2018年09月21日

独居老人の生活1302(離婚模様)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1302(離婚模様)


   結婚は3Dです。

   打算、 妥協、 惰性、 そんなもんです。

                                 ドラマ 「最高の離婚」 より

日本の離婚率ってどのくらいだろう?
よく 「日本人の離婚率は3割」 といわれる。

厚生労働省発表の人口動態統計によれは、 2016年の結婚件数は62万531組、 離婚件数は21万6798組。

この数字をベースに離婚率を計算すると、
217000÷620531=35%。

でもこれは正確な統計とはいえないとか。
なぜなら単純に 「その年の結婚」 と 「その年の離婚」 を比較しているから。

2016年に結婚した人だけが対象で、 離婚は2016年以前に結婚していた夫婦全てが対象になる。 これでは離婚率が高くなるのは当然。

で、世界各国とも 「人口千人当たりの離婚率」 を統計として出している。

これだって未婚者や子供も含まれており、 夫婦数も一定とは言えないから、 厳密に正しいとは言えないが.......

で、厚生労働省が公表しているというデータは、
                   ☟
pict-「人口千人当たりの離婚率」.jpg
                   ☝
    1970年半ばから40年で離婚率が2倍になっている。



  では世界の離婚率を見てみよう。
pict-「人口千人当たりの離婚率」2.jpg
                    
断トツでロシアが高い離婚率。
しかし米国が予想外に低く、 日本より4割高いだけ。

えっと驚いたのがイタリア、 女と見りゃ口説くと言われているが
離婚率は日本より低い。

                  * *

既にご存知の方がほとんどでしょう。
立憲民主党の山尾志桜里衆院議員(44)の離婚が成立していた。
  (離婚届提出は5月下旬)

倉持麟太郎弁護士(35)とのダブル不倫問題は、 我々野次馬を楽しませてくれた。
倉持氏も既に離婚しており、 これでお互い晴れて独身、 人目を憚ることなく H に励むことができる。
pict-DSCN2542.jpg

尚、 倉持麟太郎弁護士は不倫騒動後、 山尾議員事務所の性策顧問に就任している。

ダブル不倫の2人はともに子供の親権を取得、 仕事と教育(子育て)でお忙しい毎日となろう。


山尾志桜里(旧姓菅野)は2006年に山尾恭生氏と結婚、 2人は東大の同級生だった。

本ブログで前にも書いたが、 ジジイが四谷三丁目の居酒屋で山尾恭生氏と飲んだのは2004年頃か。

彼と会ったのはその時1回だけ、 印象は好感のもてる男。
当時彼はIT企業の経営者、 半蔵門近くにオフィスがあったように記憶している。

    pict-山尾恭生2.jpg 
       ☝ 結婚した頃の山尾恭生氏。   


後にその会社をホリエモンのLivedoorに売却、 彼は一時期ホリエモンと共に働くことになる。

その頃得た数億円で、 山尾志桜里の衆院選初出馬(2009年、 当選)に際し資金の面倒をみる。

彼は妻の資金管理団体の管理者に就任していた。

山尾恭生氏はまた新しいIT企業を設立、 その会社が傾いたことで夫婦仲が悪化、 その頃に倉持弁護士が現れた。

恭生氏は債務者から民事訴訟を起こされて厳しい局面。

”金の切れ目が縁の切れ目” 、 山尾志桜里は ”糟糠の夫” を捨て、 9歳年下の弁護士に股を開く。
               ☟


pict-DSCN2545.jpg


何ともお気の毒な亭主だが、 ”金の切れ目が.....” はチェンマイでも日常茶飯事、 オンナってそんなもんだろう。

尚、 離婚して旧姓の菅野志桜里に戻った山尾議員だが、 政治活動はこれまで同様 「山尾志桜里」 で行う由。

知名度抜群のこの名前、 簡単には手放せないようだ。

                   
というわけで、 山尾志桜里/倉持弁護士も、 日本の離婚率アップに貢献してくれた。

不倫というのは例外なく、 激しく燃え上がるもの。
だが不倫終了、 となると2人の仲、 いつまで続くやら...見もの。

                  * *

ここで気になるのが日本人男性とタイ人女性の離婚率。
そんな統計があるのやら......

岡寺智大さん(国立環境研究所地域環境研究センター主任研究員)がまとめておられる。

彼は、 厚生労働省の人口動態調査のデータから離婚に関連するグラフを作成。
離婚率の算定方法は、 単純に 「その年の結婚」 と 「その年の離婚」 の比較。
                    ☟
pict-タイ日離婚件数推移.jpg

2016年の離婚率は54% となり、 婚姻件数の半分に相当する夫婦が離婚。
日本人同士の夫婦の離婚率(棒グラフ)は、 2016年が34%。

言うまでもないが、 対象は日本で婚姻届けを提出した夫婦であり、 タイだけの入籍や事実婚/同棲のカップルは含まれていない。

                  * *

岡寺智大さんは日本男とタイ女の婚姻件数まで調べておられる。                   
日本男とタイ女の婚姻件数の推移と、 日タイの所得格差の推移を比較。
                    ☟
pict-日本男とタイ女の婚姻件数の推移と、日タイの所得格差の推移を比較.jpg
                     ☝
        茶色の折れ線が日本男とタイ女の婚姻件数、
        青色が日本とタイの所得格差。
 

両国の国民総所得(GNIPC)を比較すると、 2013年の日本の所得水準はタイの8・7倍。

この両国の所得格差は2001年の18・7倍を境に急減し、2013年はピーク時の半分に満たない。

婚姻件数と所得水準の動向は類似した動きを示している。

で、 岡寺智大さんは、 「日本男・タイ女の婚姻件数」 の減少は、 両国の所得格差の縮小が大きな要因。

今後、 経済力以外の魅力が、 日本男にも求められるようになるかもしれません....と述べている。


ジジイに言わせれば、 日本人でも貧乏なら、 普通のタイ人女は
相手にしてくれないってこと。

しかしだ、 チェンマイでは年金暮らしの爺さんが結構タイ人女性に
モテている。

だがよくよく考えてみると、 そこにはある状況が見え隠れする。
タイ人女性が爺さんを相手にするのは、

1.家が貧しい、 親の面倒もみなきゃあならない。
2.子供がいる、 父親は逃げてしまった。 マトモなタイ人男は
   相手にしてくれない。

3.就職口が少なく、 あっても低収入 → 贅沢をしてみたい。
4.とにかく爺さんにカネを貢がせて、 後は逃げよう(の魂胆)。
   (風俗女性に多いようだ)

5.今さら選んでなんかいられない、 日本人なら爺さんでも
   我慢しよう。 (40〜50代の女性)

まあ、このような状況のタイ人女性が、 誠実で優しいと聞く
日本人爺さんの愛(または性欲)を受け入れるのだと思う。

チェンマイ在住の友人を見る限り、 離婚(または別れる)率は
非常に低い。

みんな誠実で真面目、 奥さん/恋人をしっかり守っておられる。


で、ジジイは敬服している。









 よく我慢....してるなあって。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:40| Comment(4) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする