2018年10月13日

独居老人の生活1322(不快なイベント)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1322(不快なイベント)


緊密な同盟関係を維持するには、
三つの要素が必要だとされる。

第一に共通の脅威の存在であり、
二つ目はそれへの対処が『共通の国益だ』 という認識。

そして三つ目に、相手は誠実に約束を守るだろう、
という信頼の基盤である。

                           中西輝政 (国際政治学者、 京都大学名誉教授)


今日はイベント3つがテーマ。
@と Aは愉しいイベント、 Bは不愉快なイベントです。

@ チェンマイ・ヒナステラ国際音楽祭。
  (Chiang Mai Ginastera International Music Festival)

pict-Chiang Mai Ginastera International Music Festival.jpg

開催期日:11月11日(日)〜11月17日(土)。

 <コンサート>

1.11月11日(日) 19:30〜
  ・ Eduardo Delgado (Argentine) Piano Recital

場所: バーン・ロイチャンホール(ロータスホテル7F)
チケット: 300バーツ(学生100バーツ)
                   ☟
pict-banroichanhall.jpg


2.11月13日(火) 19:30〜
  ・上海フィルハーモニーオーケストラ。
  ・ カド・シアター(セントラル・カドスアンケーオ内)
  ・チケットは座席指定なし:無料、 座席指定:1000バーツ。
                   ☟
pict-kadtheater2.jpg



3.11月14日 (水) 19:30〜
  ゲストアーティスト・コンサート
    pict-Guest Artists Concert 2.jpg


pict-Guest Artists Concert .jpg
  ☝ 左から、
バイオリン:Pham Truong Son、
チェロ:Minzhe Wu、
ピアノ:瀬田敦子、 Antonio Di Cristofano

チェンマイでもお馴染み瀬田敦子さん(63歳)が居住先のポーランドから駆けつけた。
今回はチェロ並びにバイオリンとそれぞれで共演、 嬉しい限り。

場所: バーン・ロイチャンホール(ロータスホテル7F)
チケット: 300バーツ(学生100バーツ)


4.11月17日(土) 19:30〜
  ・上海フィルハーモニーオーケストラと
   チェンマイ交響楽団とのジョイントコンサート。

  ・カド・シアター(セントラル・カドスアンケーオ内)
  ・チケットは座席指定なし:無料、 座席指定:1000バーツ。

5.他にバーン・ロイチャンホールでは16日までの毎日、 コンテ
  ストが行われる。 午前9時〜
  

もう恒例になったこの音楽祭 「ヒナステラ」 は、 アルゼンチンの作曲家・アルベルト・ヒナステラの生誕百年を記念して付けられた。

若手ミュージシャンの登竜門にもなっており、 コンテストに出場して優勝すれば賞金も出るのだ。

  第一位 : 100,000THB
  第二位 : 50,000THB
  第三位 : 30,000THB

加えてチェンマイ在住ミュージシャンを対象に特別表彰。
  第一位 : 10,000THB
  第二位 : 5,000THB
  第三位 : 3,000THB


お時間がございましたら是非どうぞ!


ちなみに2016年のこの音楽祭は10月9日〜15日で開催。

ところが国王の逝去(10月13日)により、 予定されていた15日の 「チェンマイ交響楽団ガラコンサート」 は中止に.....

ジジイはこの時、 10月11日のアコーディオン・ソロリサイタルを聴きに行った(この模様は本ブログ#669、 10月12日に掲載)

                   * *


A チェンマイ・モーターエキスポ 2018。
  (Chiang Mai Motor Expo 2018)

開催期日: 10月12日〜21日(日)、  10am〜9pm(毎日)
開催場所: セントラル・エアポートプラザ。

    pict-Motor Expo 2018.jpg



      嬉しいスバルの出展。
    pict-Motor Expo 20183.jpg



      こちらはシボレー(GM)
    pict-Motor Expo 20184.jpg



      バイクも・・これはKawasaki。
    pict-Motor Expo 20182.jpg    

車ファンの方、 暇つぶしにどうぞ!

                  * *


B 不愉快なイベント(韓国での国際観艦式)

日本は韓国からの 「旭日旗(軍艦旗)は掲げるな」 の要求で、 自衛艦派遣を見送る措置。
日本の 「自衛艦旗の掲揚は義務だ」 の主張は正しいこと。

ところが韓国はこの観艦式で矛盾することをやった。

文在寅大統領が乗艦する駆逐艦に、 抗日の象徴として英雄視される李舜臣の旗を掲揚したのだ。
pict-李舜臣将軍が使った旗.jpg



李舜臣は李氏朝鮮の将軍で、 文禄・慶長の役(豊臣時代)において朝鮮水軍を率いて日本軍と戦い大活躍。

これ見よがしに掲揚、 ご満悦の文大統領。
                    ☟
pict-pict-李氏朝鮮の李舜臣将軍.jpg


韓国は、 参加国には自国と韓国の国旗のみを掲揚するよう通知。
これは、 日本だけの要請は拙いと考え、 一応他国にも......

見え見えのお座なり措置。  で、他国はどう対応したか?

タイやオーストラリアなど全ての各国海軍は韓国の通知を無視、 軍艦旗を掲揚して海上パレードに臨んだ。

      これが我がタイ海軍の軍艦旗。
    pict-タイ海軍の軍艦旗.jpg

そう、 世界各国にとって軍艦旗掲揚は不可欠で当然こと。
日本も堂々と旭日旗掲揚で参加してやればいいのだ。
                  ☟
pict-李舜臣将軍が旗と旭日旗.jpg



韓国が李舜臣の旗なら、 日本はこれも一緒に掲げればイイ。

                  ☟

    pict-pict-豊臣秀吉の家紋2.jpg
           ☝ 豊臣秀吉の家紋の旗。


では10月11日に南部済州島で開かれた韓国による観艦式です。
                 ☟           (44秒)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181011/k10011667871000.html


日本は昔から少しも変わらない。
いつも通りに腰が引けたか忖度したか、 観艦式の参加見送り。


しかし日本は、 韓国と緊密な同盟関係はない。
何事にも誠実に約束を守らない国家は信頼できぬ。

だから韓国にはこう告げて欲しかった。








「貴国とは将来とも、 日本は一切関わりません」。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:36| Comment(0) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする