2018年10月24日

独居老人の生活1332(金持ちと貧乏人:お洒落編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1332
                      (金持ちと貧乏人:お洒落編)


  金がないから何も出来ないという人間は、

  金があっても何も出来ない人間である。

                              小林一三 (阪急・宝塚歌劇団の創業者)


チェンマイではたくさんの日本人が生活している。
大邸宅で暮らす人もいれば、 3千バーツ/月のアパートで暮らす
人も。

今日は、 そんな彼らが好みそうなお店をご案内します。

先ずは富裕層に属する日本人がお洒落のために行く店。
Thann」 というブランドをご存知?

アメリカ、 シンガポール、 香港、 中国、 韓国など12か国に、 美とアロマセラピー製品の直販店を出している。

加えてギフトにぴったりのアイディア商品を提供。
皆様の奥さま/恋人に贈れば、 爺さんの好感度アップ間違いなし。

実際にどんなものか、 ホームページ(日本語)をどうぞ。
             ☟
https://www.thann-natural.co.jp/


この 「Thann」 のアウトレットが今年10月、 チェンマイにオープンした。 (地図はココをクリック)

場所はPhra Poklao Road、 ワット・チェディルアンの真向い。
営業は年中無休、 午前10時〜午後10時まで。

                  * *

それでは新規開店のチェンマイ 「Thann」 を覗いてみよう。
店の広さは285u(約86坪)。

  通りから見た店舗。
pict-P_20181010_143150Thann (1).jpg



  入り口で早くも雰囲気を・・
pict-P_20181010_143150Thann (3).jpg


  入るとお茶を出してくれる(無料)
  1階が自社ブランド品の売り場。
pict-P_20181010_143150Thann (2).jpg



  棚には買いたくなるような品が並ぶ。
pict-P_20181010_143150Thann (7).jpg



  女性用の衣類も・・
pict-Thann-Chiang-Mai-05.jpg



  なんか芸術作品展といった感じ。
pict-P_20181010_143150Thann (6).jpg


棚に香水のお試し品があったので匂いをチェックした。
ジジイが手にシュッとかけたら店員がそれを見て..

「お客様、 それはお部屋に散らす香水です。
 お身体用はこちらにあります」  と日本語で.....

ああ恥ずかしい、 ちなみに香水類の値段は1,500Bくらいから。
貧乏人には手が出ないが、 女性を口説くために奮発したいもの。



     あなたの大切な彼女に贈りましょー!
  pict-pict-Opening of Thann.jpg



    愛する奥さまにプレゼント!
  pict-pict-Opening of Thann2.jpg



2階は絵画などアートやジュエリー(宝石やアクセサリー)のギャラリーになっている。

  絵画は売りもの?
pict-Thann-Chiang-Mai-07.jpg

店員さんに日本語堪能な女性がいる。
若くて美しい、 お話しするだけでも価値がある。

                 * *

「Thann」 の南隣にあるのが 「Chala Number 6 Hotel」。

pict-P_20181010_142844Chala (1).jpg



pict-P_20181010_142844Chala (2).jpg


宿泊代はagodaで見たら8200バーツ/泊〜。
ホテル内にはアロマセラピーのSpaがある。

お金持ちの皆さま、 奥さま/恋人を連れてってあげましょー!

ここのロビーにはこんな置物が・・・

    pict-P_20181010_142705Challa (2).jpg



  嬉しいなあ、 日本の磁器が置いてある。
pict-P_20181010_142705Challa (3).jpg



これも・・昭和天皇の在位:1926~1989と書いてある。
               ☟
   pict-P_20181010_142705Challa (4).jpg


旧市街(堀の内)の便利な所に五つ星クラスのホテル。
プールで泳ぎ、 Aromatherapy Spaで身体をほぐす。

チェンマイで、 素敵な女性とこんなお洒落な雰囲気を味わってみたいもの。  貧乏な皆さまはビデオでどうぞ!  (2分)
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=KB2aJxEh0hI  

                 * *

では貧乏人はどんな店に行くんだろう。
物価が比較的安いというチェンマイでも、 貧乏人は衣類1つを買うにもカネがない。

それでもお洒落して、金持ちのカッコいい爺さんに見られたい。

となると足が向くのは、 「ロイヤルペニンシュラホテル」 の北隣に並ぶ数店の古着屋・中古品店。  (地図はココをクリック)

では一番北寄りにある 「TORO」 店から覗いてみよう。
                    ☟
pict-1539426137979古着屋 (6).jpg



  店内はとても広い。
pict-1539426137979古着屋 (9).jpg



     こちらのズボン(パンツ)は10バーツ。
   pict-1539426137979古着屋 (7).jpg



  シャツも10バーツからある。
pict-1539426137979古着屋 (8).jpg



  こちらは少々お高く、 カラーシャツ:100B、 ジーンズ:60B。
pict-1539426137979古着屋 (10).jpg



 この店は 「TORO」 の南隣。 こんな店が4軒ほど並ぶ。
pict-1539426137979古着屋 (11).jpg



  婦人用シャツが10バーツから。
pict-1539426137979古着屋 (12).jpg



  スニーカーから革靴まで・・
pict-1539426137979古着屋 (15).jpg



     食器類から何でも中古品。
   pict-1539426137979古着屋 (2).jpg



  サンダルは35バーツ。
pict-1539426137979古着屋 (3).jpg



     カメラも・・
   pict-1539426137979古着屋 (4).jpg



     これは中古の健康器具。
   pict-1539426137979古着屋 (5).jpg



友人Hさんは貧乏人、 100B/泊のホステルにも喜んで泊まる。
この爺さんが掘り出し物を見つけ、 即購入。
                  ☟
    pict-1539426137979古着屋 (1).jpg
       ☝ 「Marks & Spencer」 の短パンだ。


「マークス & スペンサー」 は、プライベートブランドの衣料品・靴・ギフト商品・家庭用雑貨・食品などを販売する英国の小売事業者。

pict-pict-Marks & Spence.jpg


貧乏人のHさんは大喜び、 これをはいて英国紳士に早変わり。
                ☟
     pict-Marks & Spence2.jpg
                ☝
ちなみにHさんの身長は約180p、 感じがこのモデルにそっくり。


帽子を被り(ハゲ隠し)、 サングラスとマスク(老醜の顔隠し)をすれば、 チェンマイ娘にモテモテだろう。

このように貧乏人でも、 やり方次第でお洒落ができるのだ。 

但し、







カネがないHさん → オンナには見向きもされません。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:10| Comment(6) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする