2018年09月07日

独居老人の生活1290(停電は忘れた頃にやってくる)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1290
                     (停電は忘れた頃にやってくる)


 想定外なんて言っちゃいけません。

 想定外のことへの対策を考えるのが危機管理なんです。

 災害に対する心得なんです。

                                    田勢康弘 (政治ジャーナリスト)


北海道は地震に見舞われ全域が停電に.......
約300万戸が真っ暗闇の中で過ごすという前代未聞のblackout。

札幌に住むジジイの友人(みな高齢者の1人暮らし)は3人いる。
内1人は、 10月からチェンマイで滞在予定。

「出発を早めて今すぐチェンマイに来たら?」 とジジイはメールで
 勧める。

すると今朝(札幌時間で午前2時)、 返信あり。
「復旧して電気OK、 普通の生活に戻りました」 

もう1人の友人は9時過ぎ(札幌時間)、
「電気は戻ったけどエレベーターが動きません、 部屋で寝てる
 だけです」 とLine着信。

2日ほどの停電で済んだようだが、 意外と脆(もろ)い北海道の
電力事情がジジイにも理解できた。

なぜ原発を稼働させないのか、 泊原発があるだろうに。
原発ゼロなんて愚か、 火力、 水力に原発があっていいと思う。

何はともあれ幸運だったのは地震発生が9月上旬だったこと。
これが厳寒の真冬だったらどうなるか、 友人3人は高齢だ、 あの世に行ってたろう。


 「禍を転じて福となす」

今回の停電が結果として、 北海道の人口増加になってくれればと、 ジジイは期待している。

                 * *

日本でお暮しの方には申し訳ないが、 チェンマイは極楽だとつくづく思う。
地震・台風は来ない、 停電も洪水もない、 厳寒の冬もない。
1年を通し実に平穏な日々だ。

ま、タイ人の若い奥さんや恋人をお持ちの方は、 我儘とおねだり攻勢に音をあげていらっしゃるかも。 

でも傍(はた)から見れば、 実に羨ましい日常だ。


何の憂いもないジジイは昨夕(6日)、 友人と和食店 「憩」へ。
地震も停電もないから安心して出かけられる。

食べ終えて、 次はその隣にあるジャズカフェに席を変える。
店名 「Jazz Cafe 285」、 毎晩ライブ演奏がある。 
 (地図はココ、  Street Viewはココをクリック)

ビールを飲み、 ライブを聴いていたその時だ。
突然暗闇が訪れた、 停電?  そんなバカな。

pict-P_20180906_215036憩の隣ライブ停電 (5).jpg
           ☝ 間違いなく停電でした。



  こちらはスマホの電灯(?)を使って食事。
pict-P_20180906_215036憩の隣ライブ停電 (4).jpg



  辺り一帯が停電か、 隣の 「憩」 を覗く。
  電気がちゃんと点いている。
pict-P_20180906_215036憩の隣ライブ停電 (6).jpg



  20分ほど経ってお店はキャンドルサービス開始。
pict-P_20180906_215036憩の隣ライブ停電 (3).jpg
                  ☝ 
      ロマンチックな雰囲気はありません。
      爺さんと一緒、 ロウソクはお通夜のよう.....



暗闇で飲むこと1時間、 爺さん2人の前途に光明が........
                  ☟
pict-P_20180906_215036憩の隣ライブ停電 (2).jpg



そしてライブ再開、 懐メロポップスが明るく耳に届く。
ジジイはビートルズナンバーをリクエスト...........イイネ!
                  ☟
pict-P_20180906_215036憩の隣ライブ停電 (1).jpg



北海道の皆さま、 斯くもチェンマイは、








 停電でも..........平穏なのです。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:25| Comment(6) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする