2018年08月22日

独居老人の生活1275(水曜日は水の話で・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活(水曜日は水の話で・・)


 若いうちに左翼に傾倒しない者は情熱が足りない。

 大人になっても左翼に傾倒している者は知能が足りない。

                                ウィンストン・チャーチル (英国の政治家)


@ 増水の被害。

チェンマイを流れるピン川で、 魚の養殖業農家がいることを初めて知った。

pict-Ruby fish farmer2.jpg


養殖の魚はルビーフィッシュ(Ruby fish)。
日本名はナンヨウハチビキ、 スズキ目のハチビキ科。

金目鯛に似ているが異なるという。
平均サイズは全長25cm〜40cmで0.4kg〜0.6kg。

くせのない白身魚で、 刺身でも食えるらしい。

pict-Ruby fish farmer.jpg


このルビーフィッシュが先日のピン川増水 → 水位急上昇で死んでしまった。

養殖農家は慌てて売りに出す。

しかし早期に死んだ魚は30〜40バーツ/sにしかならず、 10万バーツ以上の損害を被ったという。 何ともお気の毒。

ルビーフィッシュは 「The River Market」、「Riverside」 などのレストランで味わうことができる由。

でも値引きはされてないかもね。

                   * *

A 小水はこちらで・・・

ここの有料トイレには入り口に看板がある。
このデザインが面白い....女性の用便だ。

    pict-DSCN4324有料トイレ.jpg



このトイレの場所は 「アヌサーンマーケット」 の南奥。
チェンマイ・ナイトマーケットの一角にある。
                     ☟
pict-DSCN4325有料トイレ.jpg



ジジイがちょっとイタズラ、 本当は女性のオシッコの図。
                  ☟
   pict-pict-DSCN4324有料トイレ.jpg

スミマセン。
でも、 女性がウンコしてるデザインがあったら.....イイネ!

                 * *

B ダム決壊による洪水の責任は日本にも・・

昨日(8月21日)、 「Harbor Business」 の記事を読んでいて、 ジジイは糞が口から出るくらいに血が逆流した。

何とも胸くそ悪いことを書く奴がいるもんだ。
その記事を抜粋して引用。
              ☟
『建設中に決壊したラオスのダムは、 日本の資金によるもの
 だった――韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと』

ダム建設に韓国企業が参加.....韓国叩きの “燃料” に。

今年7月、 ラオスで起きたダム決壊事故。
補助ダムが崩壊し、 あふれ出た膨大な水が下流の村を直撃。

pict-1532643413066.jpg


このダムを建設したSK建設(韓国)を、 日本でも保守系メディアが大きく取り上げて批判した。

ネット上でも、 韓国叩きの “燃料” としてネット右翼たちが大いに盛りあがった。

だが問題のダムには、 日本の公的機関や民間企業も資金面で関与しているのだという。

東南アジアでの開発と人権について政策提言を行うNPO 「メコン・ウォッチ」 の木口由香事務局長は 「日本の責任も大きい」 と指摘する。

◆決壊したダムは日本の資金によるものだった。

木口さんがこう解説する。

「同事業の実施はタイと韓国の民間企業、 ラオスの国営企業による合弁会社です。

この合弁会社に協調融資するタイ銀行団のうち、 クルンシィ・アユタヤ銀行は現在、 株式の76.88%を三菱UFJ銀行が保有。

融資決定は統合前ですが、 現経営陣には最高経営責任者(CEO)をはじめ多数の日本人が加わっています」


GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)もダム事業に関わっている。

「GPIFは、 クルンタイ銀行の株を時価総額で約14億8265万円の株を保有。

またGPIFは、 合弁会社を構成するラオス国営企業に融資をしている韓国輸出入銀行の債権も時価総額で約63億円を保有」(木口さん)

◆日本の支援で造られたダムが契機となり、 急ピッチで進むラオスのダム開発。

現在のラオスでは、 タイなど国外への売電を目的とした大規模水力発電事業が急ピッチで進められている。

「日本政府が世界銀行やアジア開発銀行(ADB)を通して支援を行い、 2010年からスタートしたのがナムトゥン2ダムです。

この事業を契機に、ラオス政府は急速なダム開発へと本腰を入れました」

◆大規模ダム建設に依存するラオスの開発政策と、 援助国や融資機関の役割を見直すべき。

「企業のダム建設を可能にした融資、 大規模ダム建設を推進する、 対ラオス開発援助政策自体を改めるべきでしょう」(木口さん)


ダムの決壊を、 格好の 「嫌韓ネタ」 として消費するのではなく、 自国の政府や企業の姿勢も問われている問題として取り上げることが、 日本のメディアに求められている。

以上、 「Harbor Business」 の記事より。

                   * *

なんで韓国企業の手抜き工事に、 日本政府や企業の姿勢が問われなきゃあならないんだ?

杜撰な工事を日本の融資/支援の問題だとすり替えているだけ。
NPOの言葉を上手く取り上げ、 韓国の悪さを弁護したいのだ。

こんな事件、 韓国や発注したラオス政府の問題だろうよ。


日本でも保守系メディアが大きく取り上げて韓国企業を批判した....と書いているが本当か?  非難は当然だろ?

誰だ、 こんな記事を書いたのは?

記事の著者・志葉 玲は自称戦場ジャーナリスト、 環境(原発など)、 人権、 反貧困などに取り組む市民活動家。

   pict-志葉玲.jpg
          ☝ 志葉 玲(43歳)    


東京都の生まれで、 1997年帝京大学法学部卒業。
彼は 「武器輸出反対ネットワーク」 にて政治活動に熱心。

日本企業によるイスラエルに対する武器関連技術の輸出に反対。
加えて日本政府の厳しい難民受け入れ政策を批判している。

主な寄稿先は、 アエラ(朝日)、 世界、 赤旗、 東京新聞など。
左に鋭く傾いたジャーナリストのようだ。

志葉の苗字は日本で推定10〜100人程度の珍しい名前とか。
東京生まれというが国籍不明、 名前からして在日中国人かも....


志葉玲の妻・増山麗奈(41)は画家で映画監督、 ジャーナリスト、 市民活動家など多数の顔を持つ。

反戦アート集団 「桃色ゲリラ」 主宰。
彼女の顔をご覧なってください、 気持ち悪くなるかも.....
               ☟
https://www.youtube.com/watch?v=LnhNCsgCOko

増山麗奈は2016年の参議院選挙に東京選挙区から社民党公認で立候補、 93,677票を得たが11位で落選。

夫婦揃って日本が大嫌いという....日本人(?)のようだ。

                  * *

ジジイが不思議でならないのは、 なぜ記事のような発想になるのか..ということ。

志葉 玲が書く...ラオスのダム決壊を引き起こしたのは日本にも責任があると。
ダム事業の資金は、 三菱UFJ銀行の傘下・クルンシィ・アユタヤ銀行が融資したから。

しかしこの融資の決定は三菱UFJ銀行がアユタヤ銀行買収する
前の話。 それでも日本に責任の一端ありと書く。

銀行は融資するのが商売だ。
マフィヤや麻薬シンジケートに融資するなら批判もあろうが....

GPIF(年金管理運用独立法人)はダム事業に融資したクルンタイ銀行株を保有、 これにも難癖つける。

何ら問題なし、 年金運用のための普通の投資じゃないか。

民間銀行がラオス政府が進める事業に融資して何が悪い。
こうなると発展途上国には日本によるODAもできなくなる。

ひも付きローン(支援)で、 開発は全て日本企業を使うこと、
韓国企業は除外などの条件をつけたら.....

こんなODAだと、 また志葉玲ら左巻き活動家は日本を非難する。
じゃあどうすればいいんだ?


かって日本に 「耐震強度構造計算書偽装事件」 が起こった。
姉歯秀次一級建築士が、 安全性に対する構造計算書を偽造。

姉歯に依頼したヒューザーなどマンション開発企業も非難された。

このマンション企業に融資した銀行にも責任があるのか?
志葉 玲の主張であれば、 銀行も悪い..になってしまう。

雪印や三菱自動車など、 偽装牛肉、 朝日新聞の捏造報道、 諸々の企業の不祥事はみな融資した金融機関や株主も悪いってことか。

ラオス人の子供が万引きした、 ラオス人の亭主が愛人を作った、 これらもラオスに経済援助した日本が悪い。

志葉玲は、 他国の事件・事故は全て日本も悪いに結び付ける。
とにかく日本は悪い国.....批判ばかり、 反吐が出る。

だったらなぜ日本に住んでいるのか。








悪い日本を捨てればいいものを......   中国に亡命しろ!


チェンマイって ホントいいですね!


posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:55| Comment(10) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする