2018年07月30日

独居老人の生活1254(逃亡劇と報道)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1254(逃亡劇と報道)


   苦しいから逃げるのではない。

   逃げるから苦しくなるのだ。

                         ウィリアム・ジェームズ (米国の心理学者)


AFPによれば、 ラオス・ダム決壊に関して現地アッタプー県の幹部が、 「1126人が発見できていない」 と発言したという。

どこまで膨らむか死者・行方不明者の数、 捜索は難航。

明確なことは、 韓国人勤労者53人は全員無事ということ。
SK建設の安全管理は素晴らしい!  見事な逃走劇だ。

しかしラオスのエネルギー・鉱業大臣は、 「ずさんな工事が決壊原因(の可能性)」 と述べている。

手抜きを認めたのであろう、 SK側では災害支援金として11億円を寄付する意向を示した。 

ダム建設は、 韓国、 ラオス、 タイの企業による合弁事業。
12億ドル(約1300億円)の費用が投じられている。

その建設の主役がSK建設だ、 11億円程度の寄付でごまかされるなよ!  ラオスとカンボジアの皆さん。

では、やっと日本の地上波で報道したんだとか。
いつもは威勢のいいテレ朝・玉川徹がなぜか歯切れが悪い。
                 ☟
https://www.youtube.com/watch?v=5cetUgL-xc0

                  * *


事故現場からの逃走劇といえば、 思い出すのが福島原発。
「指示に反して東電職員が逃げた」 という朝日の報道だ。

後日、 朝日新聞は記事の捏造を認め、 社長が謝罪会見。
こうした嘘を書き、 本当のことは無視するのが朝日の特性。

pict-福島原発画像.jpg
           ☝ 津波被害の福島原発。


福島原発の原子炉はGE社製。
丘をわざわざ削って低地にし、 補助電源を海側に置かせた。

津波の怖さを知らない米人らしい発想だ。
それが仇、 津波であっさりダメになったが、 朝日はダンマリ。

要はGEの設計に瑕疵があったのだ。
そしてGE社員(米人)は見事な逃走劇を演じる。

津波が来た時、 福島の原子炉にはGE関係者がいたが、 彼らは逸早く逃げ出した。
そして犯罪者が海外逃亡を企てるように、 すぐ日本を出国。

出国は米国GE本社の指示だというが、 それにしても鮮(あざ)やかな逃げっぷり。


福島原発は設計から構造まで、全てGE主導の下で建設された。
この事実を敢えて無視し、 朝日新聞は東電だけを攻める。

そして東電職員が現場から逃げたという捏造記事まで出す。
逃走したのはGEのアメリカ人だろうよ。

朝日は間違いなく狂ってる、といっても過言ではない。

日本の事なら悪く書き、 外国なら瑕疵があっても非難しない。
ラオスのダム決壊、 朝日新聞の報道を検証してみたい。

                * *


磯村尚徳はNHKの人気キャスターだった。
人気デレクターで女子大生淫行の前科者・和田勉は同期。

    pict-磯村NHK .jpg


この磯村がNHKの番組で朝鮮戦争に関し、 「北朝鮮が38度線を越えて侵攻」 と発言。  歴史上の事実を言ったまで。

この当時(1974年=昭和49年)は、 日教組、 動労、 朝鮮総連、 社会党に加え朝日新聞が強大な影響力を持っていた。

彼ら左翼陣営は動員をかけ、 NHKに抗議の電話攻勢。
電話は鳴りやまず、 NHKは仕事どころの話じゃない。

NHKは ”国民みなさまのNHK”、 放送に支障をきたしてはダメ。
結局、 磯村尚徳の謝罪で事を収めたが、 これには仰天。
             ☟
「北が侵攻したなどと歴史を書き換える意図は毛頭ありません」

既に40数年前から、 NHK内の左翼洗脳は始まっていたのだ。

本ブログ読者のかずさんという方がコメントでおっしゃっている。
それを勝手に抜粋して.......

『今のマスコミには、大量の在日朝鮮人が入っています。
 韓国や北朝鮮に都合の悪い事は、 一切報道しません。

 テレビや新聞には在日枠なるものがあります。
 そういった連中が今では、 プロデューサーやディレクターに...
 NHKも例外ではなく、 相当ひどい状態です』

                  * *

この朝鮮戦争でジジイが感心したのは時の韓国大統領の行動だ。

    pict-Rhee_Syng-Man_in_1956.jpg
       ☝ 李承晩(1965年90歳で死去)


北の奇襲で韓国軍はたちまち総崩れ、 李承晩大統領は開戦の
2日後、 特別列車でソウルから逃亡。

その際、北朝鮮軍の進行を遅らせるため、 漢江にかかる橋を避難民ごと爆破したから恐れ入る。

これにより漢江以北にいた多数の軍人や住民が取り残された。
自国民を犠牲にしてまで生き延びる、これが韓国大統領の正体だ。
漢江の橋を自軍によって壊された韓国軍は戦意喪失、 李承晩逃亡の翌日、 ソウルはあっけなく陥落した。

pict-朝鮮戦争.jpg
        ☝ 陥落したソウル(1950年6月28日)


それにしても李承晩大統領の見事な逃げ足。

船内に残された乗客を見捨て、 真っ先に逃げたセウォル号の船長をなぜ責める。

上が上なら下も下。
嘘をついても卑怯なことをしても、 恥も外聞もなく何でもやる。

自分勝手で夜郎自大の典型、 これが韓国であり朝鮮人だ。








こんなのとは生涯、 無縁でいたい。


チェンマイって ホントいいですね!

 <後記>
逃亡者の末路は最後まで逃亡....哀れを誘う。
李承晩は韓国を追われ、 1960年、 米国(ハワイ)に亡命した。

そしてその5年後、 ハワイにて死亡(享年90)。
李承晩の大統領としての最大の功績は、 領土を拡張したこと。

そう1953年、日本の竹島に武力侵攻(韓国・独島義勇守備隊)、 現在まで韓国の実効支配が続く。

韓国が一方的に李承晩ラインをひいた1952年から1965年の日韓基本条約締結までに、 韓国軍は日本漁船328隻を拿捕、 日本人44人を死傷させ、 約4千人を抑留している。





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:57| Comment(8) | 社会思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする