2018年08月26日

独居老人の生活1278(73年の人生で初めての経験)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1278(73歳で初めて経験)


  効率や損得にとらわれると、 人間が小さくなる。

                                        斎藤茂太 (精神科医)


先週(8月22日)、 ジジイが自宅で夕飯を食べていた時だ。
                   ☟
    pict-P_20180823_192142進晩飯.jpg
      ☝ 豚の耳(30バーツ)にキャベツ等を添えて。
         (お粗末な夕食でお恥ずかしい)


ピポンとLineが着信、 Sさん(64)からのものだ。
”今、 Diamondにいます、 よかったら来てください”

Sさんは日本からの旅行者、 チェンマイに12日間滞在予定。

丁度夕食が終わった頃、 ジジイはすぐさまカラオケスナック・ダイアモンド(ココ)へと足を向ける。

    pict-P_20180318_191718.jpg



店内では下戸のSさん、 酔っているかのように唄っていた。
隣には初顔のF嬢(30)を侍らせてご機嫌。
                  ☟
pict-P_20180822_213011辻本.jpg



客はジジイたちだけ、 練習しようとジジイは新曲に挑戦・唄う。
ジジイにもホステスが付き、 ママさんも加わり楽しいカラオケ。

pict-P_20180318_212037.jpg
            ☝ 超ボインのママさん。


さて、 勘定となって驚いた、 2人で約2千バーツの請求だ。
 「えーっ、 高いよ」 とジジイ。

「女性がドリンク取ってますので」 とママさん。

「私が女の子に、 好きに飲んでいいって言いましたので.......
 ここは私が払います」

Sさんは気持ちよく、 2千バーツの勘定を済ませた。
尚、 後でジジイは基本料金の300BをSさんに支払う。

それにしてもこんなに高いのは初、 1人当たり千バーツも.....
勿論、 ジジイはホステスにドリンクを奢っていない。

                 * *

翌日(23日)、 今度は現役大学教授・Aさん(66)からLine。
Aさんは3週間、 チェンマイに滞在予定のツーリストだ。

 「Diamondに行きましょう!」

ということで、 ジジイは連夜のダイアモンド詣でとなった。
昨夜ご一緒したSさんにも連絡、 お暇なら来てよねと.....

約束の8時半に店に到着、 すると待っていたのは日野さん(70、仮名)が1人。 2人で歌の競演、 客は今夜もジジイたちだけだ。

そうこうする内にSさんが現れた。
Sさんの姿を見るや否や、 F嬢はSさんにベッタリ。

Sさん、 昨夜 F嬢にイイことしてあげたのかも......
F嬢の肩を抱いて熱唱するSさん、 幸せそう。
                   ☟
pict-DSCN4358Diamond (2).jpg



今夜の発起人、 A教授が1時間数10分遅刻でやって来た。
Aさんはタイ人以上にいつも時間にルーズ、 珍しい日本人だ。

73年生きてきたジジイだが、 これほど時間的観念のない日本人
は初めて。                
pict-DSCN4358Diamond (3).jpg
               ☝ A教授(66歳)



   これで4人、 全員集合。
pict-DSCN4358Diamond (1).jpg
            ☝ 右端が日野さん(70歳)


ジジイがふと目にしたのが1人のホステスの行動。
ビール(大瓶)をカウンターから取り寄せて、 氷などを乗せる小さなテーブルにそっと置く。

で、ジジイは爺さん各人に 「ビール、注文しましたか?」 と訊く。
誰もオーダーしていない、 女が勝手に持ってきたのだ。

勘定のとき分かったのだが、 ホステスたちはこのビールから自分の細長い小グラスに黙って注ぐ。

そしてグラス1杯当たり150バーツを請求するのだ。

「注文してない物を勝手に取っちゃダメだよ」 とジジイ。

栓を開けたビールは冷蔵庫に戻されたが、 後の支払いで仰天。
合計3,300バーツの請求。

ホステス3人は、 いつの間にか3杯/人のドリンク(Beer)を飲んでいた。  150B x 3杯 x 3人 =1350B。

加えてママさんもジュースのドリンクを1杯(150B)。
女性のドリンク代だけで計1,500バーツ(約5,200円)。

爺さん4人分だけで計1,800B(450バーツ/人)の勘定。
これもなんかおかしな感じ。

ジジイはママさんに言う。
「ドリンクも勝手に飲んじゃダメ、  客のOKが必要だよ」

「彼女たちも飲んだ方が、 みんな楽しくなると思って......」

バカたれ、 楽しいのは店とホステスだろうよ。

勘定は、 Sさんが300B、 残りの3,000BをAさん、 日野さん、
ジジイで1人1,000Bずつ支払った。

我々3人が帰ったあと、 Sさんがママさんに訊いたそうな。

「なぜ勝手に飲んだりしたの?」

「日本人はお金持ちだから、 そのくらい問題ないでしょ?」


請求金額の上乗せなら、 僅かな額でこれまでにもあった。

しかしジジイは73年の人生で生まれて初めて、 注文もしていない品を勝手に出されて請求された。 

これをボッタクリというのであろう。
日本でもチェンマイでも経験しなかったこと。

黙って払った日野さんが後で言う。 「2度と行かない」

ジジイも同じ、「ダイアモンド」 には絶対に2度と行かない。

                 * *

ダイアモンドを出たジジイと日野さんは、 気分直しにもう1軒ハシゴする。

「ダイアモンド・リバーサイドホテル」 の前にあるオカマパブがちょうどショーの真っ最中。 (地図はココ

       この人形が目印。
    pict-DSCN4368.jpg



       オカマの唄と踊り。
    pict-P_20180823_223743.jpg



pict-DSCN4365.jpg



でも、 やはり本物の女性がイイネ!
で、隣の席にいた客の女の子に話しかける。
                  ☟
pict-P_20180823_232400.jpg



上海近くに住む中国人で、 1週間のチェンマイ旅行とか。
Facebookに出していい?  OK!  とても気さくな彼女たち。

ジジイとの写真に嫌な顔もせず、 Vサインで 「イエー!」
連れて帰りたくなるんです。

ジジイが政治家だったら、 すぐハニートラップにかかるだろう。
                   ☟
pict-1535182858114オカマバー進.jpg
        ☝ いい歳して脂(やに)下がるジジイ。


この店の料金は、 ビール小瓶:160バーツ、 これだけ。
他は一切かからない、 飲み物と引き換えにお金を払う、 ボッタクリなし。


気分も晴れ、 夜は12時近くになっていた。

ド助平の日野さんは明日彼女が来るそうで、 今宵は精力温存。

精力枯れかかるジジイはいつも通り、 1人静かに眠りにつく。


寝る前に、 ダイアモンドのママさんに言っときたい。

チェンマイの日本人は......








 貧乏暮らしが多いんだぞ!


チェンマイって ホントいいですね!

 <後記>
カラオケスナック 「ダイアモンド」 のオープン当初は、 女性2人の共同経営だったようです。

しかし分裂し現在は1人だけ、 つまり経営のやり方が変わったということです。
行かれる方は、 料金にくれぐれもお気をつけください。 以上。





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:49| Comment(10) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする