2018年08月05日

独居老人の生活1260(中国対日本:食戦争)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1260(中国対日本:食戦争)


  かれを知り、
  おのれを知れば 百戦するも危うからず。
                                           孫子 (中国)


今日は最近目にしたレストラン2店のご案内です。

@ ブルーマンゴー・タイレストラン。

Changmoi 通りのお堀寄りにある。(地図はココをクリック)

pict-DSCN4277マンゴレストラン.jpg



窓ガラスに中国人○○と書いてあるので中華料理かと.....
                  ☟
pict-DSCN4276.jpg


入る前に店先のメニューをチェック。
驚いた、 普通のタイ料理だが高いものばかり。

Beer Chang大瓶が99バーツ。
料理は119Bが最多でそれより高額なものばかり。

安いものはと探す....あった、北タイ名物カオソイで99バーツ。
年金生活者には無理、 諦めてすごすごと引き返した。

1つだけこの店の良い所は、 昼・夜ともに空いていること。
いつ行っても、 待たずに済むのはありがたい。

だが窓ガラスに中国人と書いてあるだけで気が引ける。

                 * *

戦前は日本も大変だった。
支那に進駐した日本軍兵士は何を食べてたんだろう。

その頃は結核が国民病、 患者は兵役免除だけが救いだったか。

次は療養所での話。
絶望だと悲しむ患者を励まそうと、 若手の医師は元気づけの言葉を投げかける。

「大丈夫ですよ、 あなたの症状は3年前の私と同じです。
 私は絶望のどん底でしたが、 今はこの通り元気になってます」

患者はうなずいて言う。
「で、先生、 その時どこのお医者さんにかかったんですか?」

                  * *

こんな戦前・昭和の時代でもビールは売られていた。
帝国麦酒が1913年(大正2年)に発売したのがサクラビール。

     pict-サクラビール.jpg



     pict-サクラビール2.jpg
      ☝ 昭和初期はこのタイプが美女だったのか。


昭和5年にデビューした漫才師がエンタツ・アチャコ。
しゃべくり漫才の元祖とも言える。
pict-左が花菱アチャコ、右が横山エンタツ.jpg
  ☝ 花菱アチャコと横山エンタツ(右)

2人の漫才です。

エ 「昨日、 ハイキングに行きました」
ア 「君、英語はやめたまえ、 同じ言うなら銃後鍛錬」

エ 「ハイキングが英語?  これは立派な国語です」
ア 「何をぬかす」

エ 「三里も歩いて登山、 脚が痛うて歩けんから、 這い這いで
   登った、 これがホントの這いキング.........」

ア 「よう言わんわ!」

とまあ、 ハイキングの漫才だったが、 次の店はキングでも違う。

                  * *

A 「KOBE KING」 (神戸キング)

場所は前述の 「ブルーマンゴー」 の隣にある。
中国に対抗したのか、 看板にはJapaneseの文字。

pict-DSCN4286.jpg



  料理は焼き肉、 1階と2階で食べる。
pict-DSCN4283.jpg



ジジイがこの店に行ったのは昨日(4日)の夜(営業は夜だけ)。
店内に入ってすぐ目を奪われたのが壁に貼られたポスターだ。

pict-P_20180804_192616.jpg
                  ☝ 
 8人席テーブルが多いので、 グループで行っても大丈夫。



昔懐かしいというか、 ジジイの生まれる前のポスターだと思う。
                  ☟

pict-P_20180804_200224.jpg



あった、 お宝のポスター、 「サクラビール」。

pict-P_20180804_200249.jpg


このような戦前・戦後のポスターを見るだけでも行く価値あり。
「サムライキッチン」 にも昔のポスターがあるが、 ほとんど昭和30年代以降のもの。

神戸キングのはもっと古そうだ。
で、 メニューをみれば.......

まずビーフ、 ジジイは右側のカルビ99バーツを注文。
                  ☟
pict-P_20180804_192451.jpg



   ポークなら安くて59Bからある。
pict-P_20180804_192522.jpg
        ☝ 海鮮もある、 ホタテが79Bより。



  野菜も注文、 盛り合わせ:79B、 
  Beer Chang大瓶: 75バーツ。
pict-P_20180804_192551.jpg



   炭火で焼く。 タレは3種。
pict-DSCN4281.jpg


店内はエアコンがあり、 暑くないのがいい。
勘定は3点で253バーツ。
 (トリップアドバイザーの案内はココをクリック)


ムーカタなどのバフェもいいが、 年寄りには量が多過ぎて......
質のいい肉を適量注文し、 食べる方が体にいいかも。

価格的にも 「チェンマイホルモン」 に勝るとも劣らない店だ。

ジジイが入った8時前は1階が満席。
で、 2階に案内されて....食べ終わって1階を見れば空いていた。
                   ☟
pict-DSCN4282.jpg


ということで、 日本と中国が隣接する2店のレストラン。
熾烈な競争はあっても、 領海侵犯や領土問題はなさそう。


日本人より中国人観光客が圧倒的に多い今のチェンマイ、

だが........






勝のは Japanese店、 神戸キングで間違いなし。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:22| Comment(13) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする