2018年04月25日

独居老人の生活1172(駅弁ほか)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1172(駅弁ほか)


  美しいものを見つける為に私たちは世界中を旅行するが、

  自らも美しいものを携えて行かねば、

  それは見つからないだろう。

                         エマーソン (19世紀・米国の思想家、 作家)


ジジイは現在、東京滞在中。
年に1度の帰国となれば、 無為徒食のジジイにも用事ができる。

その1つが銀行、用向きは次の4件だ。

@ 銀行にて。

(1)「マイナンバー(個人の識別番号)」 を提示しろという。

マイナンバー制度は 「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」 に基づくもの。


ジジイは 「マイナンバーカード」 を持って銀行に出向く。
なぜ必要か、 それはジジイが投資信託をやっているから。

指定用紙に記入し、 カードを添えて窓口に渡して終了。
同じ要請が証券会社からもきている.....面倒なこっちゃ。


(2) 次に銀行口座の解約だ。

ジジイは競輪の電話投票用として、 口座を何年か前に開設したが、 この1年間は利用ゼロ。

すると競輪側から、 「実績がないので登録抹消」 の通知あり。
となると銀行口座を解約し、 残金を取り出さねばならない。

ジジイは電話投票開始にあたり、 2万円を預金。
現在、 どれだけの残高があるのか分からない。

どの印鑑を使用したか、 それも忘却の彼方。
これだろうと推測し、 2個のハンコを窓口に提示....2個ともダメ。

印鑑の紛失届をその場で書いて提出(マイナンバーカード要)。
で、 口座解約、 残金は1800円あった。

pict-DSCN3688.jpg
   ☝ その頃はさくら銀行。 入金用と出金用の通帳あり。



(3) 記念硬貨を普通の硬貨に換える。

昭和天皇崩御の時、 記念硬貨が発行されたと思う。
その硬貨がまだ机の中に眠っていた。

10数年前に友人が切手を売るというので、 一緒に行って硬貨の
1部を売ったことがある。 

記念硬貨では儲からないことを知った。

今回は100円記念硬貨ばかり、 黒ずんだものが混じる。
それでも問題なく通貨に換えてくれた、 8枚で800円。



(4) 友人からの頼まれごと。

チェンマイに住む友人が困っていたようだ。
今年3月で、 これまでタイで引き出せた国際キャッシュカードが使えなくなったのだ。

で、 残金を日本で引き出し、 タイの銀行に振り込んで欲しいというもの。  金額はジジイにとっては大金。

ジジイは友人のカードと暗証番号のメモを持って帰国。
そしてこの日、 ATMにそのキャッシュカードを差し込む。

画面に現れたのは、
       ☟
pict-DSCN3680.jpg
          ☝ 磁気データが読み取れずダメ。


「カードを新しくするには、 ご本人が窓口へ」 と行員は言う。
こういう場合、 磁気を強めることができるそうだが.....

結局残金を引き出せず、 銀行を後にした。


                  * *


A 北朝鮮のホテルに変化。

平壌にそびえるピラミッド形の巨大なビル。
30年前に着工、 しかし資金難で何度も中断し放置されてきた。

  これが柳京ホテル。
pict-DSCN3668平城.jpg


「滅びのホテル」 と呼ばれたこの建物が4月9日、 突然ライトアップされ、 北朝鮮の国旗が映し出された。

昨年8月に開業間近との噂が出たが実現せず。
今回のライトアップ、 ただ照らしただけかな?


pict-DSCN3667平壌のホテル.jpg

以上は 「Newsweek」 誌より。

               
                  * *


B マスコミによるムード作り。

「週刊サンデー毎日」 先週号の表紙。
”あなたはもう終わった人” と書いて退陣をアピール。
              ☟

pict-DSCN3642サンデー毎日.jpg


こんな風にして、 世論を誘導していくんだな....
いい国だ、 日本は。

中国で同じことをやってみろ。
”習近平主席よ!  あなたはもう終わった人”

編集長は牢獄の住人となろうか。


                 * *


C コマネチ!

白い妖精と呼ばれたナディア・コマネチは今56歳。

1976年のモントリオール五輪で3個の金メダル獲得。
この時彼女は、 14歳と8か月の少女だった。

4年後のモスクワ五輪でも2個の金。
まさしく女子体操のスターとして輝いていた。

pict-コマネチ.jpg



1981年に引退。  1989年、 ルーマニアから米国に亡命。
1996年、 34歳で米国のロス五輪金の体操選手(現在60歳)と
結婚。

2006年、 44歳で出産(男児)、 現在オクラホマ州で暮らす。

家族3人幸せそう、 だからかコマネチの美貌は益々映える。


              ☟

                      週刊Flashより。
pict-DSCN3675コマネチ.jpg
           ☝ 右が56歳のコマネチ!


                 * *


D 鉄人。

広島カープの元選手、 衣笠祥雄さん(71歳)が亡くなった。
鉄人なのに年上のジジイより先にあの世に行くとは......

ジジイは鉄人と聞くと、 衣笠よりも次の人物を思い出す。
そう、ジジイにとってこのスポーツマンが鉄人なのだ。

           ☟

pict-ルーテーズ.jpg


ルー・テーズ、 得意技はバックドロップ、 プロレス界のスター。
テーズは2002年に死去、 享年86。

力道山やジャイアント馬場との対戦は、 若かりし頃のジジイをワクワクさせた。

  ”あの世行き  もう目の前だ オレの番”


                * *


E 駅弁。

駅弁大学は大宅壮一の造語。
駅弁を売る駅のある都市には必ず大学があると揶揄した。

しかしこれからお見せする写真は、 ホンマもんの駅弁だ。
駅弁は明治18年、 宇都宮駅での握り飯弁当が始まりという。

ローカル局の女子アナが、 地元の名物駅弁を持ってご案内。
皆さまの郷里が出ましたら拍手喝采で.....                      
                         (週刊ポストより)

  1.比内地鶏の鶏めし:1180円
pict-DSCN3684.jpg


秋田テレビの女子アナは23歳。
秋田駅、 青森駅で販売、




   2.海鮮えぞ賞味:1000円。
pict-DSCN3683.jpg


1983年誕生のロングセラー。
ズワイガニ、 イクラ、 ウニが入ったちらし寿司。

北海道文化放送の女子アナは23歳、 札幌駅で販売。
(注)女子アナは売ってません、 駅弁ですよ。




   3.大井川ふるさと弁当:1080円。
pict-DSCN3682.jpg


桜えびの佃煮、 岩魚の甘露煮などとおむすび。
大井川鉄道 「SL」 に乗って旅情と弁当を満喫。

静岡第一テレビの女子アナは23歳。
新金谷駅、 千頭駅などで販売。




   4.特上厚切り牛たん弁当:1850円。
pict-DSCN3685.jpg


仙台名物のジューシーな牛タンがてんこ盛り。
東日本放送の女子アナは24歳、 販売は仙台駅。




   5.鮎屋三代:1250円。
pict-DSCN3686.jpg


鮎の甘露煮は頭からパクっと食べるという女子アナ(27歳)。
熊本朝日放送勤務、 熊本駅で販売。




   6.夫婦あなごめし:1150円。
pict-DSCN3687.jpg


牡蠣と並び穴子も広島の名物とか。
広島テレビの 女子アナ(23歳)、 販売は広島駅で。


さあ皆さま、 食べたい弁当はどれでしたか?
食らいつきたい女子アナは誰でしたか?


ジジイの駅弁トップは、 海鮮えぞ賞味、 千円って安いと思う。
女子アナは大井川ふるさと弁当の娘、 触るだけでいいです。


                * *


F 宮古島には何がある?

宮古島のレンタカーショップで貸しているもの。
こんなの見ると、 ジジイはホームシックに罹りそう。


                 ☟


pict-宮古島のレンタカーショップ.jpg
      ☝ チェンマイで走っているツクツク。
        乗っているのは引退した島田紳助。



チェンマイでB嬢がジジイの帰りを待っている。

 「キトゥン、 早く会いたいわ!」









な〜んてことがあればなあ  →  明日にでも帰ります。


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:52| Comment(2) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする