2018年08月25日

独居老人の生活1277(#32忘れられない旅の思い出:カリフォルニア編-4)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1277
           (忘れがたい旅の記憶‐32:カリフォルニア編-4)


  For those who come to San Francisco
  Summertime will be a love-in there

  In the streets of San Francisco
  Gentle people with flowers in their hair

       (和訳)
      サンフランシスコにやって来る人たちへ、
      夏にはこちらで愛の集いがあるよ
      サンフランシスコの通りでは
      髪に花をまとった優しい人たちがいるんだぜ
                           花のサンフランシスコ (唄: スコット・マッケンジー)


生涯残る旅の記憶は、 思いがけない出来事にあると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。

本日はそのTop-9、 昨日の続きでカリフォルニアの旅・最終回
をどうぞ!
                  * *

ジジイ(当時50)とリンダ(33)はサンフランシスコのダウンタウンにある 「ヒルトンホテル」 にチェックイン。

前夜、 サンタクルーズのホテルから予約しておいた。

部屋に荷物を置き、 すぐさまランチに出かける。
この旅では初めての和食で、 寿司屋に入った。

2人とも同じ握り寿司セットを注文。
出てきた寿司を見て、 リンダはカウンターの中の板前に言う。

「これを半分に切って欲しい」

日本人の板前は心得たとばかりに、 握った寿司を全て2等分してリンダに戻した。 
嫌な顔を少しも見せず、 手際よく客の要望に応じる板前。

ジジイはいたく感心...このような客は結構多いのかもしれない。

                  * *

ランチを終えてすぐホテルに戻る。
ジジイはレンタカーを返しに行かねばならない。

サンフランシスコの市内観光なら車は不要、 ケーブルカーやタクシーを利用すればいい。

pict-San Francisco Cable Car.jpg


ホテルの駐車場に行くと係員がいて、 ジジイに声をかける。
「お出かけですか?」

 「空港まで行くんだ、 この車を返しにね.....」

「それならこの近くのレンタカー営業所に返却できますよ」

係員はメモに地図を書いて説明してくれる。
ダウンタウンにあって、 ヒルトンからとても近い。

オッ その手があったのか....ジジイは思いがけない助言に喜んで
5ドル(約500円)のチップを張り込んだ。

実際にこんなありがたいことはなかった。
チップに大喜びした若い係員の表情が忘れられない。

                   * *

ジジイのサンフランシスコ訪問は今回で2度目。
大概の観光地は既に訪れていたが、 リンダのために再訪する。

まだ行ってなかった 「アルカトラズ島」 に今度こそと思い、 発着場まで出向いたのだが大混雑、 チケットを買う人の長い列。

待つのは嫌いなので今回も諦めた。

   pict-アルカトラズ2.jpg
      ☝ 遥かに見えるアルカトラズ島。


クリント・イーストウッド主演の映画 『アルカトラズからの脱出』 (1979年公開)を見ていたので、 興味はあったのだが.....

仕方なくベイストリートをブラブラしたり......ただの観光。
                  ☟       
pict-DSCN0696サンフランシスコ.jpg



pict-DSCN0697.jpg
         ☝ こんなくねくね坂道を車が走る。

                   * *


明日はリンダともお別れ、 ジジイは日本へ......
彼女はサンフランシスコに住む友人宅に行き、 2日ほど滞在するという。

リンダとの最後の夜はジジイも燃えた。
素面(しらふ)の H がベスト、 夜6時頃には熱戦スタート。

50歳のジジイはまだ元気、 精力増強剤など考えもしなかった。
終了後、 2人で ”最後の晩餐” に出かける。


では、ジジイの人生初体験、 最初にして最後(となろう)。
” 記憶に残る口惜しい思い出” はいつ起こったのか?

それは一夜明けた帰国日の当日、 午前中のこと。

名残惜しいジジイは、 ホテルをチェックアウトする前に最後の一戦を試みた。 リンダも当然の如く応じる。

今でもはっきり覚えている。
ジジイが上になり(正常位)シコシコ、 燃え上がるその時だ。

突然、ドアが開き、 掃除婦が部屋に入る寸前。
リンダが 「****** !!」 と何やら叫ぶ。

掃除婦は慌ててバタンとドアを閉めた。

閉まった時には、 ジジイのムスコは萎えていた。
そのあと再戦・回復を試みるが、 ムスコの勢いは戻らず。

結局、 リンダとの最後の想い出は中途半端のままで終了。

忌々しいヒルトンの掃除婦め、 ジジイのヤル気をどうしてくれる!
チェックアウトした事を確認してから掃除に来い!


チェックアウト後、 ジジイとリンダは最後のお別れ。
小遣いとして100ドル(約1万円)をリンダに渡す。

ジジイが乗ったタクシーはホテルを離れていく。

手を振ってジジイを見送るリンダ。


その姿が彼女を見る最後、






既にジジイは.....別れを決めていた。


この歌を聴くと23年前の、 あのときの記憶が蘇る。
                  ☟
https://www.youtube.com/watch?v=sinn6WKU6Dk






     pict-DSCN0673Ronda.jpg
            ☝ リンダ(33歳)、 金門橋で......



チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 09:52| Comment(12) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする