2018年03月16日

独居老人の生活1138(パタヤ健全娯楽観光-3:白人とタイ人女性)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1137
                        (パタヤ健全娯楽観光-3)


  男女の間では友情は不可能だ。

  情熱と敵意と崇拝と愛はあるが、 友情はない。

                            オスカー・ワイルド (アイルランドの作家)


パタヤ3日目、 11時頃ホテルを出たジジイとBさんは、 ビーチ沿いを散歩する。

ブラブラ暇つぶし、 30分ほどしてこのレストランが目に入り、 たまにはこんな処で食ってみるかと....

  「HOOTERS」
pict-P_20180315_122737.jpg


アメリカ生まれのフーターズ、 そのウリは店舗で働くウェイトレス(フーターズ・ガール)のコスチュームにある。

タンクトップに短パン、 オッパイと太ももを見て食欲増進。


pict-P_20180315_115241.jpg




  フーターズガールです。
pict-P_20180315_115259Hooter Girl.jpg


アメリカ国内の435店に加え、 世界の国々に進出。
「Hard Rock Cafe」 と並んで有名なレストランチェーン。


日本では、 2010年に東京・赤坂見附で1号店がオープン。
2017年末現在、 東京4店舗ほか計7店舗を運営している。

                 * *

パタヤにオープンしたのは2016年とか。
  (地図はココをクリック)

  店内です。
pict-P_20180315_113704.jpg
             ☝ 夜はライブが入る。




  テラス席もある。
pict-P_20180315_113712.jpg




同行のBさんがオーダー。
サーモンサラダ:399B、 水が50B。
pict-P_20180315_114313.jpg





ジジイの注文はチキンサラダ:349B。
ドラフトビールが168バーツ/pint。
pict-P_20180315_114322.jpg


上記料金に加え、 サービス料10%、 Vat7%が付く。
で、 この日の勘定は、 合計1,137バーツ(2人分)。


サービス料10%はキツイが、 それなりにウエイトレスのサービスはある。

時間になるとベルが鳴り、 それを合図に店員さんが踊り始める。
これは万国共通のようで、 パタヤ店でもこのように......

                  ☟

pict-P_20180315_115440.jpg


踊るのは1,2分程度、 ジジイには物足りない。
Go Go Barの女の子が..........イイね!


                 * *


ランチ後、 我々が訪れた所がここ。

「アート・イン・パラダイス、 パタヤ」 
  (場所はココをクリック)

同じモノがチェンマイにもあるが、 トリック絵画は別。
暇つぶしに行ってみた次第。

つべこべ説明は省き、 写真でご覧なってください。
  全てジジイが写ってます。
pict-1521107529270.jpg




pict-P_20180315_131928.jpg




  映画 「ローマの休日」 の1シーンを・・・
pict-P_20180315_131550.jpg




  脚部が見えません。
pict-P_20180315_124306.jpg


入場料(大人)は、外国人400バーツ、 タイ人200バーツ。
(注)タイの運転免許証を見せたらタイ人扱いになるのかな?

とにかくこんなところで外国人を差別するな!


                 * *


夕食はホテルを7時に出発 → 海鮮レストランへ。
  (場所はココをクリック)

このレストランの向かいにはこんなComplexがある(目印)。
                   ☟
pict-P_20180315_203339.jpg




   店内。
pict-P_20180315_201108.jpg
        ☝ 客の白人男性とタイ人女性2人。




我々の注文は、 魚の塩焼き:350B、
海老のアスパラ炒め:180B、  Beer Chang小瓶:70B。

pict-P_20180315_195127.jpg
               ☝ 魚の塩焼き。


上記の価格にサービス料7%がチャージされる。
この日の夕食代は、 2人分合計で739バーツ。

                 * *

ジジイは食べていて、 ふと気づいたことがある。
お客にファラン(白人)とタイ人女性のカップルが多いこと。

以下、 写真でそれを検証してみましょう。


pict-P_20180315_201159.jpg





   ここも・・・
pict-P_20180315_201133.jpg




  こっちも白人とタイ人女性。
pict-P_20180315_201056.jpg





  オッサンが若いタイ人女性を連れている。
pict-P_20180315_192327.jpg





 エアコン席も同じ、 みな爺さんと若い女のカップル。
pict-P_20180315_192337.jpg




おっと失礼、 若い女性ばかりじゃなかった。

                ☟


pict-P_20180315_192320海鮮.jpg
       ☝ 爺さんと若いタイ人男性のカップル。  



どうなってるんだ、 この店は?
この界隈では、 白人がタイ人の女性や男性と結ばれる?


                 * *


ならばと海鮮レストランのすぐ近く、 並びにあるBarに突入。
ライブもやっており、 聴きながら飲むだけでもイイ。

pict-P_20180315_210504ライブ.jpg




  ライブバンド、 演奏は懐メロポップスが多い。
pict-P_20180315_210526.jpg




  タイ人の女の子を連れて来る客。
pict-P_20180315_211049.jpg





1時間近くライブを楽しみ、 Barを後にする。
店の前の道路は一方通行、 で、ビーチ側道路まで歩く。

pict-P_20180315_203059.jpg





この通りにもBarがたくさん、 一夜の男女が巡り合う。

pict-P_20180315_203125.jpg
     ☝ それにしてもこの界隈はファランばかりで....


                  * *


怪しげな男女の雰囲気に刺激を受けて......
超真面目人間・Bさんとホテルで別れ、 ジジイ1人がWalking Streetへ。

で、 探し当てたのがこの Go Go Bar。
 「The Windmill Club」

pict-P_20180315_224257.jpg
          ☝ ドラフトビールが80B/杯。


チェンマイを引退し、 日本に戻られた元パタヤ視察団・団長(77歳)が推奨する店。

「海鮮ばかり食ってないで、 ここが美味しいよ!」

こんなLineが日本から届いたのだ。

なるほど行ってみて分かった。 
元団長好み、 真っ裸でショー的なこともやる。


残念、 ジジイの好みの女は皆無......
数が多きゃあイイッてもんじゃない。

夜遅くなり疲れも....ここ1軒だけの探訪でホテルに戻る。


今日もパタヤ健全娯楽観光の ”真髄” をレポート。









 アホみたい.....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:46| Comment(9) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする