2018年08月18日

独居老人の生活1271(愛の予感はコーヒーの薫り)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1271
                      (愛の予感はコーヒーの薫り)


 Love is in the air, and it smells like coffee.

   pict-coffee.jpg

  愛の漂う雰囲気、 それはコーヒーの薫り...


@ 熱闘チアガール甲子園。

この酷暑の中、 甲子園球児がフラフラになりながらも熱戦を繰り
広げている。

そんなのは無視、 ジジイが目を奪われるのが可愛いチアガール。
さあ、 ロリコンの皆さま必見、 美人チアガールベスト‐7です。

ジジイの独断と好みで選んだ先ずは、

  第7位:中央学院(千葉)
pict-DSCN4314.jpg



    第6位:高岡商業(富山)
  pict-DSCN4316.jpg



    第5位:丸亀城西(香川)
  pict-DSCN4312.jpg



    第4位:慶応(東京)
  pict-DSCN4310.jpg



    第3位:日大三校(東京)
  pict-DSCN4315.jpg



  第2位:作新学院(栃木)
pict-DSCN4317.jpg



    第1位:星稜(石川)
  pict-DSCN4313.jpg   
                     (以上、 写真は 「週刊Friday」 より)

ということで、 松井ゴジラの出身校・星稜高校の優勝が決定。
皆さまの判定は如何でしたか?

ジジイはNHKの甲子園実況放送にいつも憤慨していた。
女子応援団でテレビに映し出されるのは美女ばかり。

女子高生が涙ぐみながら必死に応援する姿をカメラがとらえる。
絶対と言っていいほどブスは出さない。

こんな偏見、差別があっていいのか!
もっとブスも出してやれ、 気の毒に......
        ☟
    pict-ブスのチアガール.jpg



    この彼女もいいじゃないあか。
   pict-ブスのチアガール2.jpg


でも、 チャンネルを変えられてしまう?
やっぱり、勝利を祈る乙女の美しい顔に...ムラムラするね。

                  ☟

pict-ブスのチアガール4.jpg
      ☝ 右端の乙女と比べると格段の違い。
        生まれながらにして差が出てしまう。

                  * *


A 7月下旬、 タイ産コーヒーのコンペが開催された。

pict-Thailand Excellent Coffee Competition2.jpg


最終選考に残ったのはチェンマイとチェンライからの11の候補。

これはASEANコーヒー産業開発会議(ACID 2018)と、 同コーヒー産業の共同プロジェクトによるもの。

コーヒー供給の発展・強化を目指し、 地域コーヒーの質への認識を高めてもらう狙いがある。

コーヒー農家の反応は著しく、 70のサンプル提出あり。

最終ラウンドでは、 チェンマイの6、 チェンライの5サンプル(計11)で競われた。

pict-Thailand Excellent Coffee Competition.jpg


コンペの国際審査員の1人(台湾人)が言う。
ここ数年でタイ産のコーヒー豆は高い水準に達し、 タイコーヒーは著しい改善を遂げている。

                    * *

このような努力が実を結んだのか、 チェンマイにはコーヒーを出すカフェが至る所で見られる。

ということで、 今日はチェンマイのビール(飲み屋)ではなく、 コーヒー(カフェ)のご案内です。


@ DeeNan Cafe。

pict-1532432118886DeeNan Cafe.jpg


ステープ通り、 スアンドーク門から西へ向かい、 運河手前の約100m左側にある。 (地図はココ

近くにチェンマイ大学や病院があり、 若者で賑わっている。

    pict-1532432126001.jpg



   店内。
pict-1532432679629.jpg



  店員さんがジジイの好みのタイプ。
pict-1532432675366.jpg


詳しくは「Deenan Cafe」 のホームページをどうぞ。
                 ☟
https://www.tripadvisor.com/Restaurant_Review-g293917-d12167834-Reviews-Deenan_Coffee-Chiang_Mai.html
   
                  * *

A Tea Tana。

ピン側沿い東岸、 ナワラット橋から南へ、 鉄橋の手前にある。
  (地図はココをクリック)

   この看板が目印。
pict-P_20180622_061147.jpg



pict-P_20180622_061235.jpg



   店内。 コ−ヒー45バーツから。
pict-P_20180724_132549.jpg



  店内から外を眺める。
pict-P_20180724_133333.jpg



  あれっ、 バックパッカーが・・・
pict-P_20180724_132554.jpg



このカフェの裏側にホテル(カフェと同じ経営)があり、 その宿泊客がやって来たのだ。

  ホテルは 「Glur Hotel」。
pict-P_20180622_061315.jpg



  プールもあってお洒落な雰囲気。
pict-P_20180622_061347.jpg


ホテル代だが、 普通の部屋は1,100バーツ/泊。
ドミトリー(女性、 2段ベッド6台/部屋)で308バーツから。

詳細は同ホテルのホームページ(ココ)をどうぞ。

                 * *

B Sweet Garden。

場所はRuamchokの交差点から北に向かい、 1つ目のU‐ターン
地点でUターンし、 1kmほど戻った左側。 (地図はココ

  ここがゲート。
pict-P_20180814_105734Sweet Garden (9).jpg



  中に入ると駐車場がある。
  カフェ正面。
pict-P_20180814_105734Sweet Garden (6).jpg



    コーヒー:70バーツから。
  pict-P_20180814_105734Sweet Garden (3).jpg



このカフェのウリは広々とした庭と湖のような池。
カップルで来れば、 まさに店名通りの ”甘い庭園” になろう。
                  ☟
pict-P_20180814_105734Sweet Garden (8).jpg



 池には橋が架かっている。
pict-P_20180814_105734Sweet Garden (2).jpg
     ☝ 73歳のジジイがロマンチックな雰囲気に浸る。



    橋の上で彼女に愛の告白、 イイネ!
  pict-P_20180814_105734Sweet Garden (7).jpg



なーんてことになれば良いのだが......

こんなド助平ジジイと一緒では庭園が泣こうというもの。

                   ☟

pict-P_20180814_105734Sweet Garden (5).jpg


自然豊かな郊外のカフェ、
コ−ヒーを飲みながらのんびり過ごすひと時はまた格別。

気が置けない友人とは......








 エロい話に花が咲く。  こりゃダメだ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:25| Comment(8) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする