2018年10月16日

独居老人の生活1325(花の町・東京)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1325(花の町・東京)


   君に笑って さよなら言って
   電車は走る 遠い道を

   あぁ今すぐにでも 戻りたいんだ
   君の住む町 花の東京
                    
マイ・ペース (歌手)
                                
https://www.youtube.com/watch?v=IcYGOUs3NbM


@ 旅行者のアジア訪問国番付け。

「The World Tourism Organisation」 (世界観光業協会) がレポートしている。

観光産業は成長する世界経済セクターの1つをなしている。
世界的にみて、 ツーリストの数は年々増加。

  ・1950年:2千5百万人
  ・1980年:2億7千8百万人
  ・2000年:6億7千4百万人
  ・2016年:12億3千5百万人

アジア太平洋地域は世界の観光産業の3割を占めている。
世界のツーリスト増加率は平均4%だが、 アジアは7%の増加。

ツアー客増加でもアジアは他の地域を圧倒している。
ではアジア各国の観光客訪問数を見てみよう。

最も多くツアー客を集めたのが中国で、 59,270,000人。
第2位がタイの 32,580,000人。

日本はマレーシアの後塵を拝して第4位の 24,030,000人。
                   ☟
pict-pict-Asia’s Most Visited Countries.jpg


韓国はTHAADの影響で中国人観光客が落ち込んで第6位(13,230,000人)。
それでも韓国には強い分野(魅力)があるようだ。

2017年、 整形手術目的で来韓した外国人は約5万人。

pict-Korea last year to receive plastic surgeries .jpg
                  ☝ 
  彼らは約1億8千9百万ドル(226億円)/年を使っている。
                    (韓国政府発表による)

意外に少ないのはフィリピンの約6百万人、 ジジイはもっと多いものと思い込んでいた。

ちなみにフィリピンへ来る最多観光客は韓国人。
なんでかな?

                  * *

A 中国人のカンボジア旅行。

中国人5人が初めてカンボジアを旅行した。
そのうち3人が車に乗り、 後から2人が荷物を積んだ馬車で追いかける。

近くにいたカンボジア人が訊いた。
「どうなってるんですか、 これは?」

「彼ら2人はチベット系中国人で、 雑役係として連れて来た」


20年経ってまた旅行した。

今度はチベット系中国人が空の荷馬車で先を進み、 後から中国人3名が荷物を積んだ車で付いて行く。

「序列が変わったんですか?」 とカンボジア人が皮肉な質問。

「いや、 地雷」

                   * *

B 爺さんが列車の旅で......

車内検札がやって来た。 切符を探したが見つからない。
財布、 鞄、 ポケット、 どこを探しても切符は出こない。

「見つからなければ、お客様の住所氏名をお聞かせください。
 それで結構ですよ、 ご心配なく........」

乗客の爺さんは青ざめて言う。

「心配なんです、 切符が見つからなければ、 これから何処へ
  行ったらいいのか判らんのです」

老人の1人旅は気をつけよう、 己のボケには気づかない。

                  * *

C 中国人がインディアン居留地を旅行。

土産物を購入した中国人観光客、 その1人が店先の通りでウンコした。

インディアンのガイドが言う。

「お客さま、 大小便なら店の裏側にある大草原でお願いします」

インディアンガイドは 「ちょっと私も..」と言って草原に入って行く。 
そして樹の陰でウンコし、 木の葉っぱで尻を拭いた。

後を付けてきた中国人がそれを見て、
「オイ、 手が汚れないかい?」

「インディアン、 クソつかない」

                  * *

D 世界で人気の小さな街と大都市・ベスト‐10。

アメリカの旅行雑誌 「Conde Nast Traveler」 が今年発表した人気の都市や街は?

同誌が読者にアンケート、 回答のあった約43万人の結果を掲載。
先ず小さな街のベスト10から。

第一位はメキシコの San Miguel de Allende。
             (サン・ミゲル・デ・アジェンデ)
             ☟
pict-pict-San Miguel de Allende, Mexico.jpg


pict-サン・ミゲル・デ・アジェンデ2.jpg

  (地図はココをクリック)

コロニアル建築の歴史的建物が立ち並び、 丸石の狭い通りや樹々の多い中庭など、 美しい景観を持つことから大人気。

スペイン植民地時代初期の1542年にフランシスコ会の聖職者
サンミゲルによって開かれた街である。

ライバルの米国旅行雑誌 「Travel + Leisure」 でも2年連続で
第一位。

ジジイは残念ながら行ったことがない。

メキシコシティなら3度の訪問、 ここから近いサン・ミゲル・デ・アジェンデだが、 その名は初耳だった。

第2位以下は次の通り。

top10 best small cities 2018:

1. San Miguel de Allende, Mexico
2. Salzburg, Austria

3. Lucerne, Switzerland
4. Basel, Switzerland

5. Cologne, Germany
6. Florence, Italy

7. Jerusalem, Israel
8. Porto, Portugal

9. Venice, Italy
10. Edinburgh, Scotland

                  * *

では行ってみたい世界の大都市、 ベスト‐10は?

第一位に輝いたのは東京。 何と第2位は京都。

pict-Tokyo.jpg
                  ☝ 東京。


東京の魅力....米国旅行雑誌の読者が言うには、
高層ビルとネオン輝く美しい大都会の中に、 伝統的な神社仏閣もある。

東京は世界中のグルメの眼が釘付け、 ミシェランガイドの星つき
レストランがいっぱいの日本の首都。

旅をするなら東京、 京都.....これがツーリストの願いなのだ。

pict-渋谷.jpg
        ☝ 東京・渋谷駅前スクランブル交差点。


では誰もが行ってみたい大都市の番付けです。

 < top 10 big cities>

  1. Tokyo,  Japan
  2. Kyoto,  Japan

  3. Melbourne,  Australia
  4. Vienna,  Austria

  5. Hamburg,  Germany
  6. Sydney,  Australia

  7. Singapore
  8. Paris,  France

  9. Barcelona,  Spain
  10. Vancouver,  British Columbia, Canada

ちなみにジジイはこの10のうち、 7都市を旅している。
(注) 東京はジジイの自宅がある都市。

東京はアメリカ人も、 そしてタイ人をも魅了する都市なのだ。

チェンマイで若い女性に対する最も効果的な口説きセリフは、

「僕と一緒に東京を旅しようよ」  これでOK(だと思うが...)。


しかしジジイは、 東京以上に素晴らしい都市を知っている。
本来ならこの都市がトップに来るはず。

今日は特別に、 皆さまにだけお教えいたしましょう。
その都市とは.........











 チェンマイ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:31| Comment(8) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする