2018年08月11日

独居老人の生活1265(ついてないこの頃)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1265(ついてないこの頃)


   成功への道は3つ。

    一つ目は優しくすること。

    2つ目は優しくすること。

    3つ目も優しくすること。
                               フレッド・ロジャース (教育者)


今週はついてない日が続いた。
まずジジイのバイク用ヘルメットが盗難にあう。

場所は 「Hueykaew Place」 の駐車場。
和食店 「友達ラーメン」 があるアパ−トメントだ。

ランチで行ってバイクを駐車、 その時30代のタイ人男性がタバコを吸いながら立っていた。

ま、大丈夫だろうと、 ヘルメットをサイドミラーに乗せて店に入り、 食後、 出てきた時には盗まれていた。

このヘルメットは東京で購入し、 チェンマイまで持参。
チェンマイのヘルメット相場より遥かに高額だ。

今回でチェンマイでのヘルメット盗難は3度目、 ホント腹が立つ。
全てMade-in-Japan、 泥棒は価値ある品を選ぶようだ。

これもタンブン(布施)と思って、 優しい気持ちでいよう。

                  * *

昨日(10日)は一日、 散々な目にあった。

11時過ぎに自宅を出発、 向かうは 「おじいさん」、 日本からの
中古輸入品販売の店。 (地図はココ

目的はヘルメットを買うため。
ひょっとして盗まれたジジイのものが置いてあるかも...の期待。

道路を走れば信号がある。

車が長い列で信号待ち、 ジジイのバイクは左端の空いたスペースを走り、 信号待ちの車を追い抜いて行く。

その時だ、 車の間から突然バイクが飛び出てきた。
ジジイは急ブレーキをかけたが間に合わず、 そのバイクに衝突。

当然ながら転倒、 ジジイは腰に打撲、 脚に擦り傷。
相手はタイ人の若者(学生の感じ)。

衝撃で、 ジジイのバイクの方向指示器ランプをカバーする透明のプラスチックが外れている。 

若者はそれを手にして平謝り。
「修理屋で直します、 一緒に来てほしい」 と言う。

ジジイは、 ランプのカバーくらい30バーツも出せば、 修理屋が
付け直してくれる。

そう思ったので、 「マイペンライ」 と言ってその場を去った。
優しくしてあげた、 このあときっといい事があるだろう。

                 * *

日本製輸入中古品店 「おじいさん」 には、 盗まれたジジイのヘルメットはなかった。

しかし使えそうなヘルメットがあったので購入、 700バーツ。
新品のタイ製同等品より高額、 吹っ掛けられたかな。

このあとランチを食いに行く。
レストランでLineを見たら、 友人から着信していた。

「8/10、 13:30、 いつもの仲間とxxカフェでダベリます」

通常は電話連絡なのだが、 今回友人は珍しくLineを利用。

あ、そうか、 ジジイがバイクで走行中に電話 → 着信音に気付かず。 友人はやむを得ずLineしたんだろう。

そう思ってランチの後カフェに立ち寄った。
ところが定時を過ぎても誰も現れない。

ジジイは友人に電話、 「俺、 今待ってんだよ」

「なに言ってんのよ、 8/10は明日じゃないですか。
  かなりボケちゃてますね....」

オー恥ずかしい勘違い、 だが帰宅後カレンダーを見て気付いた。

ボケは友人の方、 8月10日金曜日、 ジジイが正しかったのだ。
すぐにLine送信、 「俺をからってんの?」

しかし怒っても詮無いこと、 相手は病人だから.....痴呆症の。
世話になってる友人だ、 ボケ老人には優しくしてあげよう。

                 * *

帰りに 「セントラル・カドスワンケーオ」 に立ち寄る。
すると長く工事中だった地下フードコートが再オープンしていた。

pict-P_20180810_131800センタンFood (3).jpg
      ☝ ジジイは、1日早くオープンした..と思った。



pict-P_20180810_131800センタンFood (4).jpg



pict-P_20180810_131800センタンFood (2).jpg



pict-P_20180810_131800センタンFood (1).jpg



  たこ焼きもある。
pict-P_20180810_131800センタンFood (6).jpg




   こっちはスルメ。
pict-P_20180810_131800センタンFood (5).jpg

ビール売り場が見当たりませんでした。

                  * *

セントラルを後にして、 ジジイは修理屋へと向かう。

pict-P_20180810_135511バイク修理 (1).jpg




ジジイは外れたランプカバーを示し、 嵌めてくれと言う。

pict-P_20180810_135511バイク修理 (3).jpg




修理屋は、 「方向指示器のあるパネル全体が割れており、
        パネルを取り替える必要あり」 と言う。
               ☟
pict-P_20180810_135511バイク修理 (2).jpg




  修理の間、 近くのカフェで時間潰し。
pict-P_20180810_135511バイク修理 (4).jpg


30分ほど経過、 もう出来上がっている頃....修理屋へ戻る。
これが何と全く捗っていない、 バイクは置きっ放しの状態。

うんざりして催促、 店主が店員を促せる。
これから新しいパネルを買いに行くという。

カフェに引き返し、 注文せずに座って待つ...こんな厚かましいことは出来ない。

仕方なく、 修理屋の中で待つこと45分。
イライラするが我慢、 優しい気持ちで接してあげよう。

ようやく修理完了、 やれやれ......何てこったい。
修理代は1,080バーツ、 ジジイは甘かった。

こんな高いと分かっていれば、 若者の申し出通りに修理して貰えば良かった。


ヘルメット盗難 → 交通事故 → ボケ友人 → 長い修理時間 →
1,080バーツ出費、 ついてない時ってこんなんか。

自宅に到着、 Lineを見たら、 飯友の女の子から着信あり。
 「今日、 夕飯 一緒に食べましょ?」

冗談じゃない、 高いレストランで奢らされるだけ。
ついてない時は、 家でじっとしているに限る。


と思ったが、 相手は女性だ。

優しくしてあげれば、 つきが変わるかも......







いそいそと出かけたが......また出費しただけ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:24| Comment(8) | 華麗なる生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする