえる企業を騙す地面師たち、 一般人ならチョロイもの。
タイにも地面師がいるわけで、 皆さま、 お気をつけください。

                  * *

B プーケットにも騙す奴がいる。

タイのイミグレ当局は、 先月2人のタイ人を逮捕した。
フリーのビーチでタイ人や外国人から入場料を取っていたのだ。

pict-beach entrance scam2.jpg


警察は1年以上かけて捜査し、 法的措置を講じたのである。
イミグレが言う。

「ビーチは国立公園の1部だ。 
 政府の要請なしで料金を取ることは許されない。

 2人はビーチ入場料として200バーツ/人を要求。
 1日1万バーツもの収益をあげていた。

 2人に対しては、 更なる法的追及がなされている。
 容疑は、 Nakkerdマウンテン保護森林内での詐欺行為だ」

pict-beach entrance scam.jpg
          ☝ 200バーツの徴収場所。


ボロい商売があったものだ。
1日1万バーツの収入なら、1ヵ月 30万バーツの稼ぎになる。

元手も不要、 入場料を徴収するおばさんを雇うだけでいい。
(source : The Nation)


ジジイは8年ほど前、 プーケットからピーピー島に渡る時、 船賃詐欺にやられた。

ジジイは娘と孫を連れ、 タクシーでラサダ港に到着。
すると呼び声がかかり、 「乗船券はこちらで....」 という。

発着港の近くに小さなデスクが置かれ、 オッサンが座っていた。

港の建物に発券窓口はあったのだが、 サービスでやっているんだろうと思い、 3人分のチケットを購入。

詐欺に気付いたのはピーピー島に着いた翌日。
島の旅行エージェントが掲げる船賃価格表を見た時だ。

まず乗船券の割り増し(いわゆるボッタクリ)。
次に、 孫は子供料金で半額、 だが大人料金を請求されていた。

そんな詐欺乗船券を往復で買っていたものだから、 余計に腹が立った。

騙した男が悪いのか、 騙されたジジイがバカなのか。


しかしジジイは今、 誇りを持って申し上げたい。

生まれて此の方......オンナに騙されたことはない。







1度、騙されてみたい、 チェンマイでなら.....


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:52| Comment(6) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする