2018年11月30日

独居老人の生活1369(タイの刑務所を見よう)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1369(タイの刑務所を見よう)


刑務所に入らずして、その国家を真に理解することはできない。

国家は、どのように上流階級の市民を扱うかではなく、

どのように下流階級を扱うかで判断されるべきだ。

                          ネルソン・マンデラ (南アフリカの元大統領)


@ パレードとコンサート。

  第7回国際 ”We Love the King”
pict-We Love the King.jpg


2018年12月5日(水) 午後3時〜 午後9時。
場所はチェンマイ・3人の王様像(広場)

現ワチラロコン国王を称え、 亡くなられたプミポン国王を偲んで
開催。
たくさんの国々によるパフォーマンスとライブ演奏がある。

                 * *

A タイの若者は夜更かしがお好き。

ウドンタニー知事に率いられ、 29日午前1時半、 当局と軍の兵士はタハーン通りにあるバーを急襲。

そのバーでは閉店時刻の午前1時を過ぎても客が飲んでいた。

pict-Udon Thani pub raid.jpg


客のIDを調べると、 店内には15歳以下が2人、 17歳以下が
3人、 18〜19歳が144人と、多数の 20歳以下を確認。

バーのオーナーは起訴される。
容疑は閉店時刻違反、 許可時間を過ぎた酒類販売、 20歳以下の入場と酒類の販売。


ウドンタニーはヴィエンチャン(ラオス)まで車で約1時間。
ジジイは過去、 ここに3回来て宿泊も2度している。

そんな賑わうバーがあるとは全く知らなかった。
それにしてもタイの若者は元気、 夜明けまで遊ぶのだろう。

15歳以下も、女の子も深夜まで....どうなんってんだ。
警察に苦情(垂れ込みか)が出て、 手入れになったそうな。

                  * *

B スポーツの祭典。

明日12月1日から10日間の日程で、 タイの全国学生陸上競技
大会が開催される。

場所はチャンプアクの市営競技場。
すっかり飾り付けを終え、 タイ全土から集まる学生を待つだけ。

pict-P_20181130_064953競技場大会飾り (1).jpg
       ☝ セレモニーの舞台づくりも準備万端。



  スタジアムのメインスタンド前はお祭りムード。
pict-P_20181130_064953競技場大会飾り (3).jpg



pict-P_20181130_064953競技場大会飾り (2).jpg



競技場トラックへのゲートも傘でデコレーション。
  入場行進はここからスタートかな。
pict-P_20181130_064953競技場大会飾り (4).jpg


スポーツ観戦がお好きな方、 暇つぶしができるかも。

                 * *


C タイの刑務所はこの世とは思えない地獄とか。

2017年カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門で上映され、 大きな反響を呼んだのが 「暁に祈れ」。

   pict-暁に祈れポスター.jpg


イギリス人ボクサー、 ビリー・ムーアの自伝ベストセラー小説を映画化、 戦慄の実話アクション。      

ビリーは、 タイで自堕落な生活を過ごすうちに麻薬中毒者に....

ある日、 警察から家宅捜索を受けた彼は逮捕され、 タイで最も悪名高い刑務所に収容される。

そこは殺人、 レイプ、 汚職が横行する、 この世の終わりともいえる場所。
レイプは便所、 男が男たちに犯され続け、 発狂・自殺者も多数。

pict-暁に祈れ2.jpg


死と隣り合わせの日々を過ごすビリーだったが、 所内に設立されたムエタイ・クラブとの出会いが転機となる。

彼は習得したムエタイを武器に地獄の刑務所を生き抜いていく。

pict-暁に祈れ4.jpg
    ☝ 刑務所内でのムエタイ試合を観戦する囚人たち。



  ラブロマンスもあるのかな。
pict-暁に祈れ3.jpg


監督のジャン=ステファーヌ・ソヴェールは、 撮影場所に本物の
刑務所を使用。

主要キャスト以外は実際の元囚人や、 タイの伝説的なボクサーであるソムラック・カムシンなどを重要な役どこで起用した。

タイ語を知らないビリーの恐怖を観客に味わわせるために余計な字幕は一切入れず。

ビリーの息遣いまでも伝わるよう、 音響にもこだわり、 本作の迫力を重視したという。

2017年製作、 上映時間:117分。
日本では12月8日(土)より全国順次公開。

出演:ジョー・コール、 ポンチャノック・マブラン、
    ヴィタヤ・パンスリンガムほか。

監督・脚本:ジャン=ステファーヌ・ソヴェール

原作:ビリー・ムーア

『A Prayer Before Dawn:
  My Nightmare in Thailand’s Prisons
  (夜明け前の祈り:タイ刑務所の私の悪夢)』


では予告編をどうぞ。  (1分48秒)
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=v5mWoct9rtM


英語バージョンの予告編は 2分25秒。
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=Mp88Nuci68c


タイの刑務所の凄まじさを見たければ 『暁に祈れ』 で.....
服役者の人権尊重はどうなんだろう。

国連人権理事会の方々は調査してるんだろか?


チェンマイでも上映されると思うが.....観てみたい映画である。






タイの刑務所で暮らす日本人、 大変だろな。


チェンマイって ホントいいですね!

  <参考までに>
読者の方より90日オンラインに関し、コメントにて質問あり。
次の用紙を印刷しておけばOK、 全く問題ありません。
                  ☟
pict-DSCN3377.jpg






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:47| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする