2018年09月27日

独居老人の生活1308(ピーピー島でシュノーケリング)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1308
                      (ピーピー島でシュノーケリング)


  人間を賢くし人間を偉大にするものは、
  過去の経験ではなく、 未来に対する期待である。

  なぜならば、期待をもつ人間は、
  何歳になっても勉強するからである。
                                        バーナード・ショー 


25日(火)朝にKrabiに到着、 昨日は2日目。
昼間はやることがない。

で、こういう時はツアーに参加、 連れてって貰う方が楽。
泊まっているホテルで申し込んだのが高速ボートの1日観光。

料金だが外国人は1,440バーツ/人(ランチ込み)。
訊いたら、 タイ人なら1,000Bなんだとか、 これ差別だよ。


午前8時半、 ホテル出発(送迎サービス)、 10分ほどでボート発着場所に到着。 
乗船前に名前、国籍、年齢を書かされた → これが乗客名簿か。
                  ☟
pict-DSCN4611ピーピー島高速ボート (6).jpg


客は若者〜中年が多い。 中国人はいないようだ。
ジジイは見っともないので、 年齢を63歳と記入。
                
 
  乗船前にガイドから説明を受ける。
pict-DSCN4611ピーピー島高速ボート (9).jpg



  いざ出発、 ボートが我々を待っている。
pict-DSCN4611ピーピー島高速ボート (8).jpg



  客は救命具を着用。
pict-P_20180926_112728スノーケリング (6).jpg



最初はバンブーアイランドに上陸、 ここで1時間遊ぶ。
  泳がない人はテーブルで休憩。
pict-P_20180926_112728スノーケリング (5).jpg



  泳ぐ人は海へ行く。
  ジジイは缶ビール(100B)、 木陰で一杯。
pict-DSCN4611ピーピー島高速ボート (5).jpg



再乗船、 シュノーケリングする場所に移動。
彼ら8人はグループで来たようだ、 若者ばかり。
                   ☟
pict-P_20180926_112728スノーケリング (2).jpg
    ☝ 英語を理解していたが....中国人ではなさそう。



ジジイが驚いたのは、 みんな救命具を着けてシュノーケリングしてること。  金づちが多いのか。
    pict-P_20180926_112728スノーケリング (3).jpg



    pict-P_20180926_112728スノーケリング (1).jpg



ランチ(無料)はどこかの島に上陸して......
この村はムスリムが多いのか、 大きな礼拝室が建っている。

バフェ、 質・量とも申し分なしの満点、 しかしビールがない。
ガイドに訊いたら、 7分ほど歩けば売店があるとか。
                  ☟
pict-DSCN4611ピーピー島高速ボート (7).jpg




仕方がない、 グッと堪えてBeerなしで食う。
こんな時は下戸のYさんが羨ましい。
pict-DSCN4611ピーピー島高速ボート (1).jpg

                  * *

ランチ1時間後、 ボートは観光スポットを周る。
別称・猿ヶ島では、 船から野生の猿が交尾する瞬間を目撃。

オス猿は挿入前に2〜3回、 雌猿のお尻をチェック(?)する。
そしておもむろにバックから挿入。

挿入時間は3秒くらい、 アッという間にSEX終了。
種の保存が目的、 外敵もいるし、 ゆっくりヤッていられないか。

ガイドが叫ぶ、 「皆さんはラッキー!」


野生猿の交尾を見学し、 次は景観美しいスポットへ........
                  ☟
pict-DSCN4611ピーピー島高速ボート (2).jpg


そして最後のシュノーケリングを楽しんで、 Krabiへ戻る。
下船したのは午後4時頃、 疲れ果ててホテルへ.......

参加してみたけど、 70過ぎの高齢者には不向きなツアーかも。

                  * *

ホテルで一眠り、 7時半に夕食へと出発。
「Wang Sai Sewfood」 に入る。  (地図はココ

   広い店内。
pict-P_20180926_194222Sew food Restaurant (3).jpg



  この蒸した貝が抜群に美味しい、 250B。
pict-P_20180926_194222Sew food Restaurant (5).jpg



   海老と野菜のスープ:200バーツ。
pict-P_20180926_194222Sew food Restaurant (4).jpg



   これは海老と何かの野菜炒め:150B。
   Beer Chang大瓶:100バーツ。
pict-P_20180926_194222Sew food Restaurant (2).jpg



  ビーチ沿い、 潮風と夜景を見ながらの夕食、 イイネ!
pict-P_20180926_194222Sew food Restaurant (1).jpg
                 ☝ 
  ジジイたちは遅めのディナー、 他の客は帰ったあと。

料金は2人分で880バーツ、 サービス料やVATが入っていなかったので、 釣り(120B)はチップとして渡す。


ここでシュノーケリングでぐったりのYさんはホテルに帰るという。
しかしジジイの好きなのは夜の観光。

で、 Yさんとはお別れして、 ジジイ1人がアオナンビーチの夜へといざ出陣。 

人間を賢く偉大にするものは、 オンナに対する期待である。
何事も勉強、 歳を取っても勉強だ。

センターポイントへ....ツクツク(バイクに席を横付)80バーツ。
ジジイは夜が更けると元気溌剌、 気分は30代。

すぐにセンターポイント到着。 (地図はココ)。

オ、オ、 いたいた、 ジジイの目が輝く。


                  ☟


pict-DSCN4619センタースポット.jpg


ようし、 行くぞ!






    この続きは次回にて........


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:14| Comment(4) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする