2018年05月18日

独居老人の生活1192(マルクスとエンゲルス)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1192
                          (マルクスとエンゲルス)


    これまでのすべての社会の歴史は、
    
    階級闘争の歴史である
                                   カール・マルクス


 @ 火を噴くバス.....ローマでテロか!
                           (Newsweek誌より)
pict-DSCN3780ロンドンのバス火災.jpg


写真の路線バス火災は5月8日、 ローマ市内で発生。
テロなんかじゃありません。

原因は車両の老朽化によるもの。
このあとすぐに、 今年に入って10件目のバス火災が発生。

てことは、 1ヵ月に2台の路線バスが火を噴いている勘定だ。
財政難により車両交換、 整備に問題山積、 この有様だという。

古いのはローマの街だけで十分....市民が憤懣の声。
こうなったらバスを観光地ローマの名物にしたらいい。

火を噴く路線バス、 ジェットコースターよりスリリング!

                    * *


A ここは日本、 テロか?
                            (週刊Fridayより)
pict-DSCN3785.jpg


5月2日未明、 埼玉県越谷市と隣接する吉川市で4件の火災が
発生。 3軒が全焼し、 2名死亡。


吉川市と越谷市で燃え上がる炎。
連続放火はテロに等しい。  犯人不明。
pict-DSCN3789.jpg


                 * *


B 映画鑑賞。

昨日、 神田・神保町にある岩波ホールへ行く。
目的は映画、 「マルクス エンゲルス」 を観るため。

pict-P_20180510_112417.jpg
                 ☝
入場料:一般1,800円、 シニア1,500円、 6月15日まで。
上映 :11:00/13:30/16:00/19:00(土日のみ18:30)


映画の舞台は1840年代のヨーロッパ。

産業革命による社会的ひずみが格差を生み、 貧困の嵐が吹き荒れて、 人々は不当な労働を強いられていた。

マルクスは、 搾取と不平等に対抗すべく政治批判を展開。
パリでエンゲルスと出会い、 彼らは 「共産党宣言」 の執筆に取り組んでいく。


今も日本で読むことができる。
        ☟
pict-共産党宣言.jpg


カール・マルクス (1818年〜1883年)は故郷ドイツを追われて放浪の身に.....パリ、 ブリュッセル、 ロンドンを転々、 極貧生活を送る。

マルクスを金銭面で支えたのがエンゲルス(1820年〜1895年)。
生涯の盟友であり、 マルクスの死後、 「資本論」 を編纂し、 マルクスの 「遺産」 を世に送り出す。

単なる編集者ではなく、 「資本論」 に対する剽窃、 中傷、 誤解に対しては論陣を張った。

pict-マルクスとフリードリヒ・エンゲルス.jpg
          ☝ マルクス(左)とエンゲルス。



「資本論」 は大著、 全巻読了した人はご立派。
         ☟
pict-資本論 .jpg


ジジイが若い頃の大学経済学部では、 マル経(マルクス経済学)か、 近経(近代経済学=ケインズ経済学) のどちらかを学んでいたものだ。

今はどうなんだろう?

                  * *

映画では若いマルクスとエンゲルスが描かれる。
マルクスは既婚者、 彼の偉業は夫人の理解、 献身的支えがあってこそか。

マルクスと妻イェニーのSEXシーンが何とも言えない味わい。

2人は1836年に婚約(マルクス18歳、 イェニー22歳)。
イェニーの親は保守派の貴族、 それでも2人の結婚を許した。

で、1843年結婚、 マルクス25、 イェニー29歳の時。
夫婦は6人の子供を授かるが、 極貧生活で環境悪く3人が夭折。

イェニーは1881年、 肝癌のため死去(享年67)
マルクスは1883年、 椅子に座ったまま死去(享年64)


ちなみにエンゲルスは1895年死去(享年74)。
エンゲルスは性欲旺盛で、 大変な漁色家。

女工メアリー・バーンズとの関係は生涯続いたが結婚せず。
あちこちに何人もの女を囲い、 一夜限りの肉体関係も多かった。

優雅な独身で女遊び三昧、 これで 「共産党宣言」 か。
しかし映画では、 エンゲルスの助平ぶりは描かれず。

                  * *

ジジイはことしで生誕73年。
生誕は普通、偉人に対して使う言葉、 一般人はただの73歳。

しかしマルクスは今年で生誕200年、 その記念作品とか。
いい映画だと思う、 皆さまもどうぞ!

                  * *


C この日のランチ。

岩波ホールに行く前に腹ごしらえ。
場所はJR高田馬場駅前、 ビルの地下1階。
    (地図はココをクリック)

  ランチ定食メニュー(650〜750円)
pict-P_20180516_103527.jpg




   店内、 居酒屋そのもの。
pict-P_20180516_102126.jpg




  ジジイはカウンターで食う。
pict-P_20180516_102121.jpg



 鮭塩焼き+とろろの定食:750円、 ビール(中瓶):520円。
                  ☟
pict-P_20180516_102111.jpg


店内を見渡せば、 ビールを飲んでいた客はジジイ1人だった。

サラリーマンなど、 若い現役の人が多いからか。


そう、 真っ昼間からビールが飲めるのも、








 年金受給のお陰です。


チェンマイって ホントいいですね!



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:39| Comment(12) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする