2018年07月24日

独居老人の生活1249(人間も木々も同じか?)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1249(人間も木々も同じ)


 木は神聖なものである。
 木と話す、 木に耳を傾けることを知るものは真理を知る。

 木は教義も処方も説かない。
 木は個々のことにとらわれず、 生の根源法則を説く。

                               ヘルマン・ヘッセ (ドイツの小説家、 詩人)


@ 依然脅威のプーケットのワニ。

pict-crocodile in Phuket .jpg


最初に目撃されてから1週間経過、 ワニは未だ捕獲されぬまま。
プーケットのビーチは戦々恐々、 立ち入り禁止区域もあるようで。

直近ではカロンビーチに出没、 ここでも捕り逃がす。
ワニが海で遠泳もできるってこと、 ジジイは初めて知った。

ワニと鮫が闘ったら、 どっちが強いか?
やってくれたら面白いのだが.......

                  * *

A 世論調査の結果にエ〜?

産経とFNNの合同世論調査の結果を見て、 ジジイの認識のなさを改めて実感。

「安倍晋三首相の政権運営を評価するか」 が質問。
で、 その結果が、

   pict-産経新聞社と合同世論調査.jpg


ジジイはこれまで、 安倍政権を評価する年代は高齢者が1番多いと思っていた(保守の支持者 = 老人)。

それが逆、 60代以上は低評価、 10〜20代の若者が高評価。
なぜかと考えれば、 SNSの影響か。

若者はネットを利用して多様な意見があることを知る。
 (新聞<ネット)

新聞>ネット、 ネットが苦手で新聞を読むのが年寄りだ。
朝日・毎日などを読んでいれば、 弥が上にも左に傾く。

歪曲・捏造報道を続ける朝日新聞を若者は知っているのだ。
朝日の影響力低下 → 凋落傾向は止まらない、 当然だと思う。

尚、 女性の ”評価しない” が多いのは昭恵夫人の影響もあろう。

「あんなバカは同じ女性として恥ずかしい」、 それを野放しにしておく安部さんは低能....そう見ているのでは?

                 * *

B 海辺のブラスバンド。

出没するワニを導き出すのか、 学生はビーチ近くで演奏する。
                  ☟
pict-DSCN3503錯覚するブラスバンド.jpg


いえいえ、 これはジジイがチェンマイで撮った写真。


チェンマイに海がある?  こうなってます。

                  ☟

pict-DSCN4194競技場.jpg
                  ☝ 
    正面に見える建物の前で練習するブラスバンド。

                  * *

B この日のランチ。

この和食店にはまだ名前が付いていない。
以前はタイ飯屋だったのだが、 経営者が変わって和食店に.....

場所はチャンプアク病院の前。 (地図はココをクリック)

pict-DSCN4187.jpg



   メニューを見れば、
pict-DSCN4184.jpg


   安いのがウリ、 35Bからある。
pict-DSCN4185.jpg



で、ジジイの注文、 海老とイカのヤムウンセン:60B。
  和食じゃないが、 ビールのツマミにぴったり。
pict-DSCN4188.jpg



   仕上げはざる蕎麦:50バーツ。
pict-DSCN4189.jpg


ビールは置いてないので、 すぐ近くで買って持ち込む。
営業時間:朝9時〜夜9時、 定休日なし。


実はこの店、 日本人爺さん(76歳)のタイ人奥さんが経営。
爺さんは手伝いも何も、 一切やらず。

「タイの女って、 働きもんだねェ、 よく働くよ」

こう言って爺さんは髪結いの亭主を決め込む。
和食のオーナーシェフはタイ人女房。
                 ☟
pict-DSCN4191.jpg

女将は日本に居たことがあり、 日本語OK。
ここで食って飲んでれば安上り、 覗いてみる価値 ありますよ。

                 * *

C 軟弱地盤。

名護市辺野古の新基地建設だが、 軟弱地盤でイチャモンが.....

沖縄県は辺野古海域に土砂が投入される前に、 埋め立て承認を撤回する方針だという。

軟弱地盤の存在を念頭に、 護岸全体の実施設計を一括で提出して県と協議するよう要求。

国が軟弱地盤を認めれば、 埋め立て(設計)を変更せねばならず、 改めて知事の承認が必要となる。

翁長知事の最後のあがき、 成功するかどうか。

                  * *

辺野古に限らず、 軟弱地盤はチェンマイにもあった。

チェンマイ市内のムーバーンに住むジジイの友人(66)は、 タイ人奥さんとの仲は盤石、 しかし庭の地盤は弱かった。

19日の朝、 突然庭の木が........
突風が吹き荒れたわけでもない、 雨が降って地盤が緩んでいた
ようだ。

pict-DSCF2801原さん.jpg



pict-DSCF2804.jpg


倒れた木は不動産屋が持ってきて、 穴を掘って植えたという。
かれこれ10年ほど前になろうか。

根の張り方が弱かったのか、 手入れを怠ったのか、 ジジイには
分からない。  簡単に倒れて友人はガックリ。


当然ながら、 穴を深く掘り返して木を植えることになる。
暇な友人には持って来いの時間潰し、 奥さんにも腕の見せ所。

で、 昨日、 写真が送られてきた。
倒れて寝たままの木 → たくましく立ち直って、 と思っていたのだが.......


                  ☟


  根っこから切断され・・
pict-DSCF2810原さん.jpg



  薪(たきぎ)になって燃やされる運命か。
pict-DSCF2809.jpg



友人も倒れて寝たきりになれば.......
奥さんがこの木のように処理するのであろう。


友人の近い将来を暗示させるような....






庭木のあっけない幕切れだった。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:46| Comment(5) | 食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月23日

独居老人の生活1248(サービス精神)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1248(サービス精神)


  お客様がいま何を求められているのか、

  いないのかの紙一重を見極め、

  感動の高いサービスを今後も提供してまいります。

                                   清原當博(ホテルオークラ東京社長)


@ 空港〜プロムナード(イミグレ)路線バス。

先日(20日)お伝えした ”直近のイミグレ情報” で、 参考までにバスのご案内をした。

今日はもう少し詳しく.......

      青色の大型バス:乗車賃は20B。
   pict-1532253759333pロムナーダバス.jpg



RTCの路線(ルート)は次の通り。

R2-B:
空港 → チェンマイ門 → メーピンホテル → チャンクラン通り →
シャングリラホテル → ノンホイ市場 → プロムナード。

R2-P:
プロムナード → ノンホイ市場 → Sacred Heart College →
ポンピンタワーホテル → ターペ通り → ナイトマーケット →
スリウォンブックセンター → チェンマイ門 → 空港。


   路線図
pict-1532253756100路線図.jpg


                 * *


A アメリカ総領事館のパスポートサービス。

ジジイは一昨年(2016年)の12月にパスポートの更新をした。
チェンマイ総領事館に出向いて申請。

申請日から4日後に新しいパスポートを受け取りに行く。
ジジイは自宅からバイクで15分も走れば領事館に到着。

なので苦にはならない。
では、 遠距離の日本人はどうしてるんだろう?

メーサイ、 チェンライ、 ランパーン、 ファングなどに住む人は大変だと思う。  領事館に行くだけでも1日仕事になる。

申請日の当日に新パスポートを発行してくれれば良いが.....
残念ながら遠方であっても即日はダメ → 4日後に発給。

日本総領事館では宅配利用の返却はやっていないという。
本人が再度チェンマイまで出向かねばならない。

人工透析などの病気の人、 寝たきりの人はどうするんだろう。
代理人でもいいのかな?

               * *

そんな人たちのために、 米国総領事館は新サービスを開始。
「U.S. pasport service」 である。

pict-DSCN4183アメリカ領事館.jpg
         ☝ ジジイのアパートの掲示板より。


これで遠方に住むアメリカ人は、 チェンマイの総領事館まで出向かずにパスポート更新ができるのだ。

申請用紙に記入し、 自分のパスポートと一緒に総領事館に送付。
 (申請用紙はオンラインからダウンロード可能)

そうすれば、 約3週間後に総領事館から返送されて来る。
料金の支払いはどうするか。

クレジットカード(マスターカードなど)を使う。
アメリカの銀行が発行するデビットカードでもOK。

他に小切手も使えるが、 指定された銀行に限るようだ。

興味ある方は、 http://th.usembassy.gov をご覧ください。
取り敢えず表紙だけでもどうぞ。
               ☟
pict-DSCN4195アメリカ領事館.jpg
pict-DSCN4196.jpg
アメリカの大使館・総領事館の案内(ホームページ)を見ると、
カテゴリーの中に ”US citizen services" というのがある。

つまり、 アメリカ人のために尽くしますってこと。
このパスポートサービスもその1つ。


最初の写真はジジイが住むアパートの掲示板に貼られている。

そこまでやってサービス情報を提供し、 利用してもらおうという
心意気(努力)、 これがジジイには....イイネ! と思う。


で、 日本総領事館も同様のパスポートサービスをやってるのだろうか?   答:やってません。

pict-DSCN4198日本領事館.jpg


領事館の業務は多種、 さぞかしお忙しいことと思う。
北タイの自治体などに寄付(ODA)して回ることは必要だろう。

では ”citizen services” は?  
それがカテゴリーの ”邦人援護” かな?

 <邦人援護>           (領事館の案内より)
在留日本人及び当地旅行者の方々が、不幸にして事件・事故に
巻き込まれた場合の相談・支援先及び情報等は以下の通りです。

・緊急時の連絡先
・海外安全ホームページ:タイ渡航情報

・外務省が発出する 「渡航情報(危険情報・スポット情報)」
  がタイムリーに掲載

・タイ北部治安情勢

・なお、 在タイ日本国大使館ホームページでは、 安全対策に
  役立つ情報を掲載しております。

・安全対策トラブルQ&A

・タイの安全情報(犯罪手口いろいろ)
・バンコク案内「治安情報」

・「タイでの安全のしおり 第5 緊急事態への備えと対応」

あくまで事件・事故・安全ということだ。

尚、 「企業支援」 のカテゴリーはちゃんとある......イイネ!


”Japan citizen services" という項目は日本領事館にはない。 

チェンマイ在留日本人に対するサービスの向上、 これもお考え戴ければ...と願っている。








何も 「もっと我々に尽くしてよ」 とまでは言わないけど。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:23| Comment(9) | ビザ・イミグレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

独居老人の生活1247(Jaws・ジョーズ出没)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1247(Jaws・ジョーズ出没)


 立ち向かったところですべてが変わるわけではない。

 しかし、 立ち向かわなければ何も変わらない。

                               ジェームズ・ボールドウィン (米国の作家)


@ 運ぶ人。

東南アジアのアマゾンといわれる通販会社が 「LAZADA」。
チェンマイ在住の日本人も結構利用している。

で、注文すると配達してくれる。 こんなバイクで。
                  ☟
pict-DSCN4138LAZADA.jpg
      ☝ 嵩張る大きな物はどうやって運ぶのか。



例えばタイヤ、 こんなのが数個あったらどうすんの?

アア、 分かった、 こんな風に........


                 ☟


pict-DSCN4118タイヤバイク.jpg



pict-DSCN4119.jpg
       ☝ (注) LAZADAとは関係ありません。


               * *


A 輪廻転生。

人間の世界にもあるように、 動物にだって転生はあると思う。
仏教徒でなくても、 ウサギや亀にも........

で、このウサギは次の如く生まれ変わった。


           ☟



           ☟





   チェンマイの市場で購入。
pict-DSCN4144大根.jpg
  ☝ ウサギが生まれ変わって出来た大根。


                * *


B ロッククライミングと象。

チェンマイでロッククライミングする人と象を同時に見かけた。
論より証拠、 まずは写真で検証。

              ☟


     pict-DSCN4167.jpg 



  次に象を見る。
pict-DSCN4166山岳.jpg



  山岳民族博物館の公園ゲートです。 
   (地図はココをクリック) 
pict-DSCN4168.jpg
       


この北側には大きな池、 その周囲をレストランが軒を並べる。
この日はジジイの馴染みの店に入る。
                ☟
pict-P_20180624_125901_p池レストラン.jpg




池を眺めれば、 「チェンマイ山岳民族博物館」 が見える。
 (開館時間: 09:00‐16:00、  閉館日: 土、日、祝日)
pict-DSCN4162池のレストラン.jpg



この日のランチは、 海老チャーハン:60B、
サイタン揚げ(モツ):80B、 Beer Chang大瓶:70B。
  (ツマミのピーナツは無料)
pict-P_20180624_130822_p.jpg


ウサギに象、 お次は Jaws登場。

                * *

C プーケットにJawz (ジョーズ)現る。

pict-映画ジョーズ3.jpg


映画JAWSのテーマ音楽で雰囲気を盛り上げて...(2分19秒)
出始めは音量がとても弱いです。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=ojzxlBlHE8U



な〜んて煽っては怒られる。
プーケットのJawsは鮫じゃありません。 これです。


                 ☟


pict-プーケットのワニ.jpg



  何だい、 これ?
pict-crocodile in Phuket .jpg
              ☝ ワニが出た!


ワニが最初に目撃されたのは7月18日の夜、 プーケットのYanui(ヤヌイ)ビーチ沖を泳いでいた。

翌19日(木)には、 Nai harn(ナイハーン)ビーチに現れる。
このワニ、 体長2〜3mほど、 住宅地から逃げ出したらしい。

市当局は24時間監視チームを派遣、 漁師や観光客に注意を呼び掛けた。  (地図はココをクリック)


20日(金)朝3時、ワニハンターチームがヤヌイビーチに到着。
ワニは彼らが仕掛けた網をくぐり抜け、 水中を泳いで逃げる。

この日は3時間の探索がムダ骨、 突風が吹き荒れ捕獲装置が使えず、 捜索の一時休止を決定。


ワニは呼吸のため少なくとも15秒に1回は水面に出るという。
しかし約10回は目撃されているが、 ビーチを歩く姿は1度もない。

チームはナイハーンビーチからナイハーン湖に続く水路(溝)を作るため、 土砂をさらい始めた。 

ワニを湖に追いやるか、 その水路で捕獲する作戦だ。

pict-プーケットのワニ2.jpg



海上にはワニに食われたと思われる魚の残骸が浮いている。
こうしてワニは生き延びているが、 そのうち弱ってくるはず。

何とか早く終決させたい市当局、 しかし21日も捕獲作業が続く。

何処へ行ったか...ワニ。

下は囮の餌ではありません。
イイ男が寄って来るのを待ってるんです。

                 ☟

pict-プーケットのワニ3.jpg






 ワニの生け贄になってくださいな。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:34| Comment(2) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする