2018年12月22日

独居老人の生活1388(嫉妬に狂って...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1388(嫉妬に狂って...)


 嫉妬している男にとっては、 恋人を失ったことより、

 自分をさしおいて他人が良しとされたことが妬けるのだ。

                                  パウル・レー (ドイツの哲学者)


@ 大学生が若者を襲撃。

事件は12月15日、 Jing Jai Market(地図はココ)近くのパブで発生。
20代の大学生5人が、 バンコクからチェンマイに来ていた若者(21歳)に襲い掛かったのだ。

理由はなに?
バンコクの若者は、 そのパブで顔馴染みの女性2人と遭遇。

話し込んでいるのを見た大学生は嫉妬して切れた。
オレの女にちょっかい出したとでも勘違いしたのだろう。

殴られた若者はケガ、 証拠としてビデオが提出されている。
若者5人は相当酒に酔っていたそうな。

                * *

A 別れた亭主が襲撃。

23歳の女性が、 パブで28歳の男性と飲んでいた。
このとき運悪く、 別れた亭主(22歳)とバッタリ。

その時は何事も起こらなかったが....
彼女が女友だちや28歳の男性を乗せて自宅に帰ったとき。

別れた亭主が斧を持って襲い掛かったから堪らない。
止めに入った28歳の男性は、 耳や指数本を切られて重傷。

前亭主は結婚生活の間もしばしば妻を虐待、 特に飲んで酔った時は酷かったという。

襲った前亭主は12月15日に自首、 殺人未遂の罪で起訴された。

pict-オンナ.jpg
    ☝ 別れた亭主に襲われた女性(23)が恐怖を語る。

                * *

この2つの事件は、 ジジイには非常に関心あるニュースだ。
ジジイは時々パブにも食事に行き、 可愛い女性がいれば声を掛けたりもする。

また、 ジジイが付き合った女性には離婚した人もおった。
てことは、 運が悪いとジジイだって襲われかねない。

なので女性と食事してる時、 それとなく訊く。
「前の亭主とはなぜ離婚したの?」

「彼は今、どんな仕事してるの?」

事件にでもなり、 報道されたら堪ったもんじゃない。

”日本人の独居老人、 若い女性と食事中に襲われ重傷。
 犯人は女性の離婚した夫、 嫉妬に狂っての犯行”

見っともなくてチェンマイにはいられなくなる。


でも...よく考えてみれば、 老醜ひどい老いぼれだ。






嫉妬されるレベルじゃないか。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:06| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

独居老人の生活1387(動物園レストランに行く)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1387(動物園レストラン)


 一日一日を始める最良の方法は、 

 目覚めの際に、 今日は少なくとも一人の人間に、

 一つの喜びを与えることができないだろうかと、

 考えることである。
                            ニーチェ (ドイツの哲学者)


@ Jazz Clubが新規開店。

歩道に溢れた人たち、 夜9時を過ぎてもこの賑わい。

pict-P_20181219_210006.jpg


12月19日夜のこと。
ジャズバーのグランドオープンセレモニーが開かれていた。

店名 「Moment 's Notice」、 場所(地図)はココをクリック。
チェンマイプラザホテルの西寄り斜め前辺り。

pict-P_20181219_205933_1.jpg



毎晩ライブ演奏がある。
但し、 ギター1本での演奏の日もあってちょっと寂しい。

   店内、 ビール小瓶:120バーツ。
pict-P_20181219_205709.jpg



    店の隣に貼られた楽譜の前に立つジジイ。
  pict-P_20181219_205802_1.jpg


                 * *

A 十数年続くライブ。

こちらのコンビは古い、 ギター演奏テクニックは抜群。
懐メロポップスをやってくれるので年寄り向き。

  場所はチェンマイの人気レストラン 「Riverside」。
     (地図はココをクリック)
pict-P_20181010_200041Riverside restaurant (1).jpg
      ☝ カウンターで飲みながら聴くのもいい。



pict-P_20181010_200041Riverside restaurant (2).jpg
          ☝ 7時50分からライブスタート。



   テーブルで食べるのもいい。
pict-P_20181010_200041Riverside restaurant (3).jpg
   ☝ メニューは100バーツ〜、  ビール大瓶:120B。
  上の料理は海老野菜炒め:160Bだったかな。



客にはタイ人の若者が多いが、 観光客も訪れる。
                  ☟
pict-P_20181010_200041Riverside restaurant (4).jpg



ピン川に面したテーブル席ならよりロマンチック。
                  ☟
pict-P_20181010_200041Riverside restaurant (5).jpg


今夜あたりから25日までは満席となろう。
仏教国でも人気のクリスマスだからねー。

                  * *

B 動物を見て、 湖の畔でランチ。

昨日(20日)は友人に誘われてフォンツンターオへ行く。
                 (Fuay Theng Thao)
ご一緒したのは3人、 友人夫婦とそのご友人(一昨日来タイ)。

入場口でチケットを購入せねばならない。 (地図はココ
タイ人20B、 外国人50バーツ。  

友人の奥さん(タイ人)が、 「みなタイ人よ」 と言うが、 係員は黙って170Bを請求。

つまり外国人3人 + タイ人1人の勘定だ。
なぜ我々3名が外国人と分かるのか、 それが不思議。

入場し、 まず目指したのが動物園。
といっても動物は藁で作られている。

  田んぼにできた動物公園。
pict-P_20181220_121857_1.jpg



pict-P_20181220_122323.jpg



  象がお出迎え。
pict-DSCN4955.jpg



  ここのライオンはやさしい。
pict-DSCN4956.jpg



   3匹のキングコング。
pict-DSCN4958.jpg



   人も手のひらに乗せます。
pict-P_20181220_121648.jpg



  これは何だろう?
pict-P_20181220_121730.jpg



   敬礼!
pict-P_20181220_121817_1.jpg



pict-P_20181220_121740.jpg




 動物見物のあとはランチ、 すぐ近くのレストランへ.....
pict-P_20181220_124355.jpg



  メニューは100バーツ前後から。 ビール大瓶:70B。
pict-P_20181220_125747.jpg
         ☝ 空心菜、 カナ、 シーフード。


  
  トムヤンクン、 ヤムモツ、 鶏の唐揚げ。
pict-P_20181220_125759.jpg



   焼き魚。
pict-P_20180331_113611.jpg


メニューは豊富、 お世辞抜きで美味しい。

タイ料理を堪能し、 最後に馬と鶴をじっくり見て帰る。



                 ☟




    馬面とツルツル輝く頭、 並び立てば神々しい感じ。
pict-pict-P_20181220_122621.jpg
       ☝ ジジイを連れてってくれた爺さん2人。


この日の友人・お馬さんは、 みんなに喜びを与えた。
ありがとう!


昼も夜も飲んで食って飽きないチェンマイ。





チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:22| Comment(6) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

独居老人の生活1386(外交官のお仕事)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1386(外交官のお仕事)


  外交官はよい天気のときにしか役に立たない。

  雨が降れば一滴でしおれる。
                                  ド・ゴール  (フランス大統領)


「週刊新潮」 に ”大使の食卓” という連載がある。
今週号には在日本タイ王国大使がご登場。

待ってましたということで、 ちょっとご覧なってください。
                 ☟
pict-DSCN4952タイ駐日大使 (1).jpg
                 ☝
   バンサーン プンナーク大使(59)とユバディー夫人。


  下は現在の大使公邸。 
  ゴシックスタイルの瀟洒な洋館だ。
pict-pict-DSCN4954.jpg
                   ☝
大使公邸は清朝最後の皇帝の弟、 愛新党羅溥傑と後に妻となる嵯峨 浩(ひろ)がお見合いした家。


ユバディー夫人は母国でレシピ本を刊行するほどの料理の達人。

「タイ料理の特徴は、 1つのお皿に塩味、 酸味、 甘味、 辛味など色々な味が入っているところでしょうか」

大使も語る。
「ソムタムはタイ東北部の料理といわれますが、 実は定かではありません。

150年前からあります。 グリーンカレーとセットにして、 ラーマ5世の時代からあったメニューだそうです」

美食家で、 宮廷料理の原型を作ったといわれるラーマ5世は、 お忍びで街中に出かけ、 人々の食生活を興味深く調べたという。

    pict-King Chulalongkorn the Great (Rama V).jpg
          ☝ ラーマ5世。


ジジイは何度もソムタムを食べているが、 あれは宮廷料理だったのか。 道理でジジイの口に合うはずだ。

ではタイ大使が紹介するタイの宮廷料理4品。

pict-DSCN4952タイ駐日大使 (2).jpg


@ ココナッツミルクで炊いたジャスミンライス 「カーオマン」 はバンダンリーフも味付けに一役買っている。

ライスの上に添えてあるのは甘辛味の豚の干し肉。


A チキンカレー。
1kのココナッツミルク、 パームシュガー、 赤パプリカ、 ハープ、
ナムプラーを入れると味はさらにまろやかに....


B ソムタム。
タマリンドの果実のジュース、 ナムプラー、 パームシュガーで
ソースを作り、 パパイヤに絡める。

トッピングには干し海老の粉、 干し唐辛子、 ライム。


C バナナの葉を帽子にして、 ライスを被せて登場させる洒落た演出。

皆さまもタイの宮廷料理にトライなさってみては如何でしょうか。
(source : 週刊新潮)

                 * *

一方、 在タイ日本大使公邸は?
ちなみに現在の大使は佐渡島志郎氏、 2015年4月に着任。
                 ☟
pict-在タイ日本国大使公邸.jpg
              ☝ 新年懇親会にて。


料理の方は大使公邸専属の料理人がいるはず。
タイ大使公邸では毎年、新年懇親会が開かれている。

専属料理人も腕を振るうのであろう。
日本大使公邸はパーティーができるほど広いのだ。

1996年12月、 ペルーの日本大使館がテロに襲われ、 4ヵ月以上も人質になった事件は記憶に新しい。

この時は恒例の天皇誕生日祝賀レセプションが行われていた。
参列者が600人もいたというから驚き、 それくらいに大使公邸というのは広いらしい。

タイ大使公邸も色んなレセプションに利用される。

例えば2018年1月27日、 「クルンシィ・アユタヤ 『絆』 駅伝2018」 の前夜祭(レセプション)が大使公邸で開かれた。


2017年2017年1月25日には、 「Jリーグ アジアチャレンジ in タイ インターリーグカップ」 のパーティーが開催。
                  ☟
pict-在タイ日本大使公邸でレセプションパーティーアジアチャレンジ.jpg
         ☝ 日・タイ修好130周年の記念大会。


このパーティーには、 大会に参加している鹿島アントラーズ、 横浜F・マリノス、 バンコク・ユナイテッド、 スパンブリーFCの監督、選手をはじめ、 日・タイの多くのサッカー関係者が参加。

                 * *

2015年5月は、 山形県東根市からの訪問団を迎える。
「果樹王国ひがしね さくらんぼ試食会&プレゼンテーション」

出席者42名で、 バイヤー、 日本食レストラン関係者、 現地メディア、 県人会、 旅行代理店など。

東根市長や佐渡島志郎大使が挨拶。

                * *

2014年10月には佐賀県からやって来た。
この年2月に上映され大ヒットしたタイ映画 「Timeline」 の影響で、 佐賀県にタイ人観光客が急増。

ならばとタイ人観光客の誘致やトップブランドの一つである 「佐賀牛」 の輸出拡大等を目論んだわけだ。

佐賀県知事をはじめとする訪問団が大使公邸でプロモーション、 メディア・旅行事業者向けの観光説明会を実施した。

この時の大使は佐藤重和氏、 勿論 訪問団を歓迎し挨拶もした。


ちなみにタイにおける佐賀牛の取扱指定店は2018年1月現在で7店。
指定店になるには、「佐賀牛のメニュー化」 と 「定期的な購買」 が条件になるという。

バンコクの鉄板焼きレストラン 「紅花」 が指定店の1つ。
チェンマイの和食店 「五郎」 には佐賀牛のメニューがあるが、 指定店かな?


とまあタイ大使もパーティーだけやっていれば気楽なお仕事だが、 さてどうだろう。

ところで在チェンマイ日本総領事公邸ってあるの?  
専属料理人はいる?

おそらく広い公邸がないから、 日本総領事館主催の新年賀詞交換会はホテル開催になるのだろう。


それにしても在日本タイ王国大使ご夫妻、 何と上品で教養がありそうな風貌か。






若いオンナ大好きのジジイとは月とスッポン。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:10| Comment(14) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする