2018年03月02日

独居老人の生活1126(風と共に去りぬ)


  本ブログは下品で低劣な内容です。 
  紳士・淑女、及び18歳未満の方は、お読みにならないでください。


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1126(風と共に去りぬ)


    日陰におれども色黒で
    年は若くてもしわ多し

    金はあれども通じない
    玉といえども光なし

    縫い目あれどもほころびず
    ぶらぶらすれども落ちもせず

    お供すれども御門まで
    あなかしこ  あなかしこ
                                          読み人知らず

            * *

有名な格言:

”ローマは一日にして成らず”


フランスの女優ブリジッド・バルドー。

  pict-ブリジット・バルドーさん(83)3.jpg




過ぎ去りし日々.....ブリジッド・バルドー。

               ☟

pict-pict-ブリジット・バルドーさん(83).jpg


                * *


大ヒットした映画。  オードリーヘップバーン。

pict-オードリーヘップバーン.jpg





輝いていたオードリーヘップバーンも.....

pict-pict-オードリーヘップバーン4.jpg


              * *


広沢虎三の浪曲、 「森の石松伝」。

「墓は死ななきゃ入れない」



横綱・白鵬に捧げたいことわざ。

「井の中の蛙 千代大海を知らず」


元大関・千代大海は、 現在九重部屋の14代九重親方。

               * *

転覆トリオの寸劇が面白かった。

荒木またずれ、 宮本むさくるし、 佐々木こじき、

      転覆トリオ.png

              * *


昔は 「赤線地帯」 という売春街があった。

芸妓の社会を花柳界という。
彼女たちのいる所が 「三味線地帯」。


東京・築地界隈は 「赤ペン地帯」。

   朝日新聞東京本社.jpg
     ☝ 朝日新聞東京本社。


築地には朝日新聞があって、 日夜アカに染まったペンで捏造記事を書いている。

                * *


バッハが作曲した所を 「G線地帯」、 別称 「G線上のアリア」 と
呼んでいる。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=thQWqRDZj7E

             * *


「従兄弟が入院したの、 お金頂戴」 と若いタイ人女。

「従兄弟まで面倒見切れないよ」 と拒否する爺さん。

これが原因でどなり合いの喧嘩に発展。
以後、 2人の関係にさざ波が生じる。

これがチェンマイで聴く 「ドナリ合いのさざ波」。


「ドナウ川のさざ波」 は、 ルーマニアの作曲家・指揮者の
イヴァノヴィッチ作曲のワルツ。
                ☟
https://www.youtube.com/watch?v=ermFrBxaMbo


              * *


フジテレビの女子アナが 「FNNニュース」 で伝える。
神妙な顔つきで、

「続いては ”けいほう” です。
 大相撲元小結でタレントの龍虎さんが29日に亡くなりました」
 
訃報(ふほう)を ”けいほう” と読み間違えたのだ。


同局の公式サイトでは、 この女子アナの特技・資格の欄に
「漢字検定2級、 日本語検定3級」 と書かれている。

これって捏造じゃないの?

              * *


麻生太郎元首相の言い間違いはそんなもんじゃない。

「村山談話を踏襲(ふしゅう)し....」 (正解:とうしゅう)


頻繁を 「はんざつ」 (正解:ひんぱん)
ちなみに 「はんざつ」 = 煩雑。


他にも麻生言葉はいっぱい。

「ゆうむ」       有無(うむ)

「みぞうゆう」     未曾有(みぞう)

「はじょう」       破綻(はたん)

「ていまい」       低迷(ていめい)

「しゅうび」       焦眉(しょうび)

「しょち」       措置 (そち)

「まえば」       前場 (ぜんば)

「しわく」        思惑(おもわく)

「さんが」            参画 (さんかく)

「ぎそううけあい」        偽装請負 (・・うけおい)

「ものみゆうざん」         物見遊山(・・ゆさん)

「じゅんぷうまんぽ」       順風満帆(・・まんぱん)


麻生太郎元首相は学習院大学卒。
ジジイは勘繰った。

秋篠宮殿下のお嬢さま2人は学習院大学に進学せず、 他の大学を選んだ。 これって麻生さんが影響したんじゃない?

              * *


テレビ番組でみのもんたが言った。

 「韓国の歌を唄います。 お手拍子を!
  あ、 コーリヤ、 あ、コーリア」


 「白い船、 青い海原、 お手拍子を!
  あらヨット、 あらヨット」


伊奈かっぺいが言う。

 「肝臓は物言わぬ病気。 しかし大腸だけは物をいう。
   大腸語る(カタル)といってね」 


これは噺家のシャレ。

 「ご飯と言ったら龍角散」

               * *


店名などにアレッと感心する名前を見かける。

川越市にある焼き肉店........「和牛十兵衛」

    pict-焼き肉店「和牛十兵衛」.jpg




新宿・歌舞伎町にある焼鳥屋...........「手羽一郎」
 (仙台にもあります)
 pict-焼鳥屋...........「手羽一郎」.jpg
    ☝ 歌手・鳥羽一郎の経営ではありません。



日暮里にあるサウナ...........「サンセット」


宜野湾市にあるラブホテル........「かくれんぼクラブ」

これも沖縄のラブホテル.........「きばらし」


風俗店...........「エロ幕府」


風俗店...........「風の下でナニシタ」


新宿6丁目にあるラーメン店.........「志村軒」
             ☟
pict-志村軒2.jpg




東所沢にあるラーメン店.............「チャーシュー

    pict-ラーメン店チャーシュー力2.jpg
     ☝ プロレスラー・長州力は関係なし。




実際に存在する..............「穴見産婦人科医院」


親子でやってる..............「岡歯科内科医院」
 (本当に、 おかしかないか?)


尿瓶の品名.........「コ・ボレーヌ」


目薬の品名.........「メナオール」


胃薬の品名.........「イナオール」


コインランドリー..........「洗ってもいいとも」


居酒屋...................「笑笑」

葬儀では.................「涙涙互助会」


藤圭子は.................「圭子の夢は夜ひらく」

   pict-藤圭子夜はまたひらく.jpg



チェンマイの恋人は...........「P子の股は夜ひらく」



尾崎 紀世彦のヒット曲........「また逢う日まで」

80歳の爺さんが唄う...........「また起つ日まで」

爺さんはバイアをのんで ”クスリ” と笑う.....起った!

               * *

タイのテレビCM。

pict-pict-DSCN1767Sidegra.jpg
                ☝ 
     シデグラはバイアグラのジェネリック品。
     Diはタイ語で、 ”よい” という意味。




コンドームのCM..............「射精一発 子の用心!」

               * *

倉敷にある骨董店............「珍宝の館」

pict-倉敷市に 珍宝の館.jpg




松江市では有名..............「珍宝神社」

pict-珍宝神社5.jpg




   神社のお宝か。
珍宝神社の石.jpg
       ☝ 
 賽銭をいれて祈願すると80歳でも勃起する??




  こんなのまで転がっている。
pict-pict-珍宝神社3.jpg



 
  こんなことが書かれている。
pict-珍宝(ちんぽう)神社5.jpg
     

                 * *


群馬県にある...............「珍宝館」

pict-珍宝館.jpg


                * *

 
貴方の松茸 待ってます!

ソープランド..............「蛤御門」 (ハマグリ御門)



入れて満足、 ああ幸せ!

ソープランド..............「御満幸」 (オマンコー)


なんか下品だな。

              * *


 ハリウッド映画 「風と共に去りぬ」。
pict-風と共に去りぬ 映画.jpg



この映画のチェンマイ版: (あらすじ)

日本に帰っていた爺さんが2ヵ月ぶりでチェンマイに戻って来た。

35歳年下の可愛い恋人が待っている。
2人の愛の住処(すみか)に到着、 すぐ彼女抱きしめたい。

股間はウズウズ、 興奮の頂点、 ドアをノック。

あれ、 別のタイ人が出てきた。


この家と土地は売りに出され、 自分が買ったと言う。
爺さんが恋人に買ってやった車も見当たらない。

更に驚いたことに、 彼女と共同名義の銀行預金残高がゼロ。
500万バーツのお金が消えている。












  「金と共に去りぬ」            気を付けましょう!


チェンマイって ホントいいですね!

  <後記>
本日のブログは、 一部立川談四楼の著書を参考にしました。



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 12:53| Comment(9) | バラエティー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする