2018年05月24日

独居老人の生活1197(カネも家もある独身爺さんの余生は...)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1197
              (カネも家も車ある独身爺さんの余生は...)


 世間一般の考えに従って生活することはごく易しい。
 また、自分の事だけ考えて孤独の生活を送る事もごく易しい。

 だが悟りを開いた人間とは、 群集の真っ只中にありながらも、
 自立の醍醐味を心ゆくまで味わうことのできる人間である。

                           ラルフ・ワルド・エマーソン (米国の作家、 詩人)


@ あの頃みんな若かったが......

2016年2月、 都内ホテルの1室に集まったのが昔の新御三家。
                             (週刊新潮より)
pict-DSCN3805.jpg
       ☝ 郷ひろみ、 西城秀樹、 野口五郎。 


このとき西城秀樹は言ったそうな。

「60代の次は70代が待っているわけでしょ。
 60代というのは新たな10年のスタートなんだ」

残念ながら西城秀樹は今年5月、 あの世に旅立った。
だが彼の幸運は、 結婚相手に普通の女性を選んだこと。

彼女は地質調査会社に勤務する芸能界とは縁のないOL。
スター秀樹は子供にも恵まれ、 幸せな家庭の味を満喫できた。 

歌唱力抜群のアイドル歌手だった思う....享年63、 合掌。

                 * *


A こちらはこれから30年?
                             (週刊新潮より)
pict-DSCN3804猪瀬直樹.jpg
               ☝ 蚤の夫婦。


2016年10月に交際が発覚。
愛を育み今年5月16日、 婚約パーティーを開催した。

猪瀬直樹元知事(71)と蜷川有紀(57)の熱々カップル。
彼女は舞台監督の蜷川幸雄の姪だとか。

その日は猪瀬直樹の新著の出版発表会でもあったようだ。
その本の中には猪瀬の名言が散りばめられているそうな。

 「人生に満足したら、 人は死ぬ」

 「還暦なんて、 成人式なようなもの」

そう、 100歳寿命が当たり前のような昨今、 猪瀬さんにはこれから30年が春となる。

ところで猪瀬さん、 クスリ 使ってるんですか?

                 * *


B 東映映画 「孤狼の血」 を観に行く。

pict-孤狼の血.jpg


舞台は昭和63年の呉原市(ロケは広島県呉市)、 暴力団系列の金融会社社員失踪事件をきっかけに捜査する警察。

暴力団組織間の激しい抗争を描いていることから、 「警察小説 × ”仁義なき戦い”」 といわれる。

柚月裕子著の小説 「孤狼の血」 を映画化。
5月12日から公開中で、 監督が白石和彌。

キャスト:役所広司  松坂桃李  真木よう子  江口洋介  
      田口トモロヲ  石橋蓮司  滝藤賢一ほか。


ジジイは深作欣二監督の 「仁義なき戦い」 シリーズを観ているので、 どうしても比較してしまう。

pict-仁義なき戦い .jpg
   ☝ 左から小林旭、 成田三樹夫、 不明、 菅原文太。
      (昭和48年、 仁義なき戦い・代理戦争)


面白いのは断然 「仁義なき戦い」、 暴力団抗争がメインでテンポがいい。

「孤狼の血」 は刑事役の役所広司と松坂桃李が主役だが、 どうもジジイにはしっくりこない。

pict-役所広司.jpg
          ☝ 松坂桃李(左)と役所広司。


では 「孤狼の血」 の予告編をどうぞ(1分30秒)。
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=20QecFl4oGg



懐かしい 「仁義なき戦い/完結篇」 (予告編)もどうぞ(3分)。
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=c7D-zKqaStU

                  * *


C 一昨日(22日)のランチ。

向かった先はJR新宿駅東口にある 「アサヒスーパードライ」。

pict-pict-DSCN3798.jpg




同行者は元会社の後輩2人、 共に未婚で恋人なし。
生まれて此の方、 ずっと恋人がいなかったように思う。

pict-P_20180522_12242加藤4.jpg
                   ☝
右(67)は今年2月、 チェンマイに1週間滞在(ゴルフ目的)。
左(66)は昨年まで現役、 65歳定年で退職、 今夏チェンマイに
来るそうな。

話題はもっぱら会社のこと、 病気や女の話は一切なし。
現役時代も艶っぽい話題は皆無、 2人は真面目な会社員だった。

恋人もなく、 子供もなく、 配偶者もなく、 大学を出て同じ企業で
定年まで働き、 あと何年生きられるか?  

預貯金 + 退職金 + 年金 = 優雅な独身余生。

写真左側の爺さんは、 定年後ベンツを買ったそうな。

こんなの、 ちっとも羨ましくない。
ジジイなら下心を露骨に出して、 チェンマイの若い女性にホンダ車を贈りたい。

  店内。
pict-P_20180522_121719.jpg



 オーダーは、 若鶏のから揚げ:980円(約280バーツ)
pict-P_20180522_105023.jpg



  クリームチーズと林檎:850円(約240B)
  サーロイン炙り焼き:1,880円(約540B)  
pict-P_20180522_105018.jpg



  じゃこサラダ:850円(約240B)
pict-P_20180522_105651.jpg


その他のオーダーは、 (レートは3.5円/バーツ)

・生ハム盛り合わせ:1,200円(約340B)
・ミートドリア:900円(約260B)

・生ビール(中ジョッキ):690円(約200B)
・赤ワイン(ボトル):2,800円(約800B)

で、支払いは割り勘で、 ほぼ5,000円/人(1,430B/人)となった。


こんな贅沢なランチは、 東京に居りゃこそ味わえるってもの。

チェンマイにいたら 「高〜い!」 と悲鳴をあげるだろう。
なんせ40バーツのカオマンガイが基準になるのだから。


独身後輩2人に不足しているのは情熱、 冒険心じゃなかろうか。

猪瀬直樹を少しは見習えばいいのに......











 オンナは?  情欲なしか。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:20| Comment(8) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする