2018年05月03日

独居老人の生活1179(健康寿命の後にくるもの)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1179
                       (健康寿命の後にくるもの)


 人間は自分の欲しいと思うものを求めて世間を歩き回り

 そしてチェンマイで暮らしたときにそれを見出す

                                        チェンマイ独居老人


@ 外国人の生活保護受給。

今朝(5月3日)の新聞を読んで何かモヤモヤ。
生活保護を受けている外国人の世帯数が過去最多に.....

pict-DSCN3722.jpg


平成28年度(2016年)は月平均で47,058世帯に上る。
前年度比0.4%増。

平成18年度(30,174世帯)から10年間で56%も増えている。
この数字はあくまで世帯数。

人数(外国人)ベースで見ても大幅増。
平成18年度:48,418人 → 平成28年度:72,014人(約49%増)

このペースだと10年後の2026年には約11万人、 20年後には16万人、 50年後の2066年には55万人の外国人が受給する。


一方、 在留外国人全体の人数の増加率を見ると、
平成19年末から29年末にかけての10年間で、 約24%増。

何かおかしな現象だ。

バブル期の人手不足で大量に入国した日系南米人が、 不景気で解雇された影響があるとか。

遊んで暮らしてカネが入るなら、 働くなんてバカバカしい。
こっそりバイトで稼いでより裕福になってるかも.....


ここで国籍別での生活保護受給世帯(2010年)を見よう。

pict-DSCN3716.jpg


お分かりのように、 約27,000世帯と在日韓国・朝鮮人が多い。
受給率(=支給率)が、 日本人は2.6%、 在日は14.2%も....

彼らは老齢年金を受給する日本人より多くのカネを貰っている。
年金を貰う日本人は長年働き、 年金を納めてきたのだが....

生活保護受給者の恩典は医療費がタダ、 健保加入は必要なし。
それでいて月12万円ほど受給、 子供がいれば更にプラスされる。

こんな現実を見れば、 日本人として真面目に年金をかけるのが
バカらしくなる。 

加えて健康保険料を支払い、 病気になれば治療費(大概20%
負担)も払わねばならない。

これじゃあ税金使って、 日本人より外国人を優遇してるような....
なんかおかしい。

ジジイはどうも腑に落ちないなあ。


                  * *


A 健康寿命の後にくるもの。

日本はゴールデンウイークの真っ只中。
4月29日(日)から5月6日まで、 8連休という会社が多い。

現在の日本は休日・祭日が多すぎると思う。
もっと若い人を働かせたらどうか。 

とまあ、 隠居したジジイは勝手なことを言う。
で、 この日は毎日が休日の爺さん3人が集まってランチ。

集合場所は東京・新宿、 紀伊国屋書店の前。
お二人はジジイが勤務していた会社の先輩だった方。

46年前、 ジジイが配属された部署で初めて出会う。
その後、 異動で部署が違っても、 また定年後も、 交遊は続く。

pict-P_20180428_105858.jpg
   ☝ 今年75歳(左)と87歳になる先輩。



ちょっと新宿の風景をご覧なってください。
青梅街道、 歌舞伎町に入る交差点です。

pict-P_20180428_134035.jpg



pict-P_20180428_134039.jpg



  ドン・キホーテ新宿店が入るビル。
pict-P_20180428_134242.jpg



我々3人はこのビル地下にある居酒屋 「トラノコ」 へ。

pict-P_20180428_110931.jpg
        ☝ 右端がジジイです。



 いつまでこうして会えるのだろう?
     店内。
pict-P_20180428_111050.jpg
       ☝ 87歳間近のジジイの元上司。


その元上司が言うには、 仲間は既に死んだか、 命はあっても
外出できない状態にあるとか。

                   * *


厚生労働省発表の2016年データによれば、 日本人の平均寿命は男性が約81歳、 女性が約87歳。

戦後70年で30歳以上延びた勘定だ。
そしてこの平均寿命は今後益々延びていく。

2016年生まれで90歳まで生きる確率は、
男性で約26%、 女性では約50%だという。 

ウヒャー、 世の中婆さんばかりになっちゃうよ。


1963年に老人福祉法が制定され、 年齢に関する調査を開始。
その当時の100歳以上の高齢者はたった153人。

それが2017年9月時点で史上最多の約6万8千人に......

このペースでいくと、 2045年の日本人の平均寿命は100歳とか。
そんなに長生きしてどうするのって感じ。


長寿は喜ばしいことかもしれないが、 心配な面もある。
平均寿命と健康寿命には大きな差があるってこと。

我々が日常生活に支障なく元気に暮らせるのが “健康寿命”。
その後の、 日常生活に制限のある人生が ”不健康な期間” 。

厚労省の調査によると、 2013年時点の “健康寿命” は、
男性が約71歳、 女性が約74歳。

平均寿命との差は、 およそ男で10歳、 女で13歳ある。
てことは、 我々は10年以上も不健康な状態で生きなきゃならぬ。


pict-平均寿命と健康寿命の差.jpg


いやはや、 これを考えると憂鬱になる。
酒を飲めず、 女性とデートも H もできない10年なんて......

しかし寿命統計はあくまで平均。
ジジイの元上司は87歳でも1時間かけて新宿にやって来る。

そしてビール大瓶1本、 清酒1合を飲み、 楽しんでお帰りになる。
71歳の ”健康寿命” から15年過ぎても今なお元気。

しかしそんな元上司でも H の方は60代でダメに.......
健康寿命と勃起寿命に大きな差が出ている。

脳もペニスも使わなきゃあ衰えるのは当然。

元上司は引退後、 1度も女に惚れたことがない。

 婦人の胸中には 愛の源泉がある
                       リットン (イギリスの作家)

恋する爺さんは、 恋人の愛の泉が涸れないように自らも愛情を
注ぐ。
(注) 愛情と同時にカネをいっぱい注ぐ爺さんもいるらしい。

だからボケることなく、 たくましいSEXで若々しい。


間もなく73歳になるジジイだが、 元上司を超えて90までは元気でいるつもり。  そしてコロッとあの世に......

勿論、 酒も恋も H も死ぬまで現役。


そう、 チェンマイに暮らしていれば、









 爺さんの情熱は.....ほとばしる。


チェンマイって ホントいいですね!

 (参考資料:ジャーナリスト・安住拓哉氏の記事)






posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:52| Comment(17) | 老い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする