2018年06月02日

独居老人の生活1205(老人のいるところで・・・)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1205(老人のいるところで..)  


  死者老いず  生者老いゆく  恨みかな
                                             菊池 寛 (作家)


老人のいるところで耳を澄ませば......ウーン、成る程。
今日はそんな言葉をどうぞ。

              * *

タバコを止めて肥る人がいますが......
タバコの害と肥る害とでは、

肥る方が短命だそうです。

              * *

人間は2度死にます。

まず死んだ時。  それから忘れられた時。

              * *

死について、
なんのかんの言ってる国は天下泰平なんですよ。

              * *

腹上死したいって、 なんのかんの言ってる爺さんは、
いとしいカノ女がいないんですよ。
                           (独居老人)

              * *

色即是空ってどういう意味?

色っぽいことをすると、 むなしくなるってこと。
                (俳優 小沢昭一)
pict-小沢昭一.jpg

              * *

村の渡しの船頭さんは  今年60のおじいさん ♬

いやな童謡だねェ。

             * *

癌の確率は4人に1人とかいいますけどね。

当人にとってみれば、 ゼロか百なんですよね。

              * *

痔とか、 腰痛というのは、
人間が立って歩くようになってからです。

動物には、 痔も、 腰痛もありません。

              * *

これからはやたらと寝たきり老人が増えていくんですからね。

どうでしょう、 平均寿命以下で死んだら表彰すれば?

               *

オレ、 畳の上で死にてーよォ。        (独居老人)

              * *

畳の上で死んでも.....訳の分かんない死に方は嫌だなあ。
                               (独居老人)

紀州のドンファン・野崎幸助さん(享年77)は不審死だった。
遺体から大量の覚醒剤が見つかる。

亡くなったその日、 55歳年下の妻も家に居たという。
当然ながら第一発見者はファッションモデルの妻。

助平爺さんの最期はミステリアスであった。
                  ☟         (週刊Fridayより)
pict-DSCN3819.jpg
        ☝ 新婚時代(死亡の3ヵ月前)の夫婦。



       棺に入った野崎さん。
pict-DSCN3820.jpg
             ☝ 55歳年下の妻もいる(黄矢印)。


               * *


「何か言い残すことはありませんか?」 と聞かれて、

自分で 「ご臨終です」 と言って死んだ人もいた。


上記写真の野崎幸助さんは何か言ったのかな?

              * *

あなた、 タイ人の奥さんと子供がいるんでしょ。

遺族年金申請の用意もしてなくて、よく死ねるよね。
                                (独居老人)

              * *

世界で長寿国といわれる日本、

寝たきり老人を含めて長寿っていえるのかな?

              * *

私はしあわせ、 今も、 昔も、 これからも。
               (宇野千代)
pict-作家宇野千代.jpg

              * *

不思議なものだね。 友人が死ぬと、どこか楽しいんだよね。

淋しいだけじゃないんだよね。

              * *

オレは生き残った.....しかし良寛和尚がいう、

散る桜  残る桜も  散る桜            (独居老人)

              * *

ある人の.....ある人ってとても有名だったんだけど、
その人の三回忌に行ってきたの。

お葬式には千人からの人が集まったのに、
三回忌になったら10人もいないのよ。

忘れられちゃうのねェ。  淋しいものねェ。

              * *

病人が集まると、 病気の自慢をするんですよね。

勿論、 重い人が尊敬されるんです。

             * *

爺さんが集まると、 オンナの自慢をするんですよね。

勿論、 勃起する人が尊敬されるんです。
                             (独居老人)

             * *

土俵の上でいえば、
小錦の心臓も、 行司の心臓も、 同じ大きさなんです。


でも、 チンコの大きさは違います。       (独居老人)

             * *

 (東北大震災の被災地で...)

あの地震までは駄目な人やったのに......

あれから元気になって、
生き生きやっとる人がおりますのや。
                        

              * *

人間、 諦めながら年をとってゆくんだ。
夢を捨てながら年をとってゆくんだ。

             * *

俺は、 年はとっても諦めちゃいない。
夢は捨てない、 これからだ。

夢?  もう1度恋することさ。
儚(はか)い望みだけどね。           (独居老人)

             * *

ボケ保険が満期になった爺さんが保険会社の窓口にやって来た。

「私が払い込んだ保険金をおろしに来ました」

「払い込んだことを覚えている間は、 お支払いできません」

            * *

昔はね、 呆けるほど長く生きしなかったの。

                   
            * *

楽しいこと、 辛いこと、 嫌なこと、
何があっても寝る前に毎日つぶやいたこの言葉。

「結構でした」               
             (二代目中村鴈治郎)
      pict-中村鴈治郎 (2代目).jpg


            * *

無理しない、

静かに生きる、

借りたら返す、 こんな生き方.....イイネ!

            * *

行きにくい世の中ってのはわかるけど、

死ににくい世の中でもあるんですよね。

            * *

人生50年というのは寿命のことじゃありません。

50過ぎたら人間みんな同じだってことです。

            * *

チェンマイのある日本人会に同好会があるんです。
「長生きしよう」 って、 そんな有志のグループ。

有志の会員は年間5千バーツずつ払うんです。
別に何もしなくて、 ただ払い続けるだけ。

で、 最後まで生き残った人が全額もらえるんです。
                                 (独居老人)                       






勿論、 もらうのは....このジジイです。


チェンマイって ホントいいですね!

  <引用元>
(  )内の人名はその人物の言葉。
(  )の記載無いものは、 次の2冊から抽出し引用しました。


pict-DSCN3645大往生の本.jpg
            ☝ 永六輔著 (岩波書店)




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:15| Comment(15) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする