2018年03月16日

独居老人の生活1138(パタヤ健全娯楽観光-3:白人とタイ人女性)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1137
                        (パタヤ健全娯楽観光-3)


  男女の間では友情は不可能だ。

  情熱と敵意と崇拝と愛はあるが、 友情はない。

                            オスカー・ワイルド (アイルランドの作家)


パタヤ3日目、 11時頃ホテルを出たジジイとBさんは、 ビーチ沿いを散歩する。

ブラブラ暇つぶし、 30分ほどしてこのレストランが目に入り、 たまにはこんな処で食ってみるかと....

  「HOOTERS」
pict-P_20180315_122737.jpg


アメリカ生まれのフーターズ、 そのウリは店舗で働くウェイトレス(フーターズ・ガール)のコスチュームにある。

タンクトップに短パン、 オッパイと太ももを見て食欲増進。


pict-P_20180315_115241.jpg




  フーターズガールです。
pict-P_20180315_115259Hooter Girl.jpg


アメリカ国内の435店に加え、 世界の国々に進出。
「Hard Rock Cafe」 と並んで有名なレストランチェーン。


日本では、 2010年に東京・赤坂見附で1号店がオープン。
2017年末現在、 東京4店舗ほか計7店舗を運営している。

                 * *

パタヤにオープンしたのは2016年とか。
  (地図はココをクリック)

  店内です。
pict-P_20180315_113704.jpg
             ☝ 夜はライブが入る。




  テラス席もある。
pict-P_20180315_113712.jpg




同行のBさんがオーダー。
サーモンサラダ:399B、 水が50B。
pict-P_20180315_114313.jpg





ジジイの注文はチキンサラダ:349B。
ドラフトビールが168バーツ/pint。
pict-P_20180315_114322.jpg


上記料金に加え、 サービス料10%、 Vat7%が付く。
で、 この日の勘定は、 合計1,137バーツ(2人分)。


サービス料10%はキツイが、 それなりにウエイトレスのサービスはある。

時間になるとベルが鳴り、 それを合図に店員さんが踊り始める。
これは万国共通のようで、 パタヤ店でもこのように......

                  ☟

pict-P_20180315_115440.jpg


踊るのは1,2分程度、 ジジイには物足りない。
Go Go Barの女の子が..........イイね!


                 * *


ランチ後、 我々が訪れた所がここ。

「アート・イン・パラダイス、 パタヤ」 
  (場所はココをクリック)

同じモノがチェンマイにもあるが、 トリック絵画は別。
暇つぶしに行ってみた次第。

つべこべ説明は省き、 写真でご覧なってください。
  全てジジイが写ってます。
pict-1521107529270.jpg




pict-P_20180315_131928.jpg




  映画 「ローマの休日」 の1シーンを・・・
pict-P_20180315_131550.jpg




  脚部が見えません。
pict-P_20180315_124306.jpg


入場料(大人)は、外国人400バーツ、 タイ人200バーツ。
(注)タイの運転免許証を見せたらタイ人扱いになるのかな?

とにかくこんなところで外国人を差別するな!


                 * *


夕食はホテルを7時に出発 → 海鮮レストランへ。
  (場所はココをクリック)

このレストランの向かいにはこんなComplexがある(目印)。
                   ☟
pict-P_20180315_203339.jpg




   店内。
pict-P_20180315_201108.jpg
        ☝ 客の白人男性とタイ人女性2人。




我々の注文は、 魚の塩焼き:350B、
海老のアスパラ炒め:180B、  Beer Chang小瓶:70B。

pict-P_20180315_195127.jpg
               ☝ 魚の塩焼き。


上記の価格にサービス料7%がチャージされる。
この日の夕食代は、 2人分合計で739バーツ。

                 * *

ジジイは食べていて、 ふと気づいたことがある。
お客にファラン(白人)とタイ人女性のカップルが多いこと。

以下、 写真でそれを検証してみましょう。


pict-P_20180315_201159.jpg





   ここも・・・
pict-P_20180315_201133.jpg




  こっちも白人とタイ人女性。
pict-P_20180315_201056.jpg





  オッサンが若いタイ人女性を連れている。
pict-P_20180315_192327.jpg





 エアコン席も同じ、 みな爺さんと若い女のカップル。
pict-P_20180315_192337.jpg




おっと失礼、 若い女性ばかりじゃなかった。

                ☟


pict-P_20180315_192320海鮮.jpg
       ☝ 爺さんと若いタイ人男性のカップル。  



どうなってるんだ、 この店は?
この界隈では、 白人がタイ人の女性や男性と結ばれる?


                 * *


ならばと海鮮レストランのすぐ近く、 並びにあるBarに突入。
ライブもやっており、 聴きながら飲むだけでもイイ。

pict-P_20180315_210504ライブ.jpg




  ライブバンド、 演奏は懐メロポップスが多い。
pict-P_20180315_210526.jpg




  タイ人の女の子を連れて来る客。
pict-P_20180315_211049.jpg





1時間近くライブを楽しみ、 Barを後にする。
店の前の道路は一方通行、 で、ビーチ側道路まで歩く。

pict-P_20180315_203059.jpg





この通りにもBarがたくさん、 一夜の男女が巡り合う。

pict-P_20180315_203125.jpg
     ☝ それにしてもこの界隈はファランばかりで....


                  * *


怪しげな男女の雰囲気に刺激を受けて......
超真面目人間・Bさんとホテルで別れ、 ジジイ1人がWalking Streetへ。

で、 探し当てたのがこの Go Go Bar。
 「The Windmill Club」

pict-P_20180315_224257.jpg
          ☝ ドラフトビールが80B/杯。


チェンマイを引退し、 日本に戻られた元パタヤ視察団・団長(77歳)が推奨する店。

「海鮮ばかり食ってないで、 ここが美味しいよ!」

こんなLineが日本から届いたのだ。

なるほど行ってみて分かった。 
元団長好み、 真っ裸でショー的なこともやる。


残念、 ジジイの好みの女は皆無......
数が多きゃあイイッてもんじゃない。

夜遅くなり疲れも....ここ1軒だけの探訪でホテルに戻る。


今日もパタヤ健全娯楽観光の ”真髄” をレポート。









 アホみたい.....


チェンマイって ホントいいですね!





posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:46| Comment(9) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

独居老人の生活1137(パタヤ健全娯楽観光-2:水と戯れる)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1137
                       (パタヤ健全娯楽観光-2)


    東海の  小島の磯の白砂に

    われ泣きぬれて  蟹とたはむる

                                             石川啄木 「一握の砂」 より


昨日(3月14日)、 ホテルを出発したのが午前10時15分。
この日はラーン島観光ということで、 桟橋に向かう。

桟橋に入ったところでジジイの記念写真。
パタヤの文字を背景に.....

pict-1521064544223.jpg
       ☝ 醜い顔は隠します。




約50分でラーン島到着。
同行のBさんと共に目指すは馴染みのSeafood Restaurant。

ビーチに面するこのお店、 店主兼シェフが出迎えてくれた。

pict-P_20180314_150754.jpg




Bさんにとってこの店は初めて。
ジジイがこの貝が旨いよ..などと説明する。

 でジジイが注文、 貝の名称不明:250B。
 Beer Chang大瓶:120バーツ。
pict-P_20180314_115712.jpg




  Bさんとシェアすればと・・もう1つ、 250B。
pict-P_20180314_121248.jpg
                  ☝ 
    貝類を食べないBさんは一口だけ味見して終わり。
    結局ジジイがほとんどの貝類を食うことに.....




  で、 Bさんが注文したのがこの魚:500B。pict-P_20180314_120759.jpg




 野菜補給でソムタムとイカの炒飯(120B)。 
pict-P_20180314_120403.jpg




ここの店は桟橋から1番遠い位置にあり、 且つ値段が高めとあって込み合うことがない。

それでも白人、 韓国人、 中国人の客などで千客万来。
ところがこの日は違った。


pict-P_20180314_124240.jpg
           ☝ 店の前はインド人ばかり。




  となると店内もインド人でいっぱい。
pict-P_20180314_123755.jpg
                  ☝ 
  店内は、 ジジイたちを除き全てインド人という状況。
  彼らはこの店のロッジに泊まっているようだ。


                 * *


店の前のビーチでは、 海と戯れる中国人が色んなポーズ。
水着姿だが泳ぐわけじゃない。

pict-P_20180314_133434.jpg





 このオバさんも水際だけ、 海の中には入らずじまい。
pict-P_20180314_133424.jpg
         ☝ 浮かれて踊ってんのかい?




こっちも足首まで......

”西海の 小島の磯の白砂に  われ歓びて 水とたはむる”
                 ☟
pict-P_20180314_132340.jpg




やっと見つけた、 海水に入っている人を....
自撮りに夢中?  温泉気分か。

              ☟

  せめて肩まで水に浸かって欲しいな。
pict-P_20180314_133107.jpg
     ☝ オシッコしてんじゃないかと思う。


                * *


ラーン島桟橋を午後4時に出る → パタヤに着いて驚いた。

どっと船から降りる乗客 VS これから乗船する人々。
もう夕方の5時、 こんな時刻から島に行って何するんだろう?

  中国人の団体さんが押し寄せる。
pict-P_20180314_164847.jpg




  ジジイたち、前に進むにも大渋滞で・・・
pict-P_20180314_164900.jpg


                 * *


ホテルに着いてジジイは夕寝1時間、 疲れをとる。
そして夜8時ホテルを出発。 晩飯は何にしようか。

向かった先はセントラル・パタヤ。
この地下1階のフードパークで夕飯だ。

pict-P_20180314_204759.jpg




  Bさんはポークスパゲティー:70バーツ。
pict-P_20180314_204322.jpg




  ジジイは鉄板焼きで・・・
pict-P_20180314_204737.jpg




  ポーク鉄板焼きセット:135バーツ、
  ビール大瓶(シンハー):90バーツ。
pict-P_20180314_205445.jpg


               * *


腹ごしらえした後は、 セントラル近くのライブハウスへ....
歩いていたら、 たまたま音楽が聴こえて飛び込んだ。

  初めて来た店。
pict-DSCN3537.jpg




  演奏曲は懐メロポップスが多い。
pict-P_20180314_214145.jpg
                 ☝ 
   客は白人がほとんど、 その連れのタイ人女性がちらほら。




 Beer Chang小瓶:120B、 だが追加の1本は無料。
pict-DSCN3540.jpg
      ☝ ジジイは勿論追加、 120Bで2本飲んだ。


                * *


ホテルに戻ってさあ寝ようとベッドに入った時である。
0時を過ぎている時刻にドアをノックする音。

Bさんかと思ってドアを開けると白人の爺さんが立っている。
上半身が裸でバスタオルを肩にかけて.....

下はトランクス1枚、 何やらブツブツ言う。
気持ち悪いのですぐさまドアを閉めて30秒ほど経過。

隣のBさんの部屋に向かうのでは..と心配になり、 ジジイはそっとドアを開いて覗いた。

するとその気配でまたその爺さんがジジイの部屋にやって来る。
で、 またブツブツ1人で喋りまくる。

「何かあるなら1階のレシェプションに行ってくれ」

何だよこの爺さん、 ホモかよ!


ドアをバタン....パタヤで寂しくジジイが1人、 眠りについたので
あります。



ということで、 パタヤ健全娯楽観光2日目が終了。


それじゃあ読んでても面白くないって?

そう、 本ブログらしからぬ愚行。









 健全って....退屈なもんですわ。


チェンマイって ホントいいですね!

  



posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 11:13| Comment(0) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

独居老人の生活1136(パタヤ健全娯楽観光)


チェンマイ独居老人の華麗なる生活1136
                         (パタヤ健全娯楽観光-1)


  私たちはこの世の楽園に向かって旅をしている。

  この世の楽園とはこんなものだろうと君が思うもの 

  それがこの世の楽園だ。

                               ジェフリー・フォード (米国の作家)


昨日(3月13日)午前8時10分、 ジジイを乗せた飛行機はチェンマイ空港を離陸した。

向かった先はウタパオ空港、 つまりパタヤである。
ということで、 しばらくの間パタヤからのレポートです。

                 * *

搭乗したAirlineは 「Air Asia」。
チェンマイ〜ウタパオの航空券は3,000バーツ(往復)。

チェンマイ空港でのチェックインの際、 いつも長い列でうんざり。
で、 今回はスマホを使用、 前日に事前手続きを済ませる。

    pict-1520899251746.jpg
       ☝ ジジイのスマホに着信したもの。



で、 出発当日、 空港到着後にこのマシーンでチェックイン。
マシーンから搭乗券を取り出す。

上の写真を機械の1部に当てる....これは係員がやってくれた。

pict-P_20180313_065606.jpg
     ☝ 10秒程度で完了、 便利になったもんだ。




  下がマシーンから出てきた搭乗券。
pict-P_20180313_065955搭乗券.jpg


                * *


朝9時20分、 予定通りウタパオ空港に到着。
空港 → パタヤは9人乗りミニバスで約1時間(250B/人)。

今回は15分ほど待ったら満席に → 出発、 スムースに移動。

予約したホテルには11時前にチェックイン、 すぐ部屋へ....
日本のようにチェックインは午後から...これがないので助かる。

ちなみに部屋代は810バーツ/泊(税、 サービス料含む)。
勿論エアコン、 冷蔵庫、 TV(日本の番組OK)など一通りあり。

                * *


早めのランチを終え、 向かった先はパークタワー。
pict-パークタワー3.jpg
  ☝ 全景を取り忘れて....この写真を拝借。




料金は、 アトラクションとドリンク付きで400B/人。
1階のチケット売り場で買う。

次に55階へ...ここが展望室、 1周してパタヤの街を見渡す。
ここでホットコーヒを飲むが、 ぬるくて不味いので殆ど残した。

pict-P_20180313_123259.jpg




眺望を楽しんだ後は、 いよいよアトラクションにトライ。
56階に上がり、 先ずジャンプの順番取りをする。

pict-P_20180313_130035.jpg


番号札を貰った時、 サインを求められる。
おそらく ”あなたの自己責任で...”、 これ了解ということか。


アトラクションには2人乗り、 ゴンドラもあるが、 人気は1人がケーブルで滑り落ちるジャンプだろう。

pict-P_20180313_123126.jpg
       ☝ これはゴンドラ、 6人乗りだったかな?




  ケーブルでのジャンプ、 スタンバイ。
pict-P_20180313_130047.jpg




  さあ、 空中に飛び出すぞ!
pict-P_20180313_130457.jpg




  こんな感じで・・・
pict-P_20180313_124835.jpg




pict-P_20180313_124031.jpg




ジジイもこれに挑戦、 特に恐怖感なし.....
アッと言う間に終了。
pict-DSCN3519進.jpg
    ☝ ジジイです、 着陸手前のショット。
      写真代は150バーツ/枚。


尚、交通手段はタクシー。 
ソンテウでも行けるがタクシー代と同レベル料金を請求されよう。

ジジイの場合、 行きは150B、 帰りは200Bを支払った。

               * *


ホテルに戻って昼寝2時間、 睡眠不足を補う。
元気になったところで夕食へ......

レストランは過去何度か来た 「Beer Garden」。
 (場所はココをクリック)

8時過ぎに到着、 満席で10分ほど待たされた。
こちらのBarなら空いているが、 やはり海が見える席がいい。

pict-DSCN3524.jpg




  ジジイが注文、 Bangers:195B。
pict-DSCN3525.jpg
       ☝ ポークソーセージ+ポテト+豆。




今回は2人旅。 同行のBさんは、 Tom Yom Goung:160B。
下戸のBさん、 ライス(40B)と水(30B)を注文。

さらにシェアして野菜炒め:130B。
ビールは110B/Pint。 (1 Pint=568cc)

pict-DSCN3526.jpg




Bさんはパタヤが初めて。
ならば夜の観光スポットWalking Streetは見逃せない。

  ハイ、 お馴染みWalking Street。
pict-DSCN3527.jpg




通り沿いのカフェで通行人を見物する観光客。

pict-DSCN3528.jpg





やはりこの方々の集団がいくつもぞろりぞろり。

pict-DSCN3529.jpg
            ☝ 中国人の団体さん。




ジジイのパタヤ滞在は、 昨年9月に来て以来のこと。
その時はなかったこの店がニューオープン。
pict-DSCN3532.jpg
          ☝ 店名 「Sake Bar 酒酒 」。




場所は 「Happy a Go Go」 への入(はい)り口にある。

pict-DSCN3533.jpg




   ならば HappyにGo Go!
pict-DSCN3534.jpg
          ☝ 「Happy a Go Go」


雰囲気だけでも味わってください。 (32秒)
              ☟
https://www.youtube.com/watch?v=CY16w5ni1Nw



と言っても女の子を見るだけ(本当です)。

Bさんはこれまでの同行者と異なり超真面目人間、 連れ出しなど
もっての外。


ということで.....









 パタヤ健全娯楽観光の始まりです。


チェンマイって ホントいいですね!




posted by チェンマイ華麗なる独居老人 at 10:44| Comment(5) | 旅の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする