2018年04月18日

独居老人の生活1166(ソンクランで交通事故)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1166
                         (ソンクランで交通事故)


    人生は 危険に満ちた冒険か無の二択

                                          ヘレン・ケラー


16日(月)で終わった今年のソンクラン、 チェンマイの街も静かになった。

狂騒水かけを恐れ、 4,5日家に籠城をしていた人もいたろう。
    
   (チェンマイ市内)
pict-1523967105087.jpg



観光客の乱痴気騒ぎも酷いが、 もっと怖いのは子供、 容赦なくぶっかける。(チェンマイ)

pict-1523967163852.jpg



pict-1523967132970.jpg
          ☝ これじゃあバイクでは走れない。




祭りとなれば浮かれるのは人間誰しも。
その結果が交通統計となって現れる。

まずタイ全土、 2013のチェックポイントで捕まった交通違反ドライバーは、 6日間合計で176,415人(29,400人/日)。

1番多いのが約50,000人のヘルメット着用なし。
次いで約46,000人が運転免許証の不携帯。


pict-Songkran road deaths .jpg


                  * *


では、 4月11日〜16日(6日間)の交通事故統計を見てみよう。

・交通事故発生件数:3,418件(前年比1%増)

・死亡者:378人(同8%増)
・病院に搬送された負傷者:3,575人(同2.6%増)

1日あたり約660人の死傷者が出たことになる。


事故死の発生原因は、
・スピード違反:28.5%、   ・飲酒運転:27.3%。

死亡した人の82%がバイクの運転。
てことは1日平均310人のバイク運転者が死んだことになる。

死亡者が1番多かった県はナコンラチャシーマで、 19人。
負傷者が1番多かった県が我がチェンマイで、 136人となった。


交通事故死がゼロだった県が6県ある。
ヤラー、 ラノーン、 ノーンカイ、 サトゥーンなど。


では事故現場を確認、 全てソンクラン期間中に発生。

pict-Songkran death .jpg




pict-Songkran.jpg




pict-Songkran2.jpg




   バスも例外ではない、
pict-Songkran3.jpg


                 * *


飲酒運転の車両を一時的に押収:13,964台(6日間で)
内訳は、 バイクが10,139台、  車が3,825台。

押収車両は警察署、 役所、 軍のキャンプに留め置かれた由。


6日間で法的措置(主に罰金)の対象者は、 計234,645人。
バイク運転:147,971人、 車の運転:86,674人。

1日あたり約4万人が処罰されたことになる。


ではここで、 バイクの死亡事故をビデオで検証(41秒)
            ☟
https://www.youtube.com/watch?time_continue=5&v=lezF5e0Ua80



タイは普段から交通事故が多い国で、 WHO(世界保健機構)統計ではリビアに次いでワースト2位。

ワールド・アトラスの調査では、 タイがワースト1位という結果。
となればソンクラン6日間では断トツ1位になっているはず。


そんな危険な6日間を、 72歳のジジイはバイクに乗っていた。

水浴びを凌ぎながら.......



日頃の行いがいいからだと思う。












無事でよかったです。


チェンマイって ホントいいですね!

  (source:Bangkok Post)





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:34| Comment(4) | 観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする