2018年08月19日

独居老人の生活1272(#29忘れられない旅の思い出:カリフォルニア編)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1272
           (忘れがたい旅の記憶‐29:カリフォルニア編-1)


   別れの痛みは、
   再会の喜びに比べれば、 何でもない。
                                          ディケンズ (英国の作家)


絵にも書けないような美しい風景を眺めて、
「ああ〜素晴らしい!」 と、 感動する。

でも生涯残る旅の記憶は、 思いがけない出来事にあると思う。

独居老人の 「忘れがたい旅の思い出・Top‐10」 をシリーズで
お届けしております。

本日はそのTop-9、 カリフォルニアの旅をどうぞ!

                  * *

成田を発ち、 ロサンゼルス(LA)に着いたのは1995年8月4日。   
ジジイが50歳の時で、 夏休みを利用した9日間の旅だった。

同年2月、 米国駐在を終えて日本に帰国したジジイにとって、 半年ぶりのアメリカ再訪である。

LA空港に到着 → 入国手続きを済ませ、 ジジイはすぐ空港内の落ち合い場所に向かう。
リンダ(33歳)が既に到着、 ジジイを待っているはずだ。


ジジイがリンダと知り合ったのは、 赴任先のケンタッキー。
和食レストランのカウンターで、 1人で食べていた彼女をジジイがナンパ、 交際が始まった。

リンダは当時、 某大学法科大学院の学生。
将来は弁護士になると言っていた。

彼女との付き合いは1年弱、 毎月のお手当を出すこともない普通の男女の仲。
学生の彼女にとって、 洒落たレストランでのデートは楽しみだったようだ。

3度目のデートで、 ジジイは自宅アパートに誘う。
当然、熱戦スタート、 だが飲み過ぎのためかムスコが不如意、 この時の恥ずかしさは忘れられない。

その数日後の再挑戦ではビール1本に抑え、 どうにか大願成就。
この頃からジジイの精力には衰えの兆しが見えていた。

それでも日本へ発つ前の最後の3日間は毎晩デート、 当然 H。
もう当分ヤレないとなると、 意欲・性欲は増すものだ。

別れの辛さをSEXで和らげる.....そんな感じか。

                 * *

リンダはケンタッキーから、 ジジイは日本から、 お互い空を飛んでのドッキング。 半年ぶりの再会にワクワクするジジイ。

彼女の航空券(KY〜LA)は勿論ジジイが負担。
会社(米国)の通訳係の社員(女性、30)に購入を依頼、 チケットをリンダ宛(住所)に送って貰った。

この時、 通訳嬢が電話口で漏らした言葉が忘れられない。

 「やっぱり、 カノ女がいたんだ.....」

「絶対に内緒だぜ、 信用してるからね」 とジジイ。

口の堅い通訳嬢は、 その後決して漏らすことはなかった。


リンダとジジイは空港 → 予約済みの 「ウェスティ・ボナベンチャー ホテル LA」 にチェックイン。
                  ☟
pict-Westin_Bonaventure.jpg
       ☝ 年金暮らしの現在では夢のようなホテル。


空港で落ち合ったジジイは照れ臭いのでハグさえしなかった。
しかし部屋に入れば二人だけ、 抱き合ってさあ熱戦開始.....

ところがベッド上でリンダが囁く。
 「生理なの、 あと1,2日で終わるから.....」

ヤル気マンマンだったジジイ、 腰ならぬチン砕け。


やることなし、 飲まない彼女を部屋に残し、 ジジイはホテル内のバーに行く。
    pict-Westin_Bonaventure-Lobby2.jpg
           ☝ ホテルロビーにあるBar。


一人で飲んでいたら、 隣にいた日本人(60歳前後)が話しかけてきた。

「私は和歌山から知り合いの看護婦さんと一緒に来ましてネ。
 私、 妻子持ちなんで、 内緒の浮気旅行ですわ」

「いいですねェ、 若い愛人とご一緒で.....」

「とんでもない、 看護婦はヤラせてくれないんです。
 これまで1度も H してません、 2人でここまで来たのに....」

「そんなの強引にヤッちゃえば、 2人で部屋にいるんでしょ?」

「私は地元で会社を経営しており....名前も知られてるんです。
 彼女を怒らせて変な噂がたったら、 私は一巻の終わりです」

「じゃあ、 高級ブランド品は買ってやらネーって言えば...」

「もういっぱい買ってます、 その約束で来ましたから」

「ロスに行ったら H するよって、 約束は?」

「特に....言わなくても常識だと。 男女2人だけの旅ですよ。
 それが H は嫌だって言うんですから、 まいります」

このオッサンの愚痴話は面白く、 今でもよく覚えている。

                * *

ジジイとリンダはLAを後にして、 サンディエゴに向かう。
ユニオンステーションからアムトラック(電車)利用。

pict-ユニオン駅.jpg
           ☝ ユニオン駅(ロサンゼルス)



3時間半ほどの乗車でサンディエゴ駅到着。
タクシーでリンダが予約した 「ホテル・デル・コロナド」 へ。
                    ☟
pict-ホテル・デル・コロナド.jpg



リゾート地コロナド島にあるこのホテルは1888年創業。
マリリン・モンロー主演の 映画 「お熱いのがお好き」 のロケ地にもなった。

pict-1958年マリリン・モンロー.jpg
              ☝ マリリン・モンロー。


同映画は、 監督がビリー・ワイルダー(1959年公開)、
トニー・カーティス、 ジャック・レモン共演のラブコメディー。
                ☟          (2分27秒)
https://www.youtube.com/watch?v=xiOJzCf_-hI


リンダと再会して3日目、 このホテルでようやく H 完遂。

8月ではあったが気候温暖、 爽やかな海風に吹かれながらビーチを散歩。
近くのレストランで食べた生牡蠣が実に旨かった。

最高のリゾート気分を満喫、 思い出に残るサンディエゴとなる。

ここで記憶に残るリンダの言葉がある。
ジジイが彼女に訊いた。

「素敵なホテルだねェ、 どうしてここ、 知ってたの?」 


 「以前、 恋人と来たことがあるの」


アメリカ人もタイ人も呆れるほどデリカシーに欠ける。
平気で昔のカレ氏の話を持ち出す。

このとき米人カレ氏とジジイとの、 サイズの違いが頭をよぎった。








 ジジイのは遥かに小っちゃいもんな。        続きます。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:27| Comment(8) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

独居老人の生活1271(愛の予感はコーヒーの薫り)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1271
                      (愛の予感はコーヒーの薫り)


 Love is in the air, and it smells like coffee.

   pict-coffee.jpg

  愛の漂う雰囲気、 それはコーヒーの薫り...


@ 熱闘チアガール甲子園。

この酷暑の中、 甲子園球児がフラフラになりながらも熱戦を繰り
広げている。

そんなのは無視、 ジジイが目を奪われるのが可愛いチアガール。
さあ、 ロリコンの皆さま必見、 美人チアガールベスト‐7です。

ジジイの独断と好みで選んだ先ずは、

  第7位:中央学院(千葉)
pict-DSCN4314.jpg



    第6位:高岡商業(富山)
  pict-DSCN4316.jpg



    第5位:丸亀城西(香川)
  pict-DSCN4312.jpg



    第4位:慶応(東京)
  pict-DSCN4310.jpg



    第3位:日大三校(東京)
  pict-DSCN4315.jpg



  第2位:作新学院(栃木)
pict-DSCN4317.jpg



    第1位:星稜(石川)
  pict-DSCN4313.jpg   
                     (以上、 写真は 「週刊Friday」 より)

ということで、 松井ゴジラの出身校・星稜高校の優勝が決定。
皆さまの判定は如何でしたか?

ジジイはNHKの甲子園実況放送にいつも憤慨していた。
女子応援団でテレビに映し出されるのは美女ばかり。

女子高生が涙ぐみながら必死に応援する姿をカメラがとらえる。
絶対と言っていいほどブスは出さない。

こんな偏見、差別があっていいのか!
もっとブスも出してやれ、 気の毒に......
        ☟
    pict-ブスのチアガール.jpg



    この彼女もいいじゃないあか。
   pict-ブスのチアガール2.jpg


でも、 チャンネルを変えられてしまう?
やっぱり、勝利を祈る乙女の美しい顔に...ムラムラするね。

                  ☟

pict-ブスのチアガール4.jpg
      ☝ 右端の乙女と比べると格段の違い。
        生まれながらにして差が出てしまう。

                  * *


A 7月下旬、 タイ産コーヒーのコンペが開催された。

pict-Thailand Excellent Coffee Competition2.jpg


最終選考に残ったのはチェンマイとチェンライからの11の候補。

これはASEANコーヒー産業開発会議(ACID 2018)と、 同コーヒー産業の共同プロジェクトによるもの。

コーヒー供給の発展・強化を目指し、 地域コーヒーの質への認識を高めてもらう狙いがある。

コーヒー農家の反応は著しく、 70のサンプル提出あり。

最終ラウンドでは、 チェンマイの6、 チェンライの5サンプル(計11)で競われた。

pict-Thailand Excellent Coffee Competition.jpg


コンペの国際審査員の1人(台湾人)が言う。
ここ数年でタイ産のコーヒー豆は高い水準に達し、 タイコーヒーは著しい改善を遂げている。

                    * *

このような努力が実を結んだのか、 チェンマイにはコーヒーを出すカフェが至る所で見られる。

ということで、 今日はチェンマイのビール(飲み屋)ではなく、 コーヒー(カフェ)のご案内です。


@ DeeNan Cafe。

pict-1532432118886DeeNan Cafe.jpg


ステープ通り、 スアンドーク門から西へ向かい、 運河手前の約100m左側にある。 (地図はココ

近くにチェンマイ大学や病院があり、 若者で賑わっている。

    pict-1532432126001.jpg



   店内。
pict-1532432679629.jpg



  店員さんがジジイの好みのタイプ。
pict-1532432675366.jpg


詳しくは「Deenan Cafe」 のホームページをどうぞ。
                 ☟
https://www.tripadvisor.com/Restaurant_Review-g293917-d12167834-Reviews-Deenan_Coffee-Chiang_Mai.html
   
                  * *

A Tea Tana。

ピン側沿い東岸、 ナワラット橋から南へ、 鉄橋の手前にある。
  (地図はココをクリック)

   この看板が目印。
pict-P_20180622_061147.jpg



pict-P_20180622_061235.jpg



   店内。 コ−ヒー45バーツから。
pict-P_20180724_132549.jpg



  店内から外を眺める。
pict-P_20180724_133333.jpg



  あれっ、 バックパッカーが・・・
pict-P_20180724_132554.jpg



このカフェの裏側にホテル(カフェと同じ経営)があり、 その宿泊客がやって来たのだ。

  ホテルは 「Glur Hotel」。
pict-P_20180622_061315.jpg



  プールもあってお洒落な雰囲気。
pict-P_20180622_061347.jpg


ホテル代だが、 普通の部屋は1,100バーツ/泊。
ドミトリー(女性、 2段ベッド6台/部屋)で308バーツから。

詳細は同ホテルのホームページ(ココ)をどうぞ。

                 * *

B Sweet Garden。

場所はRuamchokの交差点から北に向かい、 1つ目のU‐ターン
地点でUターンし、 1kmほど戻った左側。 (地図はココ

  ここがゲート。
pict-P_20180814_105734Sweet Garden (9).jpg



  中に入ると駐車場がある。
  カフェ正面。
pict-P_20180814_105734Sweet Garden (6).jpg



    コーヒー:70バーツから。
  pict-P_20180814_105734Sweet Garden (3).jpg



このカフェのウリは広々とした庭と湖のような池。
カップルで来れば、 まさに店名通りの ”甘い庭園” になろう。
                  ☟
pict-P_20180814_105734Sweet Garden (8).jpg



 池には橋が架かっている。
pict-P_20180814_105734Sweet Garden (2).jpg
     ☝ 73歳のジジイがロマンチックな雰囲気に浸る。



    橋の上で彼女に愛の告白、 イイネ!
  pict-P_20180814_105734Sweet Garden (7).jpg



なーんてことになれば良いのだが......

こんなド助平ジジイと一緒では庭園が泣こうというもの。

                   ☟

pict-P_20180814_105734Sweet Garden (5).jpg


自然豊かな郊外のカフェ、
コ−ヒーを飲みながらのんびり過ごすひと時はまた格別。

気が置けない友人とは......








 エロい話に花が咲く。  こりゃダメだ。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:25| Comment(8) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

独居老人の生活1270(戦争を知らない老人たち)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1270
                       (戦争を知らない老人たち)


  どんな戦争も、 はじめの30日間は人気がある。

                        アーサー・シュレンジャー・ジュニア (米国の政治学者)

@ 中国の異常気象。

pict-DSCN4309.jpg


写真は黒龍省ハルピンの松花江、 今年5月の干ばつで水位が
急低下。

ちなみにジジイは2004年9月末にハルピンを旅行、 濁った水が流れる松花江を眺めたことがある。 その水が干し上がったのだ。


マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究者が、 科学誌ネイチャーコミュニケーションズに論文を発表。

北京から上海を含む華北平原は気温上昇の結果、 今世紀までに居住不能になるという。

同地域の人口は4億人、 中国穀物の20%を生産。

2070年までには、 健康にみえる人でも6時間以内に死亡しかねない酷暑が襲来する可能性あり。

人口密集地域で1億人以上の国内移民が発生すると予測。

その結果中国は、 資源の奪い合いで緊張・対立が激化しよう。

気候変動の影響で経済的打撃を最も受けるのは、 中国、 東南アジア、 アフリカらしい。


関東地域の夏、 ジジイはここ10年近く居たことないが、 結構暑いらしい。

エアコンなしで7月〜8月をのんびり過ごせるチェンマイのありがたさ、 チェンマイって ホントいいなあ...を実感する。(source:Newsweek)

                  * *

A 2018年 「チェンマイ戦没者慰霊祭」。

この模様を朝日新聞デジタルが報道。
ジジイはこれが嬉しくて、 今日はその記事を転載させて頂く。

捏造や曲解した記事が多い朝日の記事だが、 これはマトモ。
チェンマイの郊外まで赴き取材してくれた朝日新聞、 イイネ!

ということで、 今日はいつもの朝日の糾弾は封印です。


2018年8月15日18時24分 (チェンマイ=貝瀬秋彦)

第2次世界大戦中に旧日本軍のインパール作戦に参加し、敗走中に亡くなるなどした元兵士らの「戦没者慰霊祭」が15日、タイ北部チェンマイ郊外で営まれた。

インド北東部の攻略を狙ったインパール作戦の失敗で、日本兵らはビルマ(ミャンマー)を通ってタイ北部などに敗走。

その際に多くの死傷者が出た。

佐賀県の僧侶らが遺骨収集を進め、1993年、多くの遺骨が見つかったチェンマイ郊外バンカートの学校の敷地内に 「タイ ビルマ方面戦病没者追悼之碑」 を建立した。

pict-バンカート校.jpg


チェンマイ在住の日本人有志らは毎年8月15日にこの碑と、チェンマイ市内の寺院にある慰霊碑の前で慰霊祭を営んでいる。

バンカートでの慰霊祭には川田一徳・在チェンマイ総領事や在住日本人、学校関係者ら約70人が参加。
黙とうし、「追悼之碑」に献花した。

川田総領事のご挨拶。 

「過去の記憶を風化させず、かけがえのない平和を次の世代に引き継いでいくため、何ができるかを問い続けることが一層重要となる」
   
               * *

バンカートの学校に加え、 チェンマイ市内ムーンサーン寺院でも同時に開催された。

下のビデオは2013年の模様、 ジジイも参列したので懐かしい。
チェンマイ戦没者慰霊祭ムーンサーン寺院。
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=0vxuFD4r0go


同日、 日本では正午から1分間、黙とう。 
続いて、天皇陛下のお言葉。

「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願う」

最後の出席となる天皇陛下は 「深い反省」 に4年連続で言及。
この ”深い反省” はいつまで続くのだろうか?


で、ジジイはどちらに参列したのか....今年は欠席。
昨日の 「こんなニホンに誰がした?」 を書いていたら、 自宅を出遅れてしまった。

しかし私的な 「夜の部・チェンマイ戦没者慰霊宴」 には出席。
開宴前、 ジジイは数秒黙祷、 ビールが飲める喜びに感謝!

pict-P_20180815_182237.jpg
        ☝ 昨夜、 居酒屋 「ガガガ」 にて。


昭和20年生まれのジジイは、 1度も戦争体験なく73歳を迎えて
いる。 73年間平和な日本。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=l4JpZvgzA04


これを ”平和憲法” のお陰という人がいる。

ならば、 世界の全ての国々が同様の憲法にしたらどうなるか?







 世界中で戦争が勃発するだろう。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:40| Comment(6) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする