2018年09月19日

独居老人の生活1300(ポールはどこ行った?)

チェンマイ独居老人の華麗なる生活1300
                         (ポールはどこ行った?)


  私は、 日米安保条約を堅持し、

  日の丸・君が代も国旗・国歌としても容認します。

                       村山富市元首相 (1994年7月の衆院本会議での発言)


日本では秋が深まり、 これからが最高の観光シーズンとなる。

チェンマイ在住日本人の中には、 タイ人奥さま/恋人同伴で日本に旅する方もいらっしゃるのでは......

ということで、 日本の秋の見所をお届けいたします。


@ 彼岸花(曼珠沙華)

日本には北海道から琉球列島まで見られるが、 元はといえば中国大陸から来たという。

そんな曼珠沙華の観光スポットが埼玉県日高市の巾着田。
現在、 曼珠沙華まつり開催中。
                ☟

   pict-pict-巾着田曼珠沙華.jpg



ジジイの友人が9月上旬に巾着田を訪れ、 写真を送ってくれた。
祭りの開催中は混雑する上に入場料1,300円かかり、 節約のためと言うから涙ぐましい。

pict-西畠2.jpg



   これは最盛期の前。
pict-西畠日高市の巾着田に彼岸花.jpg


豊かな自然が残る日和田山、 巾着田周辺はハイキングコースとして大人気。
学校の遠足でも人気、 日高市では昨年 ”遠足の聖地” を宣言。

尚、2017年9月20日、 天皇皇后両陛下が巾着田を訪れている。

お恥ずかしいが、 ジジイは巾着田を全く知らなかった。
今回、 東京の友人の情報で初めて日高市の名を知ったほど。

西武池袋線高麗(こま)駅下車徒歩15分、いつか訪れてみたい。

では日高市の巾着田の曼珠沙華をどうぞ!
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=B4bdk399CMw

                  * *

A 日高から穂高に........

こちらは北アルプス、 穂高連邦に囲まれた 「涸沢」 の秋は日本屈指の山岳紅葉スポット。
                    ☟
     pict-DSCN4543涸沢 (2).jpg


山が氷河の浸食によって削られ、 ボウル状になった広い谷を圏谷(カール)という。
この涸沢には日本有数の大規模カールがあり大人気。

で、観光シーズンは山小屋は常に満室、 溢れた客は岩場にテントを張って寝泊まりする。

1日に1,000を超すテントが張られるというから壮観。
                  ☟
pict-穂高涸沢テント6.jpg



pict-穂高涸沢テント7.jpg



標高2,300mに不夜城が出現、 登山ブームが生んだ奇観といえよう。
                  ☟  
pict-DSCN4543涸沢 (1).jpg

 (source: 週刊新潮)

                   * *

B こちらはチェンマイの和食店。

久しぶりに 「五郎」 で夕食。  (地図はココ

pict-P_20180905_214542五郎 (1).jpg



  店内はタイ人ばかりだった。
pict-P_20180905_214542五郎 (3).jpg
            ☝ 写真を撮っている。



ホルモン焼き:120バーツ、  Beer Chang大瓶:85B。
                  ☟
pict-P_20180905_214542五郎 (4).jpg



   サーモン刺身:195バーツ。
pict-P_20180905_214542五郎 (5).jpg



   焼き豚チャーハン:90バーツ。
pict-P_20180905_214542五郎 (6).jpg


ツマミに冷奴:50B、 アイス緑茶が30Bだった。
次回はスキ焼(250B)を食べたいが.....ちょっと高いかな。

                  * *

C ポールがなくちゃア........

ここはチェンマイ市営競技場。
このフィールド内にはいつもタイの国旗が掲揚されている。

pict-チェンマイ市営競技場.jpg



ところが先日行ったら、 国旗もポールも見当たらない。
で、 ポールのあった所に行って見ると........
                  ☟
pict-DSCN4529チェンマイ市営競技場 (1).jpg
           ☝ コンクリ跡だけ残されて



んじゃポールは何処行った?

                 ☟

pict-DSCN4529チェンマイ市営競技場 (3).jpg


ああ無情!  解体されて端に置かれていた。
でも、 どこかに必ず移されるはず。   楽しみ。


日本の日教組なら、 「これで国旗掲揚で起立せずに済むわい」
といって大喜びしよう。

自国の国旗・国歌を嫌う日本人がいるんだから......それも教師。
世界中どこを探しても、 そんな先生はいないよ。


こんなんで教員が務まる、 それが日本の教育現場、






 不思議の国、 日本。
      

チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:59| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする