2018年10月30日

独居老人の生活1340(UBOXを買って・・)


 本日2度目のアップです。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1340(UBOXを買って...)


 哲学と現実世界との関係は、

 マスターベーションとセックスの関係と同様である 

                                カール・マルクス (ドイツの思想家)


本ブログで以前ご案内したのが 「EV Pad」。
これをテレビに繋げば世界中のTV番組が見られるという代物。

ジジイはブログでは取り上げたが、 自分では使用したことなし。
なぜなら部屋の備え付けのテレビが古いブラウン管TVで、 接続
できなかったから。

ところが先週、 友人から 「EV Pad」 と同類の 「UBOX」 の中古品を買いませんか、と誘いがあった。

「UBOX4」は、香港のUNBLOCK TECHという会社が開発・販売している。
日本の通販では大体15,000円、 4,300バーツはする。

ジジイは 「千バーツならOK」 の回答 → 購入することに...
安価で入手、 ラッキー、 嬉しくて....


となると必要になるのが液晶テレビ。
で、早速お堀沿いにある 「サイアム」 へと足を運ぶ。

とにかく安価なTV優先、 店員さんに勧められてこれに決定。
     29インチ。
  pict-pict-P_20181027_135100液晶テレビ (1).jpg           

  
「TCL」 は広東省恵州市に本社がある電気機器メーカーだ。
サムソン、 LGなどがあったが、韓国メーカーは端から除外。

韓国産は買わない...これが腹が立つ韓国へのささやかな報復だ。
ジジイと同じ考えの日本人がたくさんいるのでは?


現金で支払い、 バイクの座席前に載せて自分で持って帰る。
ジジイができるのは自宅の部屋に置くことまで。
                   ☟
pict-P_20181027_135100液晶テレビ (5).jpg


あとは友人に教えて貰わないとジジイ1人では難しい。
購入した翌日、 友人が拙宅まで来てくれた。

      UBOXの外箱。
  pict-pict-P_20181027_135100液晶テレビ (3).jpg 



      取り出してUBOXをTVに接続。
    pict-P_20181027_135100液晶テレビ (4).jpg


手慣れたものでスムースに作業は進行。
だが視聴の段階でトラブル、 TOTの通信が切れたり繋がったり。

友人が呆れて、 「もっとハイスピード容量にした方がいいよ」

               * *

友人が試運転していた時は、 通信状態が悪くなる時間帯か。
今はほとんど普通に見ることができる。
                 ☟
    pict-P_20181027_135100液晶テレビ (2).jpg


アダルトビデオ鑑賞もOK、 1万ほどの作品からチョイスできる。

但しどれも似たりよったりで、 見ても全く奮い起たない。
                  ☟
pict-DSCN4802アダルト.jpg


もっとロマンチックなストリーのエロビデオが欲しい。

例えば、 徳富蘆花の小説 「不如帰」 をモチーフに、 武夫と浪子の激しいSEX。

または 「愛染かつら」 に似せて、 津村浩三と美貌の看護婦高石かつ枝の情熱の H。

花も嵐も 踏み越えて  行くが男の 生きる道 ♬

泣いてくれるな ほろほろ鳥よ  月の比叡を 一人行く

pict-愛染かつら.jpg
           ☝ 田中絹代と上原 謙。
             2人に似た俳優が性交する。


「君の名は」 のエロビデオなら、 巡り会えた春樹と真知子がここぞとばかりにヤリまくる。

時代劇なら駆け落ちしたお夏と清十郎の狂わんばかりの房事。

泉鏡花の小説 「婦系図」 なら、 引き離されるお蔦と主税の最後の1発、 2発、 若いから3発。
            ☟
   pict-婦系図.jpg
        ☝ 市川雷蔵。


こんなエロビデオがあったら、 ジジイのムスコも奮起しそうだが...







見るよりも.....実物の美女が欲しいですわ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:51| Comment(2) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

独居老人の生活1339(朝5時半のイミグレ)


本日は2回に分けて掲載します。
11時前には2度目のアップ予定。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1339(朝5時半のイミグレ)


 人生の価値は時間の長さではなく、その使い方で決まる。

 長生きをしてもむなしい人もいる。

                          モンテーニュ (16世紀のフランスの哲学者)


@ 午前5時半からのイミグレオフィス状況。

チェンマイ・イミグレ事務所がプロムナード・ショッピングモールから空港近くに移転して1ヵ月以上を経過。

昨日(10月29日、 月曜日)は、 状況チェックのためイミグレに出向く。
朝5時半到着、 ゲートは既に開いており、 敷地内に入る。

イミグレの来訪者用駐車場はまだ10台分ほど空きがあった。
そこに駐車してオフィス内へ.....

40人ほどが椅子に座っており、 イミグレの係員は1人だけ出勤していた。
                   ☟
pict-1540784492946イミグレ事務所 (1).jpg
        ☝ 午前5時半過ぎのイミグレオフィス。


6時前になってイミグレ係官が現れ、 6時にはスタンバイ完了。

6時きっかりに、 カウンターで順番札の配布開始。
前方の椅子で待機する申請者から数名ずつが順々に並ぶ。
               ☟
  pict-1540784492946イミグレ事務所 (2).jpg


この段階で必要書類が確認され、 順番札が渡される。
6時15分、 リタイアメントビザの1番の人が呼ばれて手続き開始。


ということで、 昨日確認できたことは、

1.申請者は朝の5時半前にはオフィス内で座って待っていた。
2.6時から順番札を配った。
3.各申請手続きは6時15分から業務スタート。

思いもよらないイミグレのサービス改善、 実にありがたい。
一方の係官たちは早朝出勤を強いられる。

そのうちふてくされてサボるんじゃないか....ちょっと心配。

                 * *

A 午後1時25分到着で90日届けをする。

Nさん(74)は午前10時過ぎに自宅を出発 → イミグレオフィスへ。
ところが日頃の行いが悪いのか、 すんなりとはイミグレに到着しなかった。

発端は途中でコピー店に立ち寄ったこと。
コピーを終え、 店の前に置いたバイクに戻ってアレレ。

止めておいたバイクに車がぶつかり、 荷台の籠が壊れている。
運転手に補償してくれるように言うが、 話が進まない。

ならばとツーリストポリスに連絡 → 11時半前にポリス到着。
            ☟
pict-Screenshot_20181029-134208.jpg


話し合いで12時過ぎには結論が出た。
Nさんが修理し、 その代金の領収書を保険会社に持参してOK。

保険会社は 「バンコクインシュランス」 、 話がついた由。

                * *

予期せぬことで時間が取られたNさんは、 ランチ後イミグレへ。
着いたのが1時25分、 バイクは敷地内の空いた所に停める。

貰った順番札はB195、 その時B152が手続き中で43人待ち。
自分の番が来たのは2時間後、 月曜だからか意外と混んでいた。


ジジイも過去に何度か90日届けでイミグレに出向いたが、 2時間待ちというのは1度もない。

最も長い待ち時間は30分ほどで1回だけ、 この時は1時10分頃到着、 順番札を貰うのに5分ほどかかった。

それ以降は到着を遅め(2時半〜3時半)にした。
結果、 いずれも10分ほど待って90日届け完了。

最近はオンラインで届け出ている。 10分とかからず楽ちん。
ジジイはNさんに訊いた、 「オンラインでやればいいのに?」

その答えは、 「スキルがないから.....」

そう、 スキルもないし、 毎日やることもない。


イミグレは.....







 暇つぶしに持って来いだ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:01| Comment(2) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする