2018年06月08日

独居老人の生活1210(話題の人、点描)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1210(話題の人、点描)


 老年期とは、
 人間が行動の炎の中でなし得たよりももっとゆっくりと、

 暇をかけて自分の人生を反省し、 何が価値あるものかと
 いう問いを解こうと試みるときなのです。

                                ポール・トゥルニエ (スイスの精神科医)


@ 怪死、 変死、 横死、 不審死、 非業の死。

紀州のドンファン・野崎幸助さん(77)は多量の覚醒剤で怪死。

警察は、 野崎さんの愛犬の墓を掘り起こして死因を調べる。
野崎さん怪死に先立って、 愛犬が苦しんで死んだからだ。

野崎さんは今年2月、 55歳年下の早貴さん(22)と結婚(入籍)。
彼は過去に2度離婚、 3度目の結婚は死によって添い遂げる。

蜜月は3ヵ月半、 若妻との生活は甘かった?  辛かった?
野次馬からすれば、 それは下の写真で推測するしかない。

                  ☟
                             (週刊新潮より)
pict-DSCN3830野崎幸助.jpg
           ☝ 左が若妻・早貴さん(22)


若妻には30数億円の遺産が転がり込むとか。
もし若妻が野崎さん殺害で逮捕・実刑をくらっても、 遺産は普通に入るんだろうか?

                 *

「私は殺してません」 と言うのが野崎さん宅の家政婦。
家政婦といっても野崎さんとは30年来の付き合い。

東京で、 昔クラブを経営していたこともあるそうな。
              ☟
pict-DSCN3831.jpg


6月2日、 警察は若妻の東京・新宿の ”別宅” と、 家政婦の
六本木の自宅を家宅捜査した。

さて、 これからどう進展するやら....野次馬の関心は高まる。

                  * *


A 今なお矍鑠(かくしゃく)として.....

とはいえ100歳を迎えた元首相、 足もとは覚束ない?
             ☟       (週刊Flashより)
pict-DSCN3832中曾根康弘.jpg
    ☝ 元気でも100歳では車椅子が必要で....


来年5月で101歳、 大正、 昭和、 平成に続く4つめの年号を
生き抜く政治家....となりそうだ。

健康の秘訣は、 1日3度の食事、 それも野菜がメイン。
睡眠は7〜9時間で規則正しい生活。

長い政治家人生、 つい先月も、

 「私は一貫して憲法改正を訴えてきた。
  1日も早い実現を望まぬ日はない」 のメッセージを出す。

元気の秘訣は?  と訊かれた大勲位は、

 「それは使命感だよ」  とお答えになる。


チェンマイの爺さんと同じで、 元気の素は使命感から。
とはいってもチェンマイ爺さんは、 若妻やら幼子を幸せにしたいという使命感だ。

                 * *


B 眉毛はタイ人?

子犬を抱いた15歳の女の子。
犬は秋田犬、 娘はロシアのザキトウ選手。

平昌五輪フィギュアスケートで金メダル、 一躍脚光を浴びた。
贈られた秋田犬と共にインスタグラムに投稿、 喜びいっぱい。
                 ☟
                           (週刊Flashより)
pict-DSCN3834ザキトウ.jpg


アレーとジジイが思ったのは、 ザキトウ選手の眉毛。
若いタイ人女性同様、 長くて濃いのが特徴だ。

こんな眉毛はタイ人か、 日テレ番組のイモトアヤコくらいだと思っていたが、 ロシア人までやるとは.....

濃い眉毛にすると綺麗になるのかなあ?

                 * *


C 濃い眉毛ならオレだって......

pict-DSCN3836稀勢の里.jpg
               ☝

誰だかお分かりですよね。 休場横綱・稀勢の里の似顔絵。
松本勒二さん(80)という方が、 「週刊朝日」 に投稿。

そうか、 稀勢の里の顔の特徴は眉毛だったのか。
でも本当かな....ジジイは写真で確認してみた。

             ☟ 
 
pict-稀勢の里.jpg


なるほど、 眉毛が普通の人より長くて濃い感じ。
もう1年以上も休場を続ける横綱には、 再起して欲しいもの。

ケガで土俵には上がれないが、 全身がダメというわけじゃない。
股間はケガもなく、 はち切れんばかりの勢いだ。

で、 こんなシーンが見られることに.......
                 ☟

pict-DSCN3839.jpg
稀勢の里の東京下町にあるマンションに2連泊した美女。
ご覧の通りのスレンダー、 横綱はケガにも負けずに抱き締める。

休場してんだもの、 若さを持て余すのも当然。
女で発散し、 元気で相撲に戻って来てよね!

                 * *


D 1本足打法、 夜のバットが蘇る?

元巨人、 王貞治(78歳)氏が前妻と死別してから約20年。
今の彼女(61)とは10年越しの事実婚だとか。
 
pict-DSCN3840王貞治.jpg



お相手の彼女は福岡・中洲の老舗料亭の娘。
男のケジメということで、 正式に結婚、 このたび発表した。

pict-王貞治.jpg


王さんも人の子、 世話してくれる彼女に遺産をあげたいって。
爺さんの独り身は寂しくてキツイ。

10年も一緒なら、 情が湧いても当然だ。
チェンマイにも、 同じような爺さんが結構いるもんなあ。

分かります、 王さん、  お幸せに!

                   * *


E 情もへったくれもない鬼畜の男。

所は変わってこちらはサムットサコン。
バンコクから少し南に下った海辺の街だ。

6月5日(火)、 タイ人の男(40歳)は妻の連れ子の娘(11歳)が
住む祖父母の家に現れる。

そして母親が重い病気だと言って娘を連れ出した。


6日(水)、 男はタクシーに乗車、 病院に行けと言う。
一緒にいたのは意識不明の少女(連れ子の娘)。

病院に着くと、 男は運転手に言う。
「警察には俺から届けておく」 と言ったまま姿を消した。

医師が言うには、 娘は強姦され酷い出血あり。
何度も強姦された模様....今、 集中治療室に入っている。

男は、 女房の連れ子で自閉症の娘を強姦したのだ。
で、警察が40歳の男を指名手配、 行方を追う。


6月7日(木)、 男は預金を引き出すため銀行に現れる。
銀行員はメディアに出ていた男の顔写真を覚えていた。

すぐにポリスに通報、 鬼畜の男は逮捕される。
男はポケットに、 メタンフェタミン(興奮剤)を10粒所持。

連れ子の娘を強姦したことを自供したという。
                  ☟
pict-stepdaughter raped .jpg


何とまあ、 犬畜生にも劣る男の行為。
連れ子、 自閉症、 11歳、 こんな少女を強姦するとは!

たっぷり刑務所暮らしをさせて、 悲惨な目にあわせて欲しい。

尚、 11歳の娘はその後回復した由、 少しは救われた気持ち。

                * *


F 恋人に贈る誕生ケーキ。 

ジジイのチェンマイの恋人は21歳の誕生日を迎えた。
で、 特製ケーキを贈ってジジイの変わらぬ愛を示す。

喜ぶカノ女、 ジジイもこれを見て嬉しくなった。

           ☟


pict-1528286310744.jpg




いつまでも元気でネ、 とカノ女は祈ってくれる。

pict-1528286313408誕生ケーキ.jpg




そしてジジイのナニの実物大模型にそっと口づけ。

pict-1528286315821誕生ケーキ.jpg


これがチェンマイ爺さんと、52歳年下女性の真(まこと)の愛。

(注)ジジイと書きましたが、 このジジイのことではありません。








でも、 こうありたいと、 ジジイの願いを綴りました。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 13:11| Comment(18) | 愛を求めて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする